顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

「顎ニキビがひどい」と悩んだことはありませんか?「痛いし、繰り返すし、跡もできた」とニキビの中でも長く悩まされてしまうのが顎ニキビでしょう。メイクで隠せないほどひどいとなると、精神的にもつらいものです。こんな厄介な顎ニキビには治す方法があるのでしょうか?気になる顎ニキビの原因や原因に基づいたケアや皮膚科の治療法を紹介します。

「顎ニキビがひどい」どうやって治す?

「顎ニキビがひどい」と悩んだことが一度くらいはあるのではないでしょうか?「痛い」「なかなか治らない」「跡も気になる」「またできた」と顎ニキビはかなり厄介なニキビです。しかも人目にふれる部位なので、ひどいと「人に会いたくない」と精神的にもまいってしまうニキビです。

悪循環が続く顎ニキビで「一生治らないかも」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。そんな手ごわい顎ニキビはなぜできるのでしょうか?原因がわかれば治す方法も見えてきます。ということで顎ニキビの原因、そして原因に基づいての自分のケアや皮膚科の治療法を紹介していきます。

顎ニキビはどうしてできる?怖い3ステップ

1.角質・皮脂分泌の増加で「皮脂が毛穴につまる」

正常な状態であれば、毛穴から皮脂腺から分泌される皮脂は出てくようになっています。しかし色々な理由で角質が増殖したり、皮脂分泌が増えてしまうと皮脂を毛穴の外に出すことができなくなります。つまり毛穴がつまった状態になってしまうということです。つまったまま放置すると、つまった皮脂が酸化し黒くなります。
顎(あご)にできやすい大人にきび

2.炎症発生「アクネ菌の繁殖」

毛穴がつまったままになると、アクネ菌という常在菌が繁殖します。アクネ菌はニキビの原因菌とも言われ、皮脂を栄養にどんどん増えていきます。すると炎症が起こってきて痛みのあるニキビになってきます。

3.炎症悪化と色素沈着「活性酸素の生成」

増殖したアクネ菌は、「ポルフィリン」という物質を出すようになります。このポルフィリンは、紫外線があたることで活性酸素が生成します。活性酸素は炎症を悪化させることに加えて、メラニン色素の生成を促します。いわゆる色素沈着を起こすということなので、炎症が治まっても「ニキビ跡」として残りやすくなります。

顎ニキビの種類って?ニキビ2種類

男性ホルモンの影響「思春期ニキビ」

男性ホルモンが活発になると、角質が厚くなり皮脂分泌が増えます。顎という部位は男性がひげの生える場所なので、男性ホルモンの影響が大きくでてくる部位です。10代の思春期というのはホルモンバランスに変動がでる時期なので、顎にもニキビができやすくなります。

特に思春期の男性は強い炎症を起こすことでニキビ跡がはっきり残ってしまうことがあるので、思春期を過ぎれば自然に引いてくるといえども早めの治療がおすすめされます。

女性に多い「大人ニキビ」

20代以降にでてくるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれています。ホルモンバランスに変動がでやすいので、成人になっても顎にニキビができやすくなります。思春期と違うのは、男性ホルモンの影響ではないことです。大人ニキビは、男性ホルモンに似た黄体ホルモンの分泌の影響になります。このホルモンは月経前などに増えてくるホルモンです。

男性ホルモンと似ているため、このホルモンの影響で皮脂分泌が活発になります。また本来女性は顎の毛穴があまり発達しておらず、肌のターンオーバー(代謝や生まれ変わり)が遅いです。そんな顎の毛穴で皮脂が増えていくので、毛穴が詰まりやすくなります。そのため大人ニキビと言えば「顎ニキビ」という印象もあるようです。

進行していってしまう場合も多く、一度できてしまうと同じ所に何度もできるようになります。ターンオーバーが遅いので、ニキビ跡も残りやすくなってしまうのです。
顎(あご)にできやすい大人にきび/大人にきびの原因と症状

顎ニキビがひどい6つの原因は?

血液循環の悪化「ストレス」

ストレスを感じると、緊張した状態になるでしょう。その緊張が血の流れを悪くします。血の流れが悪くなると血液循環をよくするために、ストレスに抗う強い男性ホルモンの分泌が多くなります。よって男性ホルモンが角質・皮脂分泌を増やし、毛穴から皮脂を出せなくなって毛穴がつまっていきます。結果、顎などにニキビができやすくなります。