シミ取りレーザーで美肌を手に入れよう!かかる費用や体験談など気になることを徹底調査!

シミ取りに行きたいけど、レーザーの安全性や基礎知識がわからないからためらっている方はいませんか?そういった方のために、正しいレーザー治療についてまとめてみました。治療で気をつけないといけないポイントや費用について、またどんなシミがレーザーによって取れるのかなどの疑問を徹底解剖していきます。シミ取りを考えている方は参考にしてみて下さい。

シミ取りレーザーについて知りたい

シミ取りに使用されているレーザー治療。最近ではどんどん進化していて、最新の技術を使用している病院も多いといいます。また、日本人は欧米人に比べ、シミの原因であるメラニンの量が多いといわれているので、シミになりやすい体質であるといえるのかもしれません。

特にシミの原因ではるメラニンは年々量が増えるため、若いころと比べると発症する確率は必ず高くなるのです。スキンケアや食生活をしっかり管理していたとしても、やはり代謝が落ちてくるとシミは出来てきます。そのためにも、すぐにシミ取りが出来るレーザー治療は通う方が多いのが現状です。

ただ、しっかりした知識がないと、本当に身体に害がないのかや費用はどれくらいかかるのかわからない部分が多いのが実際の声でしょう。そういった方のために、シミ取りをする際にレーザー治療を使うこと情報をまとめてみましたので、疑問になることがあれば、解決していきましょう。

シミについて

シミとは

シミとは、ニキビ跡など炎症によって引き起こされたり、紫外線によるダメージの蓄積や加齢など、後天的なものが主な原因となるとされています。また、老化現象に伴って発症するともいわれているので、年齢と共に増えていくのが特徴的です。

メラニンの増加によって、肌の色素が沈着して、黒くなっていくことでシミとなるので、メラニンを抑えることがシミになりにくい身体を作るともいわれています。そのため、メラニンの増加を防ぐ食材や睡眠をよく摂るなどの解決法を実践している方もいます。

シミの種類とその原因

シミの種類も複数存在していて、まず一つが老人性色素斑と呼ばれているものです。これは老化によって起きる現象で、日光などの紫外線の影響で肌に含まれているメラニンが増加することによって引き起こされます。自然と治すのが難しいので、レーザー治療でシミ取りを行う方も多いといいます。

そして、他にも肝斑やそばかす、遅発性両側性太田母斑に脂漏性角化症とシミの種類は数多くあります。主にホルモンのバランスの崩れや一番多い原因としては、紫外線の影響によるものからシミになることが多いといいます。日頃のスキンケアがシミにならない予防として有効なので、しっかり行っていきましょう。

また多くのシミは、肌のターンオーバーがキレイに行えず、メラニンが増えてしまったことにより、引き起こされる現象なので、普通のスキンケアでシミ取りを行おうと考えると難しいものがあるといわれています。そのため、シミ取りにはレーザー治療が行われることが増えてきたという現状なのです。

シミ取りレーザーについて

レーザーでとれるシミとは

シミ取りで行えるレーザー治療では、取れるシミは限られているといいます。まず取れるシミの代表的なものは、老人性色素斑です。そもそもレーザー治療では、黒い色素に反応してレーザーで破壊し新しい肌を生まれ変わらせるものなので、老人性色素斑で出来たシミは解消できるということだそうです。

その反面、肝斑のようにホルモンのバランスにより発生するものに関しては、レーザー治療を行うと逆にシミが濃くなるといわれているので、注意が必要です。素人目には違いが分かりにくいので、専門家の判断に従ってレーザー治療を行うようにしましょう。

レーザーの種類

実はシミ取りに使われているレーザーの種類はかなり豊富で、常に新しい技術が医療の現場で使用されているといいます。例えば、特定の色素に反応するQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーなどシミの種類によって使い分けがなされているのも面白いところです。

このようにレーザーには多岐に渡るものがあり、治療以外でもたくさんのレーザーが存在しているので、これからも新しい技術が常に開発されていることでしょう。いつかシミが発生しないような技術も出来るのかもしれないと考えると楽しみになりますね。

レーザー治療に向かない時期

レーザー治療は、肌の黒い色素を破壊して新しい肌を生まれ変わらせるというもののため、夏のような紫外線の強い時期には向かないとされています。新しくシミのない肌が生まれたとしても、紫外線の影響でまたシミが出来てしまえば意味がないですからね。

また、特に新しい肌はとても敏感に出来ているので、注意しなければすぐにシミが出来てしまう可能性もあるので、気をつけなければいけません。しかも、夏のタイミングでは、レーザー治療を取り扱っている皮膚科や美容外科も、レーザーでのシミ取りを推奨していないところもあると聞きます。

レーザー治療について知りたいこと