ワセリンはニキビに効果あるの?跡に塗っても大丈夫?パックなど4つの使い方や5つの塗り方を紹介します

ワセリンがニキビに効果があるとか、逆に悪化するとか色々言われていますよね。それは、ワセリンの使用方法や使用量、ニキビの種類が影響しているんです。今回は、ワセリンとニキビの関係について詳しく説明していきたいと思います。

ニキビにワセリンは効果ある?

ワセリンがニキビに効果があると言われていますが、それはニキビの状態とワセリンの使用方法を守った場合です。間違った使い方をすると逆にニキビが炎症してしまったり、悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
今回は、使い方を覚えてしまえばとっても使える、優秀なワセリンとニキビの関係についてご紹介します。

ニキビの種類もいろいろある

思春期ニキビ

思春期ニキビというのは、名前のとおり10代の思春期の時期に発生するニキビのことをいいます。成長ホルモンが盛んな時期なので、皮脂が過剰に分泌されます。その皮脂により毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が異常繁殖することで発生します。特徴としては、皮脂分泌の多い額や鼻などを中心に、頬など顔の広範囲に発生します。

大人ニキビ

思春期ニキビとは反対に、大人になってからできるニキビを大人ニキビといいます。原因はさまざまで、それぞれの生活のリズムによって変わってきます。不規則な生活や、睡眠不足、ストレスやホルモンバランスの乱れなどがあげられます。大人特有の飲酒や喫煙、化粧品の使用なども関係していると言われています。

また、皮膚が生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる現象も大人ニキビに深く関係していると考えられています。

乾燥ニキビ

乾燥ニキビは皮脂分泌が少ないにも関わらず発生するニキビのことです。肌を守ってくれる皮脂膜が十分に作れないため、角質が詰まったり、硬くなります。そのため、毛穴自体が弱り、細くなっていき皮脂の分泌量は少ないのに詰まってしまうという現象が発生します。また、段階別の種類では、白ニキビ、黒ニキビの状態のニキビのことをいいます。

炎症ニキビ

ニキビには、段階別の種類もあり、初期段階から白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビ、紫ニキビというものがあります。赤ニキビ以降は炎症ニキビとなります。炎症ニキビはニキビ跡が残る可能性のあるニキビです。紫ニキビは膿と血が溜まってしまっており、治癒後もニキビ跡が残ってしまいます。場合によっては肌が凸凹してしまうこともあります。

この段階になると、皮膚科などで適切な処置をしてもらうことが必要になってきます。乾燥ニキビの段階で早めに対策を取ることをおすすめします。

ニキビにワセリンの効果がある場合

乾燥によるニキビの場合

白ニキビ、黒ニキビとも呼ばれている乾燥ニキビの場合はワセリンが有効であると考えられています。角質層の乾燥を防ぐことで、炎症する前のニキビには効果を発揮することがあります。

乾燥ニキビの予防をする場合

ワセリンの優れた保湿力で、カサカサの乾燥肌を潤し、乾燥ニキビを予防することができます。ただ、ワセリン自体に保湿効果があるわけではありません。化粧水や美容液などのスキンケア後に蓋をすることで、水分の蒸発を抑えるという働きをしてくれます。ワセリンが皮脂になじみ、毛穴汚れを浮かし取り除きやすくなります。

肌本来の機能が活性化するため、潤った健康な肌になることが期待されています。肌の乾燥を予防することは、乾燥ニキビの予防につながっていくのです。

ニキビ跡のターンオーバーを促す場合

ニキビ跡がしこりのような形で残ってしまうことがあります。これは、真皮層と呼ばれる肌の深い部分にまでニキビが悪い影響を及ぼすことで、肌がいつもより頑張って肌を再生しようとします。それにより作られた細胞がしこりのようなものになって残ってしまうことがあります。

ワセリンで肌の乾燥を抑え、ターンオーバーを促すことで新陳代謝がよくなり、肌が新しい細胞へ変化していくことでニキビ跡のしこりも少しずつなくなっていくと言われています。そのため、ワセリンはニキビ跡を消すと言われているようです。ですが、実際は、消すだけではなく、根本に働きかけています。