どうしても集中できない!集中力を高めるための5つのポイント

何が何だかわからないけど、集中できないときってありますよね。そもそも集中しているってどういうことなのでしょうか。集中力を高めるためのポイントを5つにまとめてみました。

集中しているってどういう状態のこと?

そもそも集中しているってどういうことなのでしょうか。考えてみましょう。集中しているということは、心の中、頭の中で一点について考えたり、行動をしている状態。周りのことは目に入らなくなるくらいに、目の前の一点だけを見つめる、考える、動くという状態のことを表しています。

集中しなくてはいけない場面はたくさんありますよね。仕事をする時、人の話を聞く時、真剣に何かに挑まなくてはいけない時、運動選手も集中するということが必要な場面は多々あります。

集中したいのに集中できない原因

他に気になることがある

他に気になることはありませんか。悩み事、他に仕事を抱えていてそちらも気になっていてパンク状態、そんなことはないでしょうか。人間は、一つのことに集中しようとしても、他にどうしても考えないといけないことがあるとそちらに気が向いてしまい、集中できなくなるものです。

現実逃避

このパターンでありがちなのは、テスト前、仕事の企画などの締め切り前など、急に他のことがしたくなることはありませんか。テスト前によく、勉強しなくてはいけないのに、普段やらない部屋の掃除をしたくなったり、急にトイレを掃除してみたりということはありませんでしたか。やらなくてはいけないとは分かっているのですが、どうしても逃げたくなる衝動から他の行為に走ることがあります。しかし、ありとあらゆる現実逃避行為をして気が済むと、勉強により集中できるという場合もあります。

イライラしている

何かにイライラしたりはしていませんか。イライラした状態だと、落ちつかなくて集中できません。イライラの原因は何ですか?思い当たることはありませんか。落ちつかないと人間はどうしても集中できない、目の前のことが手に着かないという状態に陥りやすいです。

疲れている

体は疲労していませんか。疲れている状態では、いくら何を頑張ろうと無理な時もあります。そもそも、集中するポイントは、”脳”にあります。疲れていると脳が働いてくれないのです。

寝不足である

睡眠はきちんととれていますか。集中することに不可欠なのは、やはり健康であること、睡眠が充分とれていることです。集中する時には頭がはっきりしている状態が必要です。なので、睡眠は脳を活性化させるのに必要でしょう。

周りの環境

周りの環境はどうですか。自分の身の回りはどうでしょうか。物が散乱してたりしていませんか。周りの環境というのはとても大事です。散らかった部屋や周りがガヤガヤと落ちつかない、騒音がひどい部屋での集中とはとても難しいものです。嫌な上司や同僚がすぐ側にいて何か言ってる・・なんて時も集中するのは難しいですね。

生理前(ホルモンバランス)

集中できないという女性の中で、特にこの時期は無理!という人はいませんか。生理前はどうしても、イライラしたり落ち込んだり、なんだか落ちつかないという人が多いでしょう。もちろん何も感じない人もいます。あまりにひどい場合は生理前症候群(PMS)の可能性があります。このような場合、酷い人だと何も手に着かなかったり、攻撃的になったりと自分でもコントロールできない時もあるのです。もちろん集中力も落ちる傾向があります。

月曜日だから?

休み明けは集中できないってことありませんか。海外は月曜日は仕事の生産力が下がるとも言われています。休み明けだとなかなかうまく切り替えができなくて、集中力が落ちると言われているのです。その場合、月曜日だからしょうがない!と思うようにすることも一つかもしれません。だいたい仕事の生産力が著しく下がるのは午前中お昼くらいと言われています。それを乗り越えれば少し軌道に乗れるかも?

集中力がないと思ったら病気の場合も?

集中できない、集中力がないという人の中には、もしかしたら病気が要因でできない場合もあります。そのような病気とは一体どういうものがあるのでしょうか。