シミの予防には苦いけどチョコレートの抗酸化力が有効?対策あれこれ

シミは、できてしまってからでは、なかなか消すことは難しいもの。しかし、シミになる前の予備軍を何とかすることはできるのです。そのキーワードは「抗酸化力」。紫外線対策や美白化粧品を使うだけでなく、シミの原因となる活性酸素を取り除くために、抗酸化力も一緒に高めましょう。

シミの予防法と食べ物の関係とは

シミの原因は活性酸素です。紫外線や虫に刺されたり、ニキビが化膿してしまうなど、皮膚に過度な刺激が加わると、活性酸素が活発になります。活性酸素は細胞を傷つけるため、防御するためにメラニン色素が増えて、シミとなっていきます。

シミを予防するためには、この活性酸素を中和するための、抗酸化物質が必要になります。もちろん私たちの体の中にも、活性酸素を抑制するための酵素を備えていますが、それだけでは足りないという場合も出てきます。

そんなときに体の外から、食べ物として抗酸化物質を接収することができます。シミを作らないためにも、活性酸素を抑える食事を工夫しましょう。

シミを予防する対策法あれこれ

シミは一旦できてしまうと、なかなか取れにくいものです。そのため、まずシミができないようにする予防対策が、最も重要で効果的といえます。シミの対策法として、日常生活で気をつけるポイントを紹介します。

シミ対策に不可欠な日焼け止めと美白化粧品

紫外線は、お肌の大敵です。紫外線の刺激によって活性酸素が増加すると、肌細胞への攻撃が始まります。それを防衛しようと、メラノサイトがメラニンを増やし、シミを作ります。

そのため、日焼け止めは紫外線からお肌を守るために必要不可欠。化粧をしない日はあっても、日焼け止めをしない日は、シミを作らないようにしなければなりません。

また、シミが気になって美白化粧品を使う人も多いと思いますが、厚生労働省が認めた美白成分を使用した化粧品の基本的な目的は「メラニン色素生成を抑えて、シミを防ぐ」というものです。つまり、できてしまったシミに対しては、有効ではないということです。

あくまでも、予防という観点での美白化粧品ですから、シミを消すためではなく、シミを作らないための化粧品という認識を持ちましょう。

肌の保湿もシミ対策に有効

肌の潤いを保って、いつまでも若々しくいるためには、保湿は最も大切なことです。シミにとっても保湿は深い関係があります。保湿によって肌細胞が生き生きしていると、お肌のターンオーバーも順調に行われます。

ターンオーバーとは、新しい細胞が生まれ変わることですから、できてしまったシミも、だんだんと表面に押し出されて、最後は垢となって剥がれ落ちていくはずです。

ところが、乾燥肌になるとターンオーバーが乱れてしまいます。すると、新しい細胞の入れ替えができないため、シミもその場に留まって定着してしまいます。肌の保湿は、シミ対策にも欠かせません。

ニキビ・虫刺されでシミになることも