ダイエット中の停滞期をあなたは知ってる?いち早く脱出する8つの方法♪

ダイエット中に起こる停滞期。せっかく順調に体重が落ちていたのに、停滞期に入るとダイエットのヤル気がなくなりますよね。ダイエット成功の鍵は、停滞期をいかに早く脱出し、ダイエットが継続できるかにかかっています!停滞期を乗り切る方法は案外簡単です。停滞期の脱出方法を8つご紹介していますので参考にしてみて下さい。

ダイエット中の停滞期とは

Woman stepping on bathroom scale, low section, Close-up of foot

ダイエットにおいて、とてもやっかいな「停滞期」。多くのダイエッターが、この停滞期に悩まされ、そしてダイエットを諦めてしまう原因ともなっています。ダイエットは停滞期を制する者が成功者であると言っても過言ではありません。

そこで今回は停滞期を早く脱出するためには、まず停滞期とはどんな状態なのか?そして、どうやって乗り越えればいいのか?などを詳しくご紹介したいと思います。

ある日突然やってくる停滞期の正体

Obsessed fit woman with measure tapes. Time for diet slimming.

停滞期とは、ダイエット中に体重減少がストップしてしまうことを指します。それまでと同じ食事制限や運動を行っていても、体重に変化が見られなくなってしまうのです。ダイエットをさぼったならともかく、続けているのに突然効果が得られなくなると、やる気をなくしてしまいますよね。そのため停滞期が原因で、ダイエットを断念してしまう方が多いと言えます。

ではこの停滞期が起こる原因とは、なんでしょうか?実はこれには、私達の身体に備わっている「生命を守るシステム」が関係しています。 これは「ホメオスタシス機能」と呼ばれ、栄養の吸収率や体温、血糖値や免疫機能など、私達の身体の重要な機能の調節に関わるものです。

この「ホメオスタシス機能」がダイエット中に働くのは、「生命が危険にさらされている」と察知するからです。ダイエット中は食事制限などで摂取カロリーが減り、運動などで消費カロリーが増えますよね。これは痩せるために自分の意志で行っていることなのですが、「ホメオスタシス機能」は「食糧が少ない。この摂取エネルギーでも生きられるように調節しなくては」と考えて働き出す訳です。

すると停滞期前と同じ食事量でも、エネルギーを多く吸収するようになり、運動をしてもできるだけエネルギーを使わないようになるので、体重が減らなくなってしまうのです。

この「ホメオスタシス機能」は、どんな状況に陥っても生きるために働くという、私達に備わった素晴らしい機能なのですが、残念ながら「ダイエット中」ということは理解してくれません。ただこの「ホメオスタシス機能」が働くということは、「今のところダイエットがうまくいっている証」とも言えます。

ここでダイエットを断念するのはもったいないので、仕組みをしっかり理解して、停滞期をうまく乗り越えダイエットを成功に導きましょう。

停滞期はいつから始まるの?

Depressed and sad woman in kitchen

停滞期はホメオスタシス機能が働くことによって起こります。このホメオスタシス機能は、例えば体重が50kgの方の場合、約30日で2.5kg減少すると働きやすくなると言われています。つまり一定期間で体重が5%減ると身体が危険を感じて、ホメオスタシス機能が働いてしまう、ということになります。

停滞期に突入する時期は、早ければダイエットを始めて約2週間、一般的には約30~60日とされています。この時期の差は、実践しているダイエットの種類や基礎代謝、年齢や体重、普段の生活などが関係しているようです。ただホメオスタシス機能は危険を感じた時に働くものですから、短期間で急激に体重が減少した場合、特に早く働くのではないかと考えられます。

停滞期はどれくらい続くの?

いくらダイエットを頑張っても体重が減らない停滞期、これがずっと続くなら誰でも挫折してしまいますよね。でも停滞期は、そのうち必ず終わりがきます。停滞期の原因はホメオスタシス機能ですから、これが働かなくなれば停滞期を脱出することができるのです。

身体の省エネモードが解除されると、食事制限や運動などでカロリーが消費されるようになります。つまり停滞期中とは違い、実践したダイエットの成果が得られるようになります。

なおホメオスタシス機能が働く期間は、一般的には30日程度だと言われています。ただ人によって差があるため、14日程度で停滞期が終わる場合もあるようです。

ダイエットが停滞期になりやすいダイエット法

炭水化物抜きダイエット

Full frame shot of fresh vegetables

炭水化物を抜いてダイエットを行う人は非常に多いのではないでしょうか?確かに炭水化物は血糖値を上げ、それに伴い発生するインスリンの影響で脂肪が蓄積され太りやすくなるいうことが科学的に証明されているので、炭水化物を抜いてダイエットをすることは、痩せたい人には理想と言えます。

しかしながら、炭水化物に含まれる食物繊維までも抜いてダイエットするのはダイエットの効率を悪くし、停滞を招いてしまう恐れがあります。食物繊維は腸内の環境を正し、体内に溜まった余分な老廃物を排出するうえで非常に大きな役割を持っています。

そのため、食物繊維を取らなければ、いつまでも余分なものが残ってしまい、便秘になってしまう恐れがあり、ダイエットがうまくいかなくなりやすいのです。

糖質カットダイエット

Kobe Miyazaky beef

上で述べた炭水化物抜きダイエットの真の目的は炭水化物中にある糖質を抑えるためのもので、食物繊維を抑えるためのものではありません。では、糖質だけを完全に抜く、糖質制限ダイエットはダイエットをするうえで効率的かと言えば、必ずしもそうではないのです。

確かに糖質を厳密に制限して、このダイエット法を実践すれば、ほぼ確実にダイエットは成功します。しかし、この糖質制限を長期間続けることは非常に難しいのです。糖質は炭水化物だけでなく、様々なものに含まれており、多くの種類の食べ物が食べられなくなります。

そこから、ストレスを感じ、ダイエット中にドカ食いしてリバウンドしてしまったり、また糖質以外のものをたくさん食べてしまいすぎることで、カロリーオーバーになりやすいのです。そのため、極端な糖質制限は続ける中で余程意志の強い人でない限り、停滞期に陥りやすいのです。

断食

Woman declining chocolate cake

断食は何も食べない行為を続けるもので、理論的に言えば体重を落とす上では非常に効果的なダイエット方法と言えます。実際に、正しい断食法を実践すれば、健康的に体重を落とすことが強く期待できます。

しかし、断食はある程度体重が落ちると、その後の体重の減少はだんだん弱くなってくると言われています。一説によれば、体の生命維持機能が本能的に、断食中に危機を感じ、生存に必要とされるうえで必要な体重を無意識的に残すようにサインを脳に送り、身体がそれに応じて体重が落ちにくくなるそうです。

断食は体の老廃物を取ったり、胃腸を休めたりできるメリットと短期間の痩せ効果が期待できる素晴らしい健康法ですが、やり方が難しいことと、長期的に痩せていくことが難しいというデメリットもあるのです。

停滞期とリバウンドの関係

Overweight woman.

”ダイエットに失敗してリバウンドをした”という人、少なくないのでは?このリバウンドを起こしやすいのは、頑張っていたダイエットを止めてしまった時に起きます。

ダイエットを止める時とはどんな時でしょうか?「目標体重を達成した時」「ダイエットの成果が出なかった時」だいたいこの二つの理由で止めてしまう人が多いのではないでしょうか。後者の”成果が出ない”というのがまさに停滞中です。実はダイエットの停滞期は、体重が増加しやすい時でもあるので、この時にダイエットを諦めてしまうとリバウンドしやすいのです。

リバウンドの怖いところは、ダイエット前の体重に戻るのではなく、さらにそれよりも体重が増えてしまうことと、その後痩せにくくなってしまうことにあります。これは停滞期中にリバウンドをしやすい仕組みを理解すると、その原因がわかります。