ニキビ治療には漢方がオススメ!効果はあるの?副作用が心配…有名メーカーの漢方薬12選から4つの入手方法まで一挙公開!

ニキビでお悩みの方へ、ニキビには漢方が効果を発揮すると知っていましたか?皮膚科でも、漢方薬をすすめているところが増えてきており、ニキビの漢方治療が注目されています。漢方は、自然素材で症状に合わせて調合できるのも魅力の一つでもあります。ニキビ治療に漢方を利用することでどのような効果が期待できるのか、またどのような漢方を取り入れたら良いのかなどまとめてみました。

ニキビに漢方がおすすめ

漢方は、自分自身が持っている自然治癒力を高め、体内のバランスを整えて治すという治療法です。個人の体質や症状に合わせて数種類の漢方を組み合わせて作られます。漢方を使う目的は、体質改善をするということです。なので、即効性はなくとも継続することでその効果が得られるということも覚えていて欲しいポイントです。

漢方がなぜニキビ治療に良いかと言うと、肌の免疫力を高めホルモンバランスを整えることで、根本からニキビを治していけるからなんです。今あるニキビを治すだけでなく、ニキビのできにくい肌にしてくれます。しかし、これも継続して得られる効果なので、根気よく続けることをおすすめします。

ニキビにも、様々な種類や症状があるので、専門医に相談をしてどの漢方薬が自分に合っているのかをアドバイスしてもらった方が良いでしょう。服用する漢方と症状が合っていなければ、改善出来ないばかりでなく副作用を引き起こす可能性があります。正しく安全に服用するためにも、自己判断だけで決めない方が良いですね。

ニキビに漢方は効果的?

漢方薬のメリット

漢方の1番のメリットは、免疫力を高めたりホルモンバランスを整えたりして、体質改善を行い治療をしていけるということです。薬の力で治すというよりも、症状の根本的なところに着目し、改善していけるよう体質から変えていくのが漢方の目的なんですね。

そして、副作用がほとんど無いのも漢方の良いところです。天然の生薬から作られているので、強い成分を含んだ薬よりも安心・安全と言えるでしょう。処方箋として、漢方薬を出す病院も増えてきています。自然素材なので、体への負担も軽減されるかと思います。また、個人の体質、症状に合わせて調製できることも魅力の一つです。

漢方の副作用

副作用がほとんど無いと言われているのですが、全く無いわけではなく、中には漢方を使ったっことで不調を訴える人がいるのも事実です。症状としては、眩暈、食欲不振、発熱、不眠、発汗、頻尿、むくみ、口渇、動悸、月経異常などがあります。また、漢方でアレルギー反応が起こる人もいます。服用する漢方で、合う合わないはあるようです。

副作用を起こしてしまう原因として次のようなことが考えられます。
・「証」に合わないものを利用している
・用法が間違っている
・併用する際、同じ生薬が重なり過剰摂取になっている
・生薬の持つ薬理作用
・アレルギー
・体力低下

漢方も正しく使わなければ、良くない症状も出てしまうんですね。漢方を使って異変を感じたら、服用するのを中止し、病院や漢方専門店などで相談しましょう。使用している漢方や起こっている症状を詳しく伝え対処法やアドバイスをしてもらいましょう。漢方の副作用は、その時の体調などで表れてしまう場合もあるので、漢方自体が合わないのか、それともタイミングをずらして服用した方が良いのかなど対処法も様々です。

効果が出るまでの期間

ほとんどの漢方が、作用が穏やかで少しずつ効果が表れるため、慢性の症状に使われることが多いです。自然素材を使うので、即効性は薬よりも弱いと言えるでしょう。根気よく気長に続けることが大事です。

しかし、中には早く効く漢方もあります。風邪や腹痛などの時に使われる桂枝湯や葛根湯、麻黄湯などは、即効性が期待できます。それらの漢方には、発汗を促進したり治癒力を高める作用があるためです。他にも、黄連解毒湯は入寝しやすくなったり、小青竜湯は鼻水を止めるのに効果的など効果が出やすい漢方薬もあります。

ニキビ治療の場合には、2~4週間服用することで効果が出るようです。効果が出るまでには、体質や生活習慣も関係してくるので、それぞれ個人差はあります。基本的には、気長に根気よく治していくと考えた方が良いでしょう。

では、漢方はどのようなニキビに効くのでしょうか。
・大人ニキビ
・赤ニキビ
・大きく腫れ上がったニキビ
・繰り返すニキビ
・化膿したニキビ
・背中やお尻のニキビ
・ニキビ跡
・生理時期のニキビ
など、様々なニキビに効果が期待できます。

ニキビにも色んな種類があるように、漢方も種類によって効果を発揮できるものが違ってきます。どんなニキビで悩んでいるのかで使う漢方薬も変わってきます。しかし、ニキビの場合はどの漢方薬でも継続し治療していくのが一般的のようです。

ニキビに効く漢方薬の種類

十味敗毒湯

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、皮膚の赤みやかゆみ、腫れ、化膿などを抑える作用があります。少し膿を持ったニキビやポツポツと出来たニキビに良く使われます。10種類の生薬を合わせて作られており、毒素を弱めるという目的で考え出された漢方薬です。ほとんど副作用はないのですが、まれに食欲不振や胃がムカムカする人もいます。

そして、服用する際には注意が必要で、体がひどく弱っている場合には服用を避けましょう。嘔吐や下痢などがある時には、医師に相談してからが良いと思います。

清上防風湯

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、12種類の生薬を組み合わせて作られており、顔の熱や炎症を抑える働きがあります。また、皮膚病の病因を改善したり抗炎作用もあることから、ニキビ治療に適した漢方薬とされています。先端がとがって化膿しているようなニキビに効果的と言われています。ニキビ以外にも、赤ら顔、皮膚炎、湿疹などにも効果があります。

副作用として、食欲不振、胃もたれ、胃痛などがあるようです。まずは、数日服用してみて症状が治まらないようであれば服用を中止しましょう。

荊芥連翹湯

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、17種類の生薬を組み合わせて作られており、主に炎症や化膿を伴う皮膚炎に効果的と言われています。炎症作用やアクネ菌を殺菌するなどの働きがありニキビ治療に適しています。特に、赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビ、ニキビ跡に効果的です。ニキビ以外にも、扁桃炎や慢性鼻炎、蓄膿症、アトピーなどにも有効です。

注意点として、貧血気味、冷え性、胃腸が弱い、軟便気味、下痢などの症状がある人には使えません。そのような症状がある時に服用すると、症状を悪化させてしまう可能性があります。また、副作用として、肌のかゆみや炎症、胃もたれなどがあるので、副作用を感じた場合は使用を中止しましょう。