バストアップはストレッチで可能!でも上半身だけ注目してませんか?

女性の象徴ともいえるバストですが、重力に逆らって、長い間スタイルを維持するのは大変です。なぜなら、年齢とともにバストを引っ張り上げている筋力が低下するからです。そこで、ストレッチでバストアップする方法を考えてみました。

バストアップはストレッチで実現可能!

女性のバストは、無粋な言い方をすれば脂肪の塊のようなものなので、それ自体を鍛えたり、どうこうすることは出来ません。

そこで、バストをつり上げている筋肉である大胸筋を鍛える方法が有効とされるのですが、ストレッチングでもバストアップは可能なのでしょうか。ストレッチがバストアップに対して有効な理由と、そのやり方を紹介したいと思います。

なぜストレッチでバストアップが可能なの?

ストレッチには、筋肉の緊張を緩和する効果があります。「それとバストアップと、何の関係があるの?」と思われるかもしれませんが、これが大アリなのです。ストレッチによって、特定の場所の筋肉をゆるめることで、バストアップが実現できる理由について見ていきましょう。

大胸筋をゆるめてバストアップ

先程、バストをつり上げているのは大胸筋である、という風に書きました。「じゃあ、その大胸筋をストレッチで緩めてしまったら、胸が逆に垂れてしまうんじゃないの?」と思われるかもしれません。ところが、バストが垂れている女性は、上半身が前傾していることが多いのです。

上半身が前傾した状態で大胸筋が緊張すると、さらに前傾が強くなって、結果的にバストが垂れて見えることとなってしまいます。そのため、上半身が前傾しているような人は、大胸筋をストレッチすることで上半身をまっすぐに起こし、バストアップすることが可能なのです。

腸腰筋をゆるめてバストアップ