【紅茶ダイエットの効果】効果を高める6つの方法と3つの注意点!しょうが紅茶などおすすめレシピも大公開!

「紅茶ダイエットと聞くけど、紅茶のどこにそんな効果があるの?」と不思議に思いませんか。そんなあなたに「紅茶がダイエットにいい」と言われる理由6つをご説明します。加えて、紅茶の持てる力をできるかぎり活かす紅茶ダイエットのやり方やレシピもご紹介します。さらに、紅茶でダイエットのつもりが「デメリットが大きくなってしまった!」なんてことないように飲み方の注意点も調べました!

紅茶ダイエットってなに?

紅茶ダイエットは、紅茶を飲むだけで自然に痩せやすい身体をつくるお手軽ダイエット

紅茶ダイエットは、その名の通り紅茶を使ったダイエットです。クッキーなどにまぜて茶葉をとるのではなく、紅茶の成分をお湯に出して香りを楽しみながら飲んで身体にとりいれます。一日一定量紅茶を飲むというダイエット方法です。

紅茶ダイエットは、飲む紅茶で自然に痩せやすい状態に身体を促していく方法のようです。そのため、すぐ痩せるといったものではなく、「続けていたらスリムになってきてた」というようなダイエット方法だそうです。紅茶を作って飲むだけなのでお手軽なダイエット方法のようです。

紅茶ダイエットで効果的に痩せる!と言われる6つの理由

1.ダイエットの第1の大敵!脂肪の吸収を抑える!

紅茶を飲むと、ダイエットの敵の一つである脂肪の吸収を抑えることができるとされます。それは、紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールと茶カテキンの効能のようです。

どちらも完全発酵ではない緑茶やウーロン茶より少ない量ではありますが、毎日一定量飲めばとれるようです。逆に取りすぎてしまうことは防げるため、紅茶好きさんにはうれしい話のようです。

2.ダイエットの第2の大敵!糖質を分解してエネルギーに変えてしまう!

ダイエットの敵のもう一つが砂糖などが多く含む糖質です。特に、白砂糖や白米などの精製された食品が含む糖質はインスリン分泌を多くし、分解しきれずにいる糖質を脂肪にすべて変えてしまいます。これを防ぐための糖質を分解してエネルギーに変えていく必須成分であるビタミンB1が紅茶は含みます。

ビタミンB1は、糖質を分解しエネルギー必須のビタミンです。水溶性ビタミンのため水にビタミンB1が溶け出すので、紅茶を飲むことでビタミンB1がとれるようです。

3.とった脂肪は燃やす!脂肪優先で消費する!

吸収を抑えても食べるものによっては、多く取りすぎてしまうのが脂肪です。紅茶には、とった脂肪をエネルギーに変換するために必要な成分であるビタミンB2とナイアシンが含まれています。さらに、脂肪を優先的に消費するよう促す成分のカフェインも含まれています。

加えて、東洋医学によると紅茶は身体を温めます。身体を温めるのにもエネルギーを必要とするため、食べたものをエネルギーに変え消費する流れを示す代謝をよくすることに繋がります。その結果痩せやすくなるようです。

4.落ちにくいモリモリのセルライトの元!むくみを防ぐ!

完全発酵のお茶でもあまり量に変動が見られないのがミネラルです。ミネラルは、脂肪の燃焼や汗をかくため、そしてお通じをスムーズにするためには必要な成分です。特にカリウムはお肉などをとると過剰摂取しがちなナトリウムを身体の外に出します。

ナトリウムの過剰はむくみの原因になります。さらにむくみは、血液循環を悪化させ老廃物を蓄積させます。その結果脂肪細胞を大きくさせて、なかなか落ちないセルライトを作ってしまうのです。

5.肥満に繋がる回路を元から防ぐ!ストレス解消を促す!

ストレスが多いと肥満に繋がる主な理由は2つあります。一つはストレスが交感神経の働きを低下させてしまうからです。交感神経は脂肪の分解・燃焼・代謝に関わりがあるため、機能が低下すると太りやすくなります。

もう一つの理由は、ストレスが脂肪蓄積を促すホルモンは増やし、食欲を抑えるホルモンは減らしてしまうからです。そのため食べてばかりいる上、食べたものの脂肪はどんどん溜まるという悪循環が起きるのです。ですから、ストレスの解消を促すことが大事になります。

紅茶は東洋医学によると、イライラやストレス解消を促す飲み物です。成分としては、テアニンがストレス緩和に導きます。また紅茶特有の香りがアロマ効果を発揮して、ストレスを解消するよう促します。

6.脂肪を蓄えるスイッチを押す前に!ホルモン減少を促す有害な物質は外へ!

環境ホルモンと呼ばれる農薬・保存料・着色料などは、エストロゲンというホルモンを減少させてしまいます。エストロゲンが減ると内臓脂肪を蓄えるようスイッチがはいります。なるべく環境ホルモンをとらないことは重要ですが、現代の食品ではとらない方が難しくなります。

そのため身体から排せつするのも大切とされ、有害物質を身体の外に出すよう促すと考えられているのが、紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールとカフェインだそうです。

簡単!紅茶ダイエットの基本的なやり方