妊娠超初期の肌荒れ】かゆみや乾燥、ニキビなど…肌が荒れると思ったら、実は妊娠!?

妊娠をすると体の中のホルモンバランスが変わり、様々な症状を自覚するようになります。そのうちの一つの症状として肌荒れがあります。疲れがたまったり栄養バランスが崩れても肌荒れが起きますので、なかなか見分けるのは難しいですが、妊娠の可能性がある時には肌荒れを妊娠兆候かも?と疑ってみるのもありです!

妊娠「超」初期とは?

妊娠「超」初期とは、妊娠0週~4週のこと

妊娠期間は昔から「十月十日(とつきとおか)」なんて言い方をしますが、最終月経の1日目を「妊娠0日」としてから数えて280日目を出産予定日とするのが最近の数え方です。ちなみに1ヶ月は28日として数えますので妊娠10ヶ月、40週が出産予定日となります。

妊娠初期は妊娠1ヶ月~4ヶ月(妊娠0週~15週)、妊娠中期は妊娠5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~27週)、妊娠後期は8ヶ月~10ヶ月(妊娠28週~40週)と区分されています。

そして妊娠「超」初期というのは、妊娠初期の妊娠4週までのことを言います。

妊娠0週はまだ最終月経中なので厳密には妊娠している状態ではありません。月経初日から2週間後(妊娠2週)に排卵が起きそこで受精した後、1週間かけて子宮に移動し着床します。この時点で妊娠3週となり妊娠が成立するのです。

妊娠3週から5週の間に「妊娠兆候」や「妊娠初期症状」という特徴的な症状が現れます。そしてその中でも妊娠4週までの症状を「妊娠超初期症状」といいます。

ちなみに市販の検査薬で陽性反応が出るのは早くても妊娠4週頃と言われており、超音波検査で胎のうが確認できるのは妊娠5週、胎児心拍が確認できるのは妊娠6週くらいと言われています。

妊娠「超」初期症状、妊娠兆候について