クリニークの化粧水が気になる人必見!使い方や選び方を紹介します

コットンで肌の古い角質を除去して美肌を目指すタイプのクリニークの化粧水、特徴的で気になるアイテムですよね。日本でも長く愛され続けている化粧水と言えますが、使い方や選び方にコツも要るようです。人気の理由とともに、この化粧水を扱う際のポイントをまとめてみました。クリニークの化粧水を通して見えてくる肌へのこだわりにもぜひ注目しつつ、スキンケアの参考にしてみてくださいね。

クリニークの化粧水、評判良いよね?

アメリカに本拠地を置く化粧品メーカー「クリニーク」と言えば、古い角質を落とすふき取りタイプの化粧水のイメージが大きいのではないでしょうか。口コミなどでも評判も高く、長年に渡り多くのファンを生み出している特徴的な化粧水と言えるでしょう。

クリニークのスキンケアは、洗顔の後この化粧水「クラリファイングローション」で古い角質を落とし、乳液などで潤いを与えていくというステップが提示されています。ですので、クラリファイングローションはこのステップの中で重要なポイントを果たすアイテムとなります。

ですが、クリニークの化粧水をはじめとするスキンケア品については気になってはいたものの、「どうやって取り入れたらいいのかイメージがつかないから、使ってみていなかった」という人も多いのではないでしょうか。そこで、クリニークの化粧水をどのようにスキンケアに取り入れていくのか、どのようにして使えば良いのかーといったポイントをまとめてみました。

さらに、長く愛されるクラリファイングローションの人気の理由も探りました。美肌を目指してさまざまなアンテナを張り巡らせている女子たちの興味と理解を深めていただけると、と思います。

クリニーク化粧水の口コミってどんなの?

まずはクリニークの化粧水がどんなものなのか、イメージを描きやすくするため、口コミを中心にどのような反応が寄せられているのかというところから見ていきましょう。

口コミだけでも、どんな特徴があるのか伝わってくる部分はあると思います。生の声を通して見てみると、クリニークの化粧水が長年ファンを獲得している背景も分かってくるかもしれません。口コミは色々なサイトに出ていますので、ぜひご覧になってみてください。

肌状態が良くなった

クリニークの化粧水を使った人からの口コミとしては、総じて肌の状態が改善したという声が聞かれます。「肌の凸凹が気にならなくなり、滑らかさが出た」「肌触りがツルツルになった」「肌がワントーン明るくなった気がする」「毛穴が気にならなくなった」「肌が引き締められているような感じがする」など、使用後の変化を口にする人が多いようです。

ニキビができにくくなった

クラリファイングローションを使って、ニキビが気にならなくなったという口コミもあります。こちらのローションには、ニキビを予防する薬用タイプもあるそうです。

古い角質はニキビの原因の1つともされています。ローションで肌を清潔にしていった結果、ニキビの問題が改善されるという成果が出ていることを喜ぶ声も上がっているということです。

安心して使える

クリニークの特徴として、世界で初めて皮膚科医監修のスキンケア商品として出てきた経緯が挙げられます。独自のガイドラインを設けた厳正なアレルギーテストを実施している点や、「アレルギーを引き起こす可能性がある」との考えから、商品に香料を加えていない点も特徴と言えるでしょう。

前述した3つのステップでのスキンケアの考えも、皮膚科学の理論に基づいて形成されているそうです。

クリニーク化粧水の人気の中身とは?

ここまでの口コミを見るだけでも、クリニークの化粧水の特徴や魅力が伝わってきているかと思います。ここからは、具体的にクラリファイングローションが人気を呼ぶ要素を1つずつ挙げていきます。気になるお肌の悩みの解消につながりそうな要素から、さらにスキンケアのサポートになりそうな要素までそろっていますよ!

ふき取りタイプだから

クリニークの化粧水はふき取りタイプがメインです。化粧水と言えば潤いを与えるイメージが大きいですが、ふき取りタイプも今や人気を集めています。クリニーク以外にもふき取りタイプの化粧水を出しているメーカーはありますが、いずれも注目アイテムとなっていると言えるのではないでしょうか。肌をクリアな状態に近づけてくれる印象が、人気を集めていると思われます。

年齢を重ねるごとに新陳代謝の力が落ちていくのは肌も同じで、その1つとして古い角質がたまっていくようになる現象が指摘されています。ふき取り化粧水はそのような角質や、洗顔後も顔に残っていた毛穴汚れなどを除去してくれる効果が期待され、肌をできるだけクリアに近い状態にした上で、その後の潤い補給などのケアにつなげていくことができます。