顔のシミ取りはビタミンAとCとEが大事!おすすめコスメ6選もご紹介!

顔のシミ取りは、年齢を重ねるごとに悩みの種となってきます。肌のターンオーバーの乱れにより、メラニン色素が残ってしまいシミになってしまうため、何とかそのシミになる前に元の肌に戻したいですよね。ビタミン、ストレスをためないこと、そして紫外線予防は365日することが顔のシミ予防にもなります。シミの原因や種類も知って、今あるシミをやっつけてしまいましょう。

顔のシミ取り対策法!理想と現実!

30歳を超えると顔のシミが気になりだしたという女性のかたが多くみられます。ホワイトニングのスキンケア商品なども多く出回っていて、顔のシミ対策を日々しっかりしていても、一度出来てしまったシミに勝つことは中々難しいのが現実のようです。

理想の肌を目指すために、顔のシミを美容クリニックなどで消すという方法もあるようですが、金銭面などのことを考えると中々続けるのが難しかったりと、理想と現実の違いに悩みます。そこで、顔のシミの原因、防止対策など、顔のシミにお悩みの女性の皆様のために色々ご紹介していきます。

「顔のシミ」その原因は

紫外線

「顔のシミ」の原因は、第一に紫外線による影響が大きいといわれています。紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトと呼ばれている細胞が刺激を受けて、メラニン色素を作りだします。

本来は、紫外線から肌を守るために肌の色を黒くするものですが、ターンオーバーが正常に行われていないと、元の肌の色に戻らなくなってしまうことが多いようです。これが原因で、生成されてしまったメラニン色素が肌に残ってしまい顔のシミの原因になってしまうといわれています。

肌荒れ・ニキビ

肌荒れや、ニキビなどの肌が炎症を起こしてしまうことが原因で、活性酵素が発生してメラノサイトが反応しメラニン色素が作り出されてしまい、「顔のシミ」の原因になってしまうこともあるようです。

学生時代に、ニキビが多く、潰したりしてしまっていたかたは、大人になってからそのニキビ痕が取れずにシミとして出てきたりするケースもあるようです。あとは、大人のニキビなども、治りが遅くなり元の肌の状態に戻るということが中々難しいともいわれています。

皮膚の老化

「顔のシミ」は、皮膚の老化現象が大きな原因になっているともいわれています。年齢を重ねていくごとに、突然シミが現れたりすることがあります。皮膚の老化現象は、真皮にあるコラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞が傷つけられてしまったり、失われてしまうことで起こるといわれています。

そして皮膚の老化現象の9割は、紫外線によって起こるともいわれています。紫外線は目に見えないので、わかりずらいです。長年紫外線を浴び続けていると、シミだけでなく、シワや皮膚がんなどのお肌の問題も放っておけない状態になるともいいます。数年後に出てくることもあるというので、とても厄介です。

顔のシミを消す・防ぐには

紫外線対策

顔のシミは、出来てしまったら薄くなるように消す努力をしなければなりませんが、これ以上、顔のシミが出来ないように紫外線対策をすることも大切です。

1年中365日しっかりと紫外線対策はしていますか?紫外線は、夏だけではなく1年を通して浴びています。そのためSPF15~60の紫外線防止日焼け止めクリームを化粧下地代わりに使ったりして、なるべく紫外線による顔のシミが増えないように心がけていきましょう。

肌が弱いかたは、1年中強いSPF値の日焼け止めクリームをつける必要はありませんが、最低でもSPF15のものでもつけておくと顔のシミ予防対策にもつながるといわれています。

ビタミンの摂取

ビタミンの摂取は、顔のシミ対策には欠かせません。まずは食事からビタミンを摂取!毎日野菜ジュースを飲んでいるから大丈夫と思っているかたも、頭に入れておきたいのはビタミンは、天然ビタミンには敵わないということです。ちなみに野菜ジュースを飲むのなら青汁のがビタミンは摂れるといわれています。

野菜に多く含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは『ビタミンエース』と呼ばれる抗酸化力の強いビタミンといわれています。下記を参考にお料理や毎日の食生活の参考にしてみてください。

ビタミンA…ブロッコリー、かぼちゃ、ニンジン、ほうれん草、小松菜、パプリカ
ビタミンC…カリフラワー、キャベツ、ピーマン、レンコン、じゃがいも、パプリカ
ビタミンE…モロヘイヤ、アボカド、アーモンド、かぼちゃ、煎茶の茶葉(飲むのではなくそのまま食べるもの)

ただ、どうしても忙しいかたは、毎日気を使ってお料理するのも大変だと思います。そんなお忙しいかたのためには、ビタミンが摂れるサプリを取り入れていくのも良いでしょう。

後は、日々のスキンケアからシミ取り化粧品などを試すのも良いかもしれません。ただ、シミ取り効果の根拠などしっかり紹介されているかを確認することが、間違ったシミ取り化粧品の選び方をしないコツのようです。

肌の保湿

顔のシミ取りは、肌の保湿をすることで、傷ついたシミのある肌をケアしてあげることができるようです。肌に潤いを与えることは、とても大切なことです。ただ、肌の保湿というと化粧水や美容液、乳液などを塗ってというのを想像されるかと思いますが、身体の中から保湿してあげることのほうが重要といわれています。

もちろん化粧水や美容液、乳液といったスキンケアはとても大切ですが、オプションプランのようなイメージでいたほうがいいかもしれません。肌がきめ細やかでシミがあまりないかたは、1日に2リットルの水を飲むといわれています。普通にコンビニやスーパーで売っているミネラルウォーターのペットボトル1本(2リットル)で大丈夫です。

ただ、急に、2リットルの水を飲むとお腹も苦しくなってしまいますので、少しずつ水を飲む練習をしてみて、1日2リットルの水が飲めるようにしていきましょう。

飲む習慣があると、2リットルはすぐに飲めるといわれています。こうした生活をしていると、顔の肌の保湿因子は常に水分を含んでいる状態になります。そして、角質がやわらかくなって美白成分はずっと肌の奥深くに浸透してくれています。