1日1食ダイエットの8つの効果!脳や内臓を休ませると脂肪燃焼機能がアップ!?夕食を食べるたったの3ステップ!

1日1食ダイエットに興味のある人、必見です。短期間で結果が出ると話題ですが、間違った方法では逆に太りやすい体質になったり、健康被害が心配される方法でもあります。正しい知識と方法を知ることで、ダイエットを成功させましょう!合わせて1日1食ダイエットの嬉しい効果もたっぷり紹介していきます。

1日1食ダイエットについて

ダイエットに一度は興味を持ったり、挑戦したことのある人も多いと思います。今では、そのダイエットの方法も多種多様です。そんな中でも、比較的短期間で結果が出ると言われる「1日1食ダイエット」について紹介していきます。

このダイエット方法は、賛否両論ありますが、ポイントを押さえて正しく進めることができれば、健康的に痩せることができると言われています。理想はやっぱり、健康的に痩せることですよね。ダイエットをする理由は人それぞれです。「健康維持のため」という人が最も多いと言われています。

他には「体型維持のため」や「若く見られたいから」や「性格を変えたいから」など、見た目だけでなく内面から変わりたいと、ダイエットを始める人もいるようです。まずは、なぜ自分はダイエットしようと思っているのか、考えてみてください。

1日1食ダイエットとは

1日1食夕食のみ食べるダイエット

その名の通り、1日のうちで食事を摂るのは1回だけということです。その1回の食事は朝、昼、夕どのタイミングでもいいそうで、特に決まりはないようです。ただ、よく紹介されていたり、このダイエットの成功者の中では、夕食のみ食べるという人が多い傾向にあります。

夜に食べると太るのでは?と思う人もいると思いますが、このダイエット法の注目すべき点は、「満足感」だとも言われています。夜にしっかり食べて満足感を得ることで、心地よい食事を実感することが、ダイエットの効果に繋がるという考えだそうです。

夕食は好きな物を好きなだけ

好きな物を好きなだけ食べていては、ダイエットにならないのでは?と思うかもしれませんが、1日に必要なカロリーを1食で補わなければならないため、しっかりと食べることが大事なのです。

基本的に、1回だけの食事でどんなものをどれだけ食べても、1日分のカロリーを大幅に越えてくることはない、と言われています。

空腹状態で脳や内臓を休ませ痩せる

今では、多くの人が当たり前のように1日3食摂っていますが、大昔は1日1食の生活が当たり前だったそうです。そのため、現在は脳や内臓は、食べた物を消化・吸収するために、フル稼働している状態になっているそうです。

1日1食にして、脳や内臓をゆっくり休ませる時間を作ることで、これまで以上に脳や内臓は、その機能を発揮するようになります。1食で摂ったエネルギーを余すことなく利用しようと、脳や内臓は活発に動き、それが脂肪燃焼に繋がり、痩せると言われています。

短期間で痩せられる

この「1日1食ダイエット」は、短期間で結果が出やすいと言われています。ダイエットをする上で、大きなメリットの一つではないでしょうか。ダイエットは中~長期間、継続することで結果が得られるものが多いです。

しかし、いつまでに痩せなければいけないと、期限が迫っている場合もあるかもしれません。そんな時には、このダイエット法は特にお勧めの方法と言えるかもしれません。

1日1食ダイエットの効果・8つ

1.痩せる

1日に3回摂っていた食事を1回に減らすわけですから、自然と1日の摂取総カロリーは減ります。人間は、摂取カロリーが消費カロリーを大幅に越える状態が続くと太ってきます。これは言い換えれば、摂取カロリー以上にカロリーを消費すれば、痩せるということです。

これまでと同じ生活をしていても、摂取カロリーが減れば、痩せます。この簡単な原理で、結果が短期間で出やすいと言われています。結果がすぐに出れば、モチベーションも上がります。これが、男女問わず、「1日1食ダイエット」を継続している人が多いと言われる、一番の理由かもしれません。

2.血中コレステロール値の低下

食事の回数が減ることで、内臓は休むことができるようになります。余分な脂質は血液を汚していきますが、1日1食にすることで、余分なものが体内に入ってくる機会を減らすことができます。

更に、内臓や血液中の余分な脂肪が消費されやすくなることで、血中コレステロール値は下がり、血液がサラサラの綺麗な状態になると言われています。

3.体臭が減る