コンシーラーの正しい使い方|気になるシミ・そばかす・クマ・ニキビ跡を隠したい!上手に塗るコツや悩み別の色選びを紹介

肌の色ムラは、メイクをする上でとても気になりますね。肌色より濃いシミやそばかす、クマなどは、ファンデーションだけでカバーしきれいことがあります。そんな時に役に立つのがコンシーラー。しっかり色ムラを隠して、綺麗な均一の肌に仕上げるために必須アイテムです。初めての人にも詳しく紹介していきます。

コンシーラーの正しい使い方とは?

コンシーラー持ってますか?いろんな種類や色があって、買いに行ったものの、なかなか決められなかったりしますよね。でもこのコンシーラー、肌をきれいに見せてくれる最強アイテムなんです。コンシーラーの種類に合わせた使い方や、オススメ優秀コスメをまとめて紹介します。

コンシーラーって何?

どんなメイクをしている人でも「きれい!」って思う人の共通点ってありますよね。紙に描く絵と同じで、なめらかに整った肌色の上に置くと、色がすっきりと浮き上がって見えます。これがメイク映えするということです。

肌の滑らかさももちろんですが、肌の色が均一だととても肌はきれいに見えます。こんなときにぜひ使いこなしたいのがコンシーラー。「買ってみたけど、なんだか使い方がわからない」という人も、コンシーラーの使い方のポイントをおさえることで、肌の美しさが格段にアップしますよ。

コンシーラーは部分用ファンデーション

コンシーラーは<CONCEAL=隠す、見えないようにする>の派生語で、その名前のとおり肌の上にある気になるものを隠す化粧品がコンシーラーと呼ばれています。もともとは、やけど跡や傷跡を隠す目的で作られたもので、それによって使った人の心が軽く明るくなってほしいという思いで生まれたものでした。

たとえば、シミやニキビ、クマなどちょっとここだけ何とかしたい!というところに、ポイント的に使うことができるのでとっても便利。ファンデーションは、できれば厚塗りにしたくないので、コンシーラーを上手く使うと、厚塗りにならない美しいベースメイクを仕上げることができるのです。

コンシーラーの種類

コンシーラーといっても、いろんなタイプがあります。固形のもの、液状のもの2タイプに大きく分かれますが、初めて使うときは、硬めのクリームタイプやスティックタイプが、なじませやすくて使いやすいでしょう。使う部分や隠したいトラブルの場所によっても、相性のよいものがかわってきます。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのコンシーラーは、少し珍しいですがシミや小さめのニキビ痕、口角などのくすみといった細かい部分に使いやすいタイプです。

質感が硬めのものが多いため、伸びにくいですがその分1度つけると動きづらいのでヨレづらく、上からパウダーファンデーションやフェイスパウダーなどを重ねても薄くならず、しっかりとカバーしてくれます。こうした効果から、特にリップラインのようなヨレやすい部分には最適と言えるでしょう。珍しいですが、RMKのように繰り出し式は便利で使いやすいです。

by カエレバ

スティックタイプ

使用できる部位が多く、オールマイティーなタイプがこのスティックタイプのコンシーラーです。初めてコンシーラーを使う方にもその使いやすさからとてもオススメです。

使い方はとても簡単で、気になるところに直接塗って指やスポンジでトントンしてなじませます。スティックタイプに限らず、固形のものは全てカバー力が高いのですが伸びが悪いため、よく伸ばしてなじませないとヨレや崩れ、厚塗り感が出てしまう恐れがあります。

プチプラながらも、優秀な商品の多いキャンメイクの「キャンメイクカラースティック」は、コスメサイトでも何度も取り上げられている有能コンシーラー。色選びが重要なコンシーラーですが意外と色数が少ないメーカーが多いところ、こちらは色数も豊富で、きっと自分に合う色が見つかるはずです。

by カエレバ

同じくカバー力のあるファンデーションで定評のある、カバーマークもスティックタイプ。ファンデーションの名前の通り、硬めのファンデーションという感じで顔全体にも使えます。しっとりしていて乾燥肌の人にもおすすめ。

こちらもコスメサイトで賞をとっている商品で、ブルーベースカラーとイエローベースカラーがあります。シミ、クマ、ニキビの赤みなどオールマイティに使えます。

by カエレバ

クリームタイプ

クリームタイプのコンシーラーは固めのファンデーションのような質感です。コンシーラーブラシでとってカバーしたい場所に置き、スポンジや指でなじませて使います。様々な色を混ぜてより自分の用途にあった使い方ができます。悩みの部位のカバーだけでなく、ハイライトやシェーディングにも使えます。ただ、使う際にテクニックがいるのでよりプロ仕様のタイプと言えます。

「シティカラーコントローラーエフェクト」は、海外でも人気の商品。輪郭まで変わってみえると評判です。ファンデーション前に肌に乗せることで、肌の色をコントロールしたり立体感を出すことができます。