激しい運動や辛い食事制限もいらない!?お風呂ダイエットの効果を紹介

つらいダイエットに失敗してきた人におすすめ!お風呂ダイエットは激しい運動も辛い食事制限もいらないんです!5つの効果と3つの入浴法を知ってダイエットを成功させましょう!痩せたい箇所別のダイエット法や行う際の注意点も紹介しますので参考にしてくださいね!

効率的に痩せる!お風呂ダイエット

痩せたいのにいつもダイエットに失敗しちゃう…。そんな女性におすすめのダイエット法が、「お風呂ダイエット」です。運動や食事制限でのダイエットに失敗した人でも、お風呂ダイエットは自宅で簡単に行うことができます。普段入っているお風呂を使ってリラックスしながら気軽にできるので、ジムに通う手間やお金を節約できるのもうれしいですね。

お風呂ダイエットにはいろいろな方法があるので、自分がやりやすい方法で続けることができます。ダイエットというと辛いイメージがありますが、お風呂ダイエットは我慢したり、苦しい思いをしなくていいので、楽しみながらきれいになれますよ。

お風呂でのダイエットは体を温めながら行うので、美容にも良く、健康的に痩せられることから女性のダイエットにはぴったりです。お風呂ダイエットの効果や痩せたい箇所に効くダイエット法、お風呂ダイエットグッズや行う際の注意点を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

お風呂ダイエット5つの効果

1.美容効果

最近ではシャワーだけで済ましてしまう人も多くなっていますが、湯船に浸かることは健康だけでなく、美容にも大きく関わってきます。習慣的にお風呂に入っている人と、シャワーで済ましている人では、見た目だけでなく老化のスピードも違ってくるそうです。美肌やアンチエイジング効果のあるお風呂は、手軽にできるエステと考えてもいいのではないでしょうか。

お風呂を有効的に使ったお風呂ダイエットでは、さらに肌をきれいにする効果があります。体が温めることで毛穴が開き、汗と一緒に毛穴の奥に詰まった皮脂や老廃物、汚れが排出されます。肌がワントーン明るくなったり、ツルツルの肌触りが良くなったと実感する人もいますよ。

ただし、お風呂から上がった後には肌が乾燥しやすくなるため、お風呂ダイエットの後には、しっかりとクリームなどで保湿をするようにしましょう。特に乾燥肌の人は、肌荒れなどが起こりやすいので気をつけたいですね。

2.血流改善効果

お風呂に入って体を温めることで、血流改善の効果もあります。体が冷えていると血管を収縮し、血液の流れが悪くなります。温めることで血管が広がり、血液の流れが良くなるので、冷え性の人はお風呂に入ると症状が改善するでしょう。

お風呂で運動行うお風呂ダイエットでは、筋肉をほぐす効果もあるので、さらに血行が良くなります。筋肉は温まった状態だとストレッチ効果が高まるので、普段の運動よりも効果を感じやすいでしょう。

全身の血行を良くすることで、効率的に老廃物が排出されるようになるので、むくみ解消にもつながります。立ち仕事や、デスクワークの人など、むくみに悩んでいる人には効果的なダイエットですね。むくみを解消するだけで、見た目にも変化を感じるようになりますし、血流を改善することで痩せやすい体を作ることもできるでしょう。

3.代謝促進効果

ダイエットをするときには、基礎代謝を上げることが重要になります。基礎代謝を上げると消費エネルギーが増えるので、その分ダイエット効果も高くなります。運動すると筋肉量が増えることで基礎代謝も増えますが、より手軽に基礎代謝を上げたい時には、体温を上げるのがおすすめです。体を温めて血行を良くすることで、基礎代謝が高くなり、太りにくい体質に変化していきますよ。

基礎代謝を上げることは美容への効果も期待できます。全身の細胞に酸素や栄養素が運ばれて新陳代謝も活発になるため、細胞が若々しくなり、顔や髪にハリやツヤが出てくるでしょう。

細胞が若返ることで内臓の働きも良くなり、内臓脂肪も燃焼されやすくなります。内臓に脂肪がついているとコレステロール値が高くなったり、さまざまな病気を引き起こすことがあるので、健康を維持するためにもお風呂ダイエットを試してみましょう。

4.リラックス効果

お風呂に入ると体の疲れをとるだけでなく、リラックス効果を感じることができます。体を温めることで副交感神経が優位になるため、心身ともにリラックスした状態になり、疲れを癒していきます。日頃の疲れを感じている人は、ストレス解消にも役立つお風呂ダイエットは効果的です。

リラックスするお湯の温度は37〜39度が最適だといわれていて、42度以上になると交感神経が活発になるため、リラックス効果が薄れてしまうので注意しましょう。

また、お風呂に入ると浮力によって体重が10分の1に感じるようになります。体の負担も10分の1になるので、太ももやお尻など筋肉の緊張も和らぎ、リラックスすることができます。お風呂の中で運動をすると、外で行う運動よりも楽に体を動かすことができるので、ストレスを感じずにダイエットができるでしょう。

5.腰痛&肩こり改善

肩こりは血液の循環が悪くなることで起こります。また、腰痛は長時間座りっぱなしでいるなど、筋肉が疲労して起こるものや、年齢によって脊髄が変化することによって起こるものがあります。

肩こりや腰痛を改善するには、筋肉を和らげて血流を良くすることが大切です。お風呂ダイエットでは、体を温めながら、筋肉をほぐす効果があるので、痩せるだけでなく腰痛や肩こり解消にもなります。

肩こりや腰痛に悩まされている人は、ダイエットで運動をしようと思っても、思ったように体を動かせなかったり、激しい運動をすると症状を悪化させてしまう危険もあります。お風呂では浮力によって体への負担も軽くなり、ストレッチ効果によって症状を改善することができるのでおすすめです。

運動後のお風呂ダイエットは効果的?

運動直後はNG

ダイエットの効果を上げるには、運動とお風呂ダイエットを組み合わせる方法もあります。しかし、運動を組み合わせるには、注意しなければいけない点があります。それは、運動してからすぐにお風呂に入ってはいけないということです。

運動をした後は、脂肪燃焼効果が高まっていますが、すぐにお風呂に入って体を温めてしまうと、脂肪燃焼効果が減少してしまいます。せっかく脂肪が燃焼しようとしているのを邪魔してしまうので気をつけましょう。

また、運動後は筋肉などに炎症が起こっている状態です。お風呂に入って体を温めてしまうと、炎症の治りが遅らせてしまうことになります。特にランニングなど激しい運動をした後には、筋肉に疲労が溜まっているので、お風呂に入ると全身に血液が回ってしまい、筋肉の疲労回復が遅れてしまうので注意したいですね。

効果を高めるにはタイミングが大事!

運動後にお風呂に入るには、運動してから30分以上経ってから入るようにしましょう。タイミングを間違えなければ、ダイエット効果を高めることができます。お風呂ダイエットを組み合わせることで、新陳代謝が活発になり、血液の循環が良くなります。内臓や筋肉へ必要な酸素と栄養分が運ばれていき、デトックス効果も高くなるでしょう。

しかし、運動した後にはすぐに汗を流したいという人もいるでしょう。38度程度のシャワーを浴びるのは問題はないので、運動後に体を洗ってスッキリした後に、タイミングを見て湯船に浸かるといいですね。

お風呂ダイエット・3つの入浴法

1.半身浴

半身浴は時間をかけてゆっくりと汗をかくことから、デトックス作用が高くなり、むくみ解消や痩せやすい体を作る効果があります。下半身だけお湯に浸かるスタイルなので、心臓や肺に負担が少ないのも特徴です。消費カロリーは1時間に100kcal程度と少ないため、長期的なダイエットとして行いましょう。

半身浴のやり方は、37〜40℃のぬるま湯にみぞおちの辺りまで浸かるようにします。半身浴は20分以上浸かることで効果が出てくるので、音楽を聴いたり、本を読みながらリラックスして過ごしましょう。半身浴は肩が冷えてくることもあるので、時々お湯をかけるようにしたり、タオルをかけておくと冷えにくくなります。

湯船に浸かる前に、43℃程度のお湯で手足を5分〜10分程度温めると、汗腺を刺激して汗をかきやすくなりますよ。

2.高温反復浴