キレイはカラダの内側から。頼れる美容素材「酢酸菌酵素」とは?

マヨネーズ、ドレッシングでおなじみ“お酢のプロ”であるキユーピーがいま注目している「酢酸菌酵素」。実は調味料のためではなく、美容と健康のために研究が進められているという、この酢酸菌酵素のヒミツに迫ります!

キユーピーの研究で注目!酢酸菌酵素とは?

マヨネーズやドレッシングでおなじみのキユーピー。
これらの調味料の原料として、味に大きく影響するのが“お酢”です。そのためにキユーピーグループでは、長年お酢の研究が続けられています。

その研究において、今注目されているのが「酢酸菌酵素(さくさんきんこうそ)」。

どうやらお酢には、調味料を美味しくするだけではないヒミツがあるようです。
体の中から美しくなるために重要だというそのヒミツ、一体、どんなものなのでしょうか。

酢酸菌酵素ってどんなもの?

お酢はなぜ酸っぱくなるか、ご存じでしょうか?
糖やアルコールに酢酸菌を加えると、酢酸菌がアルコールを変換して、あの酸味や風味の元になる酢酸を生み出します。

キユーピーグループの研究所には多くの種類の酢酸菌があり、研究を進める中で着目したのが、酢酸菌が持つ「酢酸菌酵素」です。

「酢酸菌酵素」は2つで1組になっています。
まず“1号(アルコール脱水素酵素)”がアルコールを変換してアルデヒドを生成。次に“2号(アルデヒド脱水素酵素)”がアルデヒドを変換し、酢酸を作り出すのです。