チッパイと悩んでる女性に吉報?マッサージとキャベツでバストアップ

キャベツを摂取することで、胸が大きくなるという話が真実か嘘かと世間は大いに盛り上がりました。実際にバストアップしたという人もいれば、全然変わりがなかったという人もいます。その差は一体なんなのでしょう。どうすればキャベツで胸が大きくなるのでしょうか。

キャベツで胸が大きくなるのは本当?

キャベツを食べると胸が大きくなるとは、以前とあるタレントさんが言った言葉です。そこから一気に広がり、多くの女性がキャベツを食べたのです。しかし結果はバストアップに成功した人と、変化が出なかった人に大きく分かれました。なぜこのような差が出たのでしょう?キャベツは本当に胸を大きくしてくれるのでしょうか。

なぜキャベツで胸が大きくなるのでしょう

キャベツを食べて胸が大きくなるのなら、こんなに手軽でコストもかからない豊胸方法はほかには見つからないでしょう。しかしどうして「キャベツ」なのでしょう?キャベツの何が豊胸に関係しているのでしょうか。まずはキャベツと豊胸の関係性を見ていきましょう。

キャベツには「ボロン」がある

調べてみると胸が大きくなるという主な要因はキャベツに含まれている「ボロン」という成分のようです。聞き慣れない栄養素ですが、このボロンというものは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの働きを良くするもののようです。

エストロゲンは月経をおこし、妊娠しやすくする、乳房の発達やコラーゲンの生成などを司るいわば、女性らしい体をつくりあげるものです。キャベツを食べると、このエストロゲンが活発になって胸にある乳腺という組織を刺激し、結果胸が大きくなっているようなのです。

生で食べればボロンは壊れない

「ボロン」が女性ホルモンを活発にさせ乳腺を刺激してくれるというのであれば、なぜ、キャベツを食べてもバストアッップできなかったという人がいるのでしょうか。実はこのボロンは熱に弱い栄養素なのです。つまり加熱調理したものはいくら食べてもあまり意味がないのです。