豆乳バストアップ!すぐに始められる効果的な飲み方とおすすめレシピはコレ!

豆乳バストアップは本当に可能なのか?豆乳には大豆イソフラボンやタンパク質などバストアップに大切な栄養素が豊富ですが、これを上手に活かすにはちょっとしたコツがあります。豆乳を飲むタイミングや量などバストアップ効果を上げる方法を、豆乳おすすめアレンジレシピとともに説明します。

豆乳でバストアップはできるのか?

お豆でできている豆乳は、体に良いことがたくさんありますね。この豆乳がバストアップにも効果的というのは本当でしょうか?答えのカギは豆乳の取り入れ方にあります。豆乳を飲んでいる方もこれから飲もうと思っている方も、ますはご一読ください。

豆乳の優秀な成分を効果的に摂取できればバストアップが目指せます

バストアップに有効な成分はたくさんありますが、それを体に取り入れることが出来ないとなかなか思うような効果は得られません。豆乳を飲むのにも、効果的に摂取できる時間帯や適切な量があります。

豆乳バストアップ、あなたの飲み方は大丈夫?豆乳の健康、ダイエット、さらにバストアップに効果的な成分を理解して、バストアップを目指しましょう!

身体に優しい豆乳の3つの効果

ふっくらとしたバストを目指して毎朝の豆乳は欠かせない、と言う人も多いですね。バストアップ食材として有名な大豆で作られた豆乳にはどんな効果があるのでしょう。身体に優しい豆乳の効果を「バストアップ効果」「ダイエット効果」「健康効果」の3つの角度からご紹介します。

バストアップ効果・女性に嬉しい栄養素イソフラボン、たんぱくが豊富

豆乳は、バストアッパーであれば毎日飲みたい一品です。大豆を原料とする豆乳には、豊富な栄養素が含まれていて、その中でも特にバストアップに効果的な成分は、大豆イソフラボン、大豆たんぱくです。

■大豆イソフラボン
胸は90%の脂肪と10%の乳腺で出来ているのをご存じですか?この胸の女性らしい柔かなラインを作るのは女性ホルモンですが、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、その女性ホルモンに似た働きをします。乳腺の増殖をうながして、バストアップに効果があります。

■大豆たんぱく
たんぱく質もとても重要です。学校でも体を作る成分として、家庭科の教科書に出てきましたね。豆乳には良質な植物性のたんぱく質が多く含まれています。

バストのもととなるたんぱく質と、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンで、バストアップをうながすのです。
ダイエット効果・脂肪に働きかけたり、便秘解消をうながす
ダイエットは食事を制限することに意識がいきがちですね。いかにカロリーを減らして体重を落とすかを考えますが、豆乳はこのダイエット時には積極的に取り入れたい飲み物です。豆乳のダイエットに関わる成分の働きを簡単に紹介します。

■レシチン
「脂質の代謝をうながす」

■サポニン
「脂肪の吸収をおさえる」「脂肪の蓄積をおさえる」

■食物繊維
「便の量を増やす」「便を軟らかくして排便を促す」「胃の中で水分を吸ってふくらみ満腹感を与え食欲をおさえる」

■オリゴ糖
「善玉菌を増やして腸内環境を良くする」

脂質の燃焼や脂肪の吸収、蓄積を抑えたり、便秘解消をうながし、腸内環境を整えたりすることでダイエットに効果があります。

健康効果・悪玉コレステロールを減らして血液サラサラ

毎日たくさんの食材を取り入れたバランスの良い食事で、適度の運動をし、十分な休息が取れ、なおかつストレスのない生活、ができたら生活習慣病の心配もあまりしなくて済みます。しかし、現実は難しいですね。

忙しい毎日の中で、ストレスにさらされる現代人には、生活習慣病は切り離せない重要な問題です。このリスクを減らすのに豆乳がお役に立ちます。

豆乳に含まれるレシチンという成分が、血中の悪玉コレステロールを減らしてくれます。脳の活性化や血液サラサラ効果も期待できるので、動脈硬化、脳梗塞などの生活習慣病予防にとても有効です。