たった10分の体操でバストアップ?簡単にできる方法で美乳美人に♡

10代の頃のようなピンと上を向いた形の良いバストにもう一度戻りたい!と思う女性は多いのではないでしょうか。昔より小さく垂れ下がったバストを見ると悲しくなりますが、大丈夫です。垂れたバストでも、ちゃんとケアしてあげれば、バストアップは可能なのです。ここでは、バストアップ体操をご紹介します。

バストアップ体操はなぜバストアップに効果的なの?

バストはクーパー靭帯によって支えられています。クーパー靭帯は、運動や過度のマッサージで簡単に伸びてしまいます。そこで、胸の筋肉を鍛えることが大切になってきます。胸の筋肉を鍛えると、クーパー靭帯が伸びにくくなり、バストの下垂を防止するだけでなく、バストを下から持ち上げて胸を大きくすることができるのです。

また、女性はいつもブラジャーで胸を締め付ける習慣があります。そのため、血液やリンパの循環が滞りがちになります。そこで、おっぱい体操などで、胸周りのコリをほぐし、血液やリンパの流れをよくしてやると、乳房に栄養が行きわたり、張りのあるふわふわのおっぱいが出来上がるのです。

最近では色々なバストアップ体操が紹介されています。その中でも効果が高いと思われる体操をご紹介していきます。

バストアップ体操にはどんな効果があるの?

バストアップ体操には、様々な効果が期待されています。実際にどのような効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

バストアップ

バストアップ体操の一番の効果は、バストサイズが上がることです。

授乳をすると、授乳期間中はおっぱいがとても大きくなり、授乳が終わると、大きかった胸が嘘のようにしぼんで小さくなります。その上、赤ちゃんのお世話で忙しく、胸の筋肉を鍛えるなんていう時間は取れません。放っておくと、どんどんおっぱいは下垂してしまいます。

小さくしぼんでしまった胸でも、バストアップ体操により、大胸筋や小胸筋を鍛えることで乳房全体が引きあがり、形が良くなります。そして、血流やリンパの流れが改善されること、乳房の細胞に栄養が行きわたり、張りのあるバストになってきます。

冷え性・肩こりの解消

バストアップ体操をすると、血行が良くなり、リンパの流れも改善されます。血行が良くなると冷え性や肩こりが改善されます。冷え性で悩む人にとっては、とてもうれしい効果ですね。

生理痛の緩和

生理痛の原因には、ストレス、偏った食事、不規則な生活習慣など様々です。これらの要因は、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、身体の冷えなどに繋がります。身体の冷えは血液の循環を悪くし、生理痛を悪化させてしまいます。また、ストレスなどによりホルモンバランスや自律神経が乱れると、体温調節ができなくなったり、生理周期の乱れなどを引き起こします。

バストアップ体操は血行を良くするので、身体の冷えが解消されるため、生理痛を緩和すると考えられます。また、乳腺を刺激することで女性ホルモンの分泌が高まる上に、ホルモンバランスが整うことで、生理周期も整うようになります。