サチャインチオイルとギー、今話題のオイルを上手に摂取して10才若返ろう!

健康的な体を作るためには糖のコントロールが大切です。この糖のコントロールを手助けしてくれるのが今話題のオイルです。こちらでは糖と油の正しい摂り方を説明します。間違った摂り方をしてしまうとあなたの体に予期せぬ影響を及ぼす可能性もあります。正しく理解し体年齢を10才若返らせましょう!

糖の種類

糖と一言で言っても種類はたくさんあります。砂糖、果糖、炭水化物です。これらの糖を間違った摂り方をすると老化の原因でもある糖化を引き起こします。

糖化って何?

糖化とは摂取し過ぎた糖分が体内で行く場所を無くし、タンパク質と結合することを指します。この過程で出来上がる物質をAGEと呼びます。

AGEが多くなるとどうなるの?

AGEが体内で増えると、ありとあらゆる病気の原因を作ります。代表的な例は骨に蓄積して引き起こる、骨粗しょう症、また血管を傷つけて引き起こる、動脈硬化です。

糖化させないために気をつけること

血糖値を上げないよう心がけましょう

現在では当たり前となった食事の前に野菜を食べる、というのは有名ですね。単独でサラダを食べるのが苦手という人は、効果は若干下がりますが、炭水化物と一緒に野菜を食べるだけでも効果があります。

血糖値を上げない食べ方

サラダを先に食べること以外でも血糖値の上昇を緩やかにする方法があります。一例として、うどんを食べるときは温泉卵と一緒に、またサラダをうどんの中に入れてサラダうどんにして食べるだけでも効果があります。日本人の主食のご飯も、単独で食べるだけではなく、意外ですが牛丼にして食べることにより血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

血糖値を上げない食材

糖化を予防する食材で代表的なのは、サニーレタス、春菊、ゴボウなどの野菜となります。普段の飲み物を、ドクダミ茶、柿の葉茶、ルイボスティーなどに変えることでも糖化を予防できます。また、料理にカルダモン、ローズマリーなどの香辛料を入れると効果もあります。

水溶性食物繊維と言う、ネバネバ食材も糖化には効果的です。代表的な食材は、オクラ、納豆、もずくとなります。また、酢も糖化には効果を発揮します。

糖化、糖化と考えると、全ての果物がNGのように聞こえますが、果物には大切なビタミンが含まれます。もちろん摂取はした方が良いので、出来る限り小さく、皮のまま食べれるものを選ぶようにしましょう。例としては、トマトではなく、プチトマト。みかんではなく、キンカンです。