本を食べてるのはシミという虫だった!思い出の本をシミ虫から守ろう

どの家庭でも一度はゴキブリの出現やダニ対策に頭を悩ます機会があると思います。近年ではその他にも不快昆虫と呼ばれる「シミ」という虫に悩まされる方も多いそうです。我が家にそんな虫は出たことないから大丈夫と思っている貴方、シミは紙やお米のある家を狙って隙間から簡単に侵入します。家に虫の侵入を許したくない人は是非この記事を読んでください。

シミなど虫の害を減らしたいなら秋がベスト

一年のうちでも秋の内に防虫対策をしておくと、ダニなどの害虫の繁殖を防ぐのに最適の季節と言われています。実際のピークは夏の高温かつ湿気の多い時期ですが、そのピークの時に害虫は産卵をする事が多い為です。

そして秋半ばになるとその卵が孵化して、もうワンシーズン害虫と暮らすことになってしまうのだそうです。そういった大惨事を防ぐ為に秋の防虫対策をしておく必要があります。

このようにシミやダニなど他の虫の防虫対策をするのは秋がおすすめですが、一匹でも見かけた場合はすぐに駆除と防虫に取り掛かりましょう。

紙魚の持つ特徴や意外な寿命とは

では、ダニやゴキブリなどと同じく不快昆虫として名高いシミ(紙魚)とはどんな虫か特徴をいくつかご紹介していきたいと思います。

なんでもこの紙魚とやらは比較的寿命が長く7〜8年も生きると言われていますから、1匹見かけただけでもすぐに駆除しないと大量発生することも珍しくないようです。

対策を立てる為にも紙魚の習性や出やすい場所を調べていきましょう。

シミという虫は画像のように本をダメにする

紙魚には銀色の体色をしたものの画像が多く出てきますが、恐ろしいことにその銀色は「鱗粉」なのだそうです。

鱗粉がはげた紙魚の体色や幼虫時はまた色が異なるようですが、家のいたるところにその鱗粉を撒き散らしていると考えただけでも背筋がゾワッとしますね。

また、人に害はないと言われていても、画像のように紙を食べるため本をダメにしてしまいます。私からしたらその理由だけでも十分に害はあると思いますので、しっかり対策していきたいと思う理由の一つです。

シミは成長過程で色が違う場合もある

ちなみに鱗粉がはげた紙魚は黒っぽい色をしており、幼虫の場合は成虫と同じ形をしていても半透明をしている場合があるようです。

その為、パッと見は紙魚ではないように見えても、これからご紹介する特徴に当てはまったら紙魚の可能性が高いのですぐに対策を立てることをおすすめします。

他に紙魚の持つ外見の特徴はフナムシのように脚がいくつも生えていて、動きが素早いという点だそうです。個人的にはゲジゲジをとっても小さくしたようなイメージも近いと思います。

シミが隙間から入り込める理由

紙魚の大きさは成虫でも1cmほどしかなく、平均的に体長4~11mmほどとそう大きくはありません。しかし、脚がたくさん生えた虫が大量に出てきたらと思うとやっぱり不快指数は計り知れないレベルです。

また、厄介なことに紙魚は1cmもない大きさの為、小さな隙間でも簡単に家の中に侵入できるのです。

害虫対策に気を使う必要があると言われている集合住宅でなくとも、一軒家にも紙魚が侵入する可能性は十分にあります。

シミは他の虫のように飛ぶか?

虫の中でも、羽があって飛ぶ虫が特に苦手という方も多いですよね。殺虫剤などを使って失敗すると、逆にこちらに飛んできた経験をした方なら気持ちが解ると思います。

そこで紙魚も飛ぶのかについてですが、その点は安心してください。ゲジゲジやフナムシのように紙魚も飛ぶ羽は持っていないので、上記のような思いをすることはなさそうです。

シミが活動する時間帯は主に夜間

ちなみに紙魚は夜行性なのか、夜に出てくると言われています。その為、夜半に仕事から帰ってきたら紙魚がお出迎えという恐ろしいケースもあるようです。

昼間など日中は日陰に隠れている為、目にすることはあまりないと言われていますが例えそうだとしても不快なことには変わりありません。

シミが嫌がられる理由はその脚にある

シミは沢山生えている脚が気持ち悪いという理由で嫌がられることもそうですが、その脚を使って素早く走ることも嫌がられています。

ゴキブリもあの瞬発力が嫌がられる理由の一つなので、気持ちが解るという女性も多いのではないでしょうか?

飛ばない点は安心出来ても、こちらにすごい速さで向かってくる可能性を考えるとシミも油断ならない虫ですね。

シミも他の虫のように卵をたくさん産む

紙魚は一回の産卵でおよそ百個もの卵を産むと言われていますから、環境が好条件であれば簡単に増えていくと言われています。
また、孵化のペースも早いもので10日ほどで孵ることもあるようです。