老人性色素斑は治療できる!原因の8割が紫外線?費用は?イボや肝斑は?

年齢とともに、ちょっと気になりだしたシミ。これって老人性色素斑てやつ?と思っている人に、老人性色素斑とはどのようなもので、どういった治療法があるのかを紹介します。

老人性色素斑はただのシミとは違うの?

シミには色々な種類がありますが、老人性色素斑は、紫外線が主な原因で出来るシミのことです。「日光黒子」とも呼ばれます。海水浴のあとに背中に出来るものは、「光線性花弁状皮膚炎」と呼ぶこともあります。

40代以降でだんだん増えてきて、60歳以上になるとほとんどの人に出るといってもいいシミですが、若ければ出来ないかというと、そうではありません。20代でも発症することがあります。

女性が一番気になるシミの種類といっていいでしょう。褐色のシミですが、形も濃淡も様々で、自然消滅することはあまりありません。

[blogcard url=”http://mitakabiyou.com/senile-pigment-freckle/”] [/blogcard] [blogcard url=”http://www.simi-biyo.com/#main01_1_1″] [/blogcard]

老人性色素斑が出来る原因とは?

老人性色素斑とは何ともイヤな名前ですが、紫外線を浴びるとなぜシミになってしまうのでしょうか。その理由を説明します。

メラニンがたくさん作られるから

老人性色素斑は、紫外線を浴びたところに出来るシミです。紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとして色素細胞であるメラニン細胞が活性化し、メラニン色素が大量に発生します。

このメラニンを取り除かずに放置すると、色素が沈着してシミになるのです。つまり、今出来ている老人性色素斑は、5年~20年前に浴びた紫外線による影響だということです。

[blogcard url=”http://www.yamate-clinic.com/simi1.html”] [/blogcard]

「光老化」による細胞の老化

紫外線はメラニン色素を発生させるだけでなく、表皮、真皮と肌全体に影響を及ぼします。老化現象自体は、自然なもので防ぐことは出来ませんが、紫外線を浴びることで老化が進行してしまうのです。

肌がごわごわして、表皮の厚さも均一でなくなります。そうすると肌のターンオーバーにも影響しますから、新陳代謝が落ちればシミも出来やすくなるということです。

紫外線の恐ろしいところは、すぐに変化が出るわけではないという点です。紫外線を浴びる部分の老化原因の8割は、光老化にあると言われるほど、紫外線は肌にとって悪影響を及ぼすものなのです。