“日焼けあと”はどうやって消すの?知っておきたいシミ対策・素肌ケア

紫外線予防を怠って外に出たから日焼けあとが残ってしまった、という経験はないでしょうか?太陽の直射日光を浴びれば、しっかり紫外線予防していても日焼けあとは残る可能性があるので、大事なのはそのあとのアフターケアなのです。そんな日焼けあとのケアやシミ・そばかすを消す方法をまとめてみました。

日焼けあとのケアについて

夏場など太陽の日差しが強い時に外出をしてしまうと日焼けあとが残ってしまうことありますよね。外出の時にしっかり日焼け止めをしたはずなのについてしまうのもよくあることです。そんな時にどうすればいいかというと、肌を守るために大切なのは、そのあとのアフターケアなのです。

時間が経ってしまえば、肌というのは色が落ち着いてくるので、すぐにケアをしてあげるのが、重要なのです。保湿や身体の中から水分を補給したり、出来ることはしっかりやりましょう。そうすれば、肌も日焼けする前のキレイな状態に戻せることでしょう。

体の内側からも美肌&日焼け止め対策

>>> 詳しくはコチラ

日焼けあとは怖くない!当日にすべきこと

冷やす

日焼けはやけどの一種なので、まず第一に冷やすことをおすすめします。冷水に患部を冷やすか、日焼けが全身にあるのであれば、水風呂に入ることもいいでしょう。ただ、日焼けあとを酷くならないようにするために冷やすので、身体自体が冷えすぎないように気を付けましょうね。

また、日焼けあと直後にお風呂に入ると痛く感じることはありませんか?やけどと一緒なので、あまりお湯はおすすめできません。まず患部を冷やしたあとにタオルなどで覆い、可能であれば、保冷剤などで冷やしておくことが効果的であるといわれています。

たっぷり保湿をする

日焼けあとはしっかり保湿しましょう。皮膚が乾燥していることが多いので、しっかり保湿することで、元の状態に戻すことができるのです。しかし、日焼けの症状が酷い時には、めまいがしたり、頭痛を感じることがあるといいます。そんな時にはすぐに病院に向かい対応してもらいましょう。

また症状によって対応も変えた方がいいでしょう。ヒリヒリ痛く、日焼けあとが赤く残ってしまっている時には、軟膏を塗る方がいいでしょう。化粧品などはしみて痛く感じます。痛みを感じない時は、化粧水と乳液をたっぷり使い、保湿をまんべんなく行いましょう。

水を多めに飲む

水を多めに飲むことも日焼けあとのアフターケアとして重要です。皮膚なので、水分は関係ないのでは?と感じる方もいると思いますが、内側からも潤いをもたらすためには、中から水を補給することが有効なんですよね。そうすることで、肌の潤いを取り戻すことが出来ます。

また、水分を多めに飲むことで、新陳代謝を向上させる効果が期待できるので、日焼けをした皮膚を早く治すことが可能になるのです。そして、潤いを与えることは、美肌の効果も得られるので、とても効果的なアフターケアだといえます。

早く寝る

ケアを怠らずしっかりしたあとは、早めに寝ることをおすすめします。日焼けした直後は、肌だけではなく身体全体も疲れています。日焼けをすれば、肌や健康の大敵である活性酸素が多く生み出されているので、その排出のためにも早く寝るのを心掛けましょう。

また早く寝ることは新陳代謝を向上させ、肌のターンオーバーを手助けしてくれます。そうすることで、肌の赤みをすぐになくし、メラニンを排出してくれるので、早めの睡眠は美肌をキープするために必ず意識した方がいいのです。

体の内側からも美肌&日焼け止め対策

>>> 詳しくはコチラ

痛み別日焼けあとのケア方法

我慢できない痛みの場合

日焼けが酷くなると、身体を蝕んでしまうこともあるというから注意が必要です。頭痛やめまいなど、身体に影響を与え始めたら、病院にいくことをおすすめします。また水ぶくれなどの症状も出始めたら、自分で処理せず最寄りの皮膚科に向かいましょう。

自己処理をしてしまうと、余計に悪化したり、症状が長引いてしまう可能性があるので、おかしいと感じた時には、すぐに病院に向かい、処方してもらいましょう。そのあとはお医者さんのいう通りにケアを行えば、元に戻ると思うので、しっかり治していきましょう。