色素沈着に効くクリームの魅力とは?シミを消せる!?おすすめ商品4選!

女性にとって、お肌のシミや黒ずみは天敵!気を付けてはいても、日常生活の中で色素沈着は起こってしまいます。皮膚科やエステに駆け込む前に、まず試してみたいのが色素沈着に効くクリーム。気になる部分に塗るだけで、すでにできたシミや黒ずみなどを消す効果が期待できるんです!

効果抜群!色素沈着に効くクリームを使ってみよう

一度お肌に色素沈着ができてしまうと、改善するのはなかなか難しいもの。でも、肌にできた色素沈着を見るたび、やっぱり落ち込んでしまいますよね。生活改善はもちろん大切ですが、やっぱり何とかしたい!

そんなあなたにオススメしたいのが色素沈着に効くクリーム。色素沈着の予防だけでなく、実際に消すことも可能にしてくれる、まさに特効薬です。それでは、実際にどんなものなのか見ていきましょう。

色素沈着に効くクリームってどんなもの?

色素沈着に効くクリームには、すでに肌に沈着したメラニンに直接働きかけて、色素を還元する力があります。特に、ハイドロキノンが配合されているものは、シミの予防だけでなく、できてしまったシミにを取り除く効果があります。

ハイドロキノンは一部のスキンケアコスメにも配合されるほど、美白にも効果抜群です。また、肌の中でメラニンを作っているメラノサイトという細胞を減少させる作用があることから、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

なぜ色素沈着が起こるの?

色素沈着の原因

そもそも色素沈着ってどうして起こるのでしょうか?同じ年代の人を比べてもお肌の状態って、人それぞれ。特に顔はシミやそばかすが多い人もいれば、きれいなツヤ肌をキープしている人もいますよね。実は、色素沈着は「肌への刺激」が主な原因です。この肌への刺激は、体の部位によって大きく異なっています。

顔の場合は「日焼け」「ニキビ」「虫刺され」「ひっかき傷」、わきの下の場合は「カミソリや毛抜きによるムダ毛処理」、背中の場合は「汗疹」などが肌への刺激に該当します。

肌は何らかの刺激が加わると、メラニン色素を出すことで、刺激をバリアしようとします。このメラニン色素は確かにシミや色素沈着を増やす嫌なイメージがありますが、私たちの体を守ってくれる大切な防衛物質でもあります。肌にメラニン色素を含む表皮細胞を作り、バリアゾーンを作る働きをしてくれているのです。

基本的に、肌に何らかの刺激を受けたとしても、新陳代謝によって細胞が生まれ変わるので、元の肌に戻ることができます。しかし、メラニン色素が多く作られてしまうと、肌がきちんと生まれ変わることができないため、色素が残ってしまうことになります。これが、色素沈着やシミ、黒ずみの正体です。

色素沈着の種類

色素沈着といっても種類はさまざま。日常生活の中で自然にできるもあれば、日焼けや加齢が原因のものまであります。適切な処置をするためにも、自分のお肌にできた色素沈着の種類を知っておくとよいでしょう。

1. 肝斑(かんぱん)
褐色のシミで額や頬、目や口の周りに左右対称になってできます。女性は特にホルモンバランスの乱れが原因になると考えられます。肝斑は紫外線に反応して出てくるので、普段から紫外線を避けるように気を付けましょう。