『牛すじ』は栄養満点だった!食べるだけでプルプル美肌を手に入れよう♪

健康スープとして良く知られているものに、牛すじがありますよね。牛すじはお肉屋さんで格安で手に入れられる食材ですが、その健康・美容効果には目を見張るものがあります。特に赤身肉のついていない「アキレス」という部位は美容にオススメの部位なんです。その理由は?美容の為にどんな調理法やレシピがあるの?その全てにお答えしましょう。

牛すじの栄養分とは?美容・健康スープの秘密が明らかに!

牛すじって見た目からしてお肉!という感じではないので、あんな筋の部分に栄養なんて含まれているの?と疑問に思ってしまいますよね。

ところが牛すじにはお肉なら豊富に含まれている栄養素タンパク質は勿論、ビタミンならビタミンB12、ビタミンKを豊富に含んでいるのです。ビタミンKといえば納豆に多く含まれていることが良く知られています。

また、美容成分として最も効果が高いと言われているのはなんといってもコラーゲンでしょう。コラーゲンはお肉の、皮、筋、骨、腱などに含まれている成分です。

鶏肉だと骨付き肉の骨や、鶏皮などが良く知られていますよね。牛すじにはコラーゲンと並んでコンドロイチンも豊富に含まれています。コンドロイチンは主に軟骨のクッションとなる成分となります。

牛すじって名前からして硬そう…。本当の所は一体?

そもそも、牛すじって牛肉のどの部位のお肉かわかりますか?すじ、というくらいですから手足の筋肉の側についている腱を想像しますよね…。

そうなんです!牛すじとは牛のアキレス腱の部分、または腱の付いたお肉のことを指します。お肉屋さんでは、横隔膜の一部もアキレス腱と肉質が似ていることから、牛すじとして扱っているお店もあります。

アキレス腱の部分を使うアキレスと呼ばれる部位は、見た目は真っ白で筒状になっています。
その色から見るととても脂が多そうに見えますが逆で、アキレスにはほとんど脂肪分が含まれていません。とても高価で貴重な部位なので、お肉屋さんで日常的に手に入れるのは困難です。注文して取り寄せてもらう方法が一般的です。

お肉屋さんで「牛すじ肉」として売られているものは、加工で各部位を切り分ける時に、肉についている余分なすじを取り除いたものを牛すじ、と呼んでいます。

このすじには赤身の肉や処理されていない脂身も多くついています。その為お肉屋さんには日常的に売られていて格安で手に入りやすいすじです。一般的に硬いイメージがありますが、しっかり煮込んで調理すればとろとろの柔らかい食感となるんです。

横隔膜の部分は膜状にはがしたもので白い板状になっています。一般的にはハラミと言われているので、厳密にはすじとはいい難いのですが、コンビニなどではおでんのすじとして使われる部分です。

お肉の中でも牛肉、特に赤身のお肉は脂肪燃焼効果の高いL・カルニチン、チロシンという成分が豊富に含まれているんです。

●L・カルニチン 体の基礎代謝を上げながら、自然に脂肪燃焼を促す効果。
●チロシン  ダイエット中に甘い物に対する欲求を抑えてくれる効果。

この2大効果がある事で、牛肉はダイエットに効果的と言われる所以なんですね。牛肉の中でも特に赤身の部分にこの成分が多いと言われていますが、牛すじの場合も勿論牛肉なので、その効果は十分に期待できるでしょう。

牛すじを食べるだけでピンピンに?その健康効果は…

牛すじに含まれる主要な栄養素にビタミンB12とビタミンKがあり、この2種類のビタミンだけでも健康を促すのに大変効果のある事が知られています。特に、ビタミンB12は悪性貧血改善、手足のしびれや神経痛などの緩和、動脈硬化などの生活習慣病の予防、ビタミンKは止血効果、骨粗しょう症予防などに効果的と言われています。

それぞれがどんな風に効果を発揮するのか一つずつ見ていきましょう。

くらくら貧血をしっかり予防してくれる!

ビタミンB12は水溶性ビタミンの一種で、悪性の貧血に効果を発揮すると言われています。ビタミンB12が葉酸と共に血液中のヘモグロビン(酸素を運ぶ役目)を作るのを助けてくれ、悪性貧血の改善に役に立つのです。

ビタミンB12は動物性の食品に多く含まれているので、菜食主義のような植物性のものしか食べない食生活を送っている人などは、十分な量を摂れない恐れがあるので気を付けたいビタミンです。しかし例外として、もやしや納豆などには少量含まれていることが知られています。

神経系の症状に効果を発揮!

年齢を重ねてくると日常的に足腰が痛い、手足が痺れるなどの症状に悩まされることとなりますよね。そんな時にもビタミンB12は速やかに痛みを和らげる効果を発揮してくれるんです。

それはビタミンB12が神経細胞の脂質膜の合成を促す役割をしてくれて、末梢神経の傷の修復なども担ってくれるんです。
なので、神経系の痛みを和らげる薬やサプリにはビタミンB12が配合されていることが多いというわけです。アリナミンなどがその代表ですよね。

脳のビタミンだから脳神経トラウマもやっつけてくれる!

脳細胞というのは、一度壊れてしまうと元に戻すことが出来ないと言われていたのですが、ビタミンB12は脳細胞や脳神経を再び活性化して修正してくれることがわかりました。

その結果、脳神経の病気となる、パニック障害やアルツハイマー、不眠症、自律神経失調症、うつ病、集中力の欠如と言った症状も改善しやすくしてくれるんですね。

これほどまでに様々な脳神経の症状に効果があるからと言って、では大量に摂取したら副作用があるんじゃないの?という不安が出てくると思いますが、重篤な副作用が出ない事はしっかり確認されていますので、安心して摂り入れて欲しいですね。

神経のビタミンがこわ~い生活習慣病をも予防する