ダイエットで3キロ痩せるためのキホン 確実に成果を出すには

ダイエットで成果を出そう思ったときに最初のハードルとなるのが3キロではないでしょうか。即効性を求めるだけのダイエットではなく、きちんとした知識を身に付けてダイエットにのぞみましょう。確実に成果を出すには焦らないこと。ダイエットの基本をまとめてみました。

ダイエットで3キロ痩せるのに必要な期間

ダイエットは多くの方がチャレンジしたことがあることだと思います。1度でも経験したことのある人なら、痩せることの難しさがわかりますね。

あなたは何キロのダイエットが難しいと思いますか?1キロ痩せるのも難しいと思う人がいるかもしれませんし、3キロくらいまでなら簡単だ、と思う人もいるかもしれません。

ダイエットにかかる期間は、当然短い方がいいですよね。目標達成するのが早ければ早いほど、早くダイエットを終えることができるかもしれないからです。
しかし即効性だけを重視したダイエットは、健康を害する危険がある上にリバウンドの危険性があります。ダイエットにも実は理想的なペースというものがあるのです。

ダイエットの目標と言えば、「○キロ痩せる!」というだけの目標を掲げる人が多いですよね。いつまでに、という期間のことはあまり考えない人が多いのです。

しかもその目標は、目標体重と期間をセットで掲げることが大切です。ダイエット後にもその減量スタイルを維持したいのであれば、健康的に痩せることが絶対条件ですからね。

では3キロ痩せるためには、どのくらいの期間で目標を設定するのがいいのでしょうか。
ダイエットの専門家が60日間オンラインでマンツーマン指導
フィンクダイエット家庭教師で一生太らない体質へ

3キロダイエットなら1ヶ月が理想的

ダイエットの目標として、一般的に望ましいと言われているのが1ヶ月に2~3キロを減量させるペースです。それ以上早いペースで痩せてしまうと、リバウンドの心配があるからです。

リバウンドはダイエット失敗の大きな原因のひとつです。ひどい場合だと、ダイエット前の体重を上回るほどのリバウンドをしてしまうこともあります。
リバウンドの大きな理由は、無理をしていることです。早いペースでのダイエットで「身体」に負担がかかってしまった、ということと、「精神的」にも負担がかかってしまうことが原因です。

身体に負担がかかるのは、単純にカロリーが足りなくなってしまうことや、疲れが溜まることからです。ペースの早いダイエットをしようとすると食事を抜いたりすることがあるでしょうが、その結果カロリーが足りず身体に負荷がかかってしまうのです。

精神的にかかる負担とは、我慢です。食事を制限するとなると、満腹まで食べることができなくなってしまいますよね。大好きなオヤツを我慢したり、揚げ物を我慢したりすると、ストレスが溜まってしまうのです。
身体と精神的にかかったストレスは、リバウンドを引き起こす可能性が高いです。
せっかく目標の体重になったとしても、数日で元にもどってしまっては意味がありませんよね。
そのため無理なく、身体にも精神的にも負担が少なく痩せられるのが1ヶ月に3キロ程度なのです。

ダイエットの目標体重の決め方

目安としては1ヶ月に3キロのペースで痩せるのがいいと言われていますが、個々の体重によって無理のない目標体重は変わってくるはずです。
元々体重50キロの人と、体重100キロの人の目標体重が同じなわけないですよね。
ダイエットを始める前の体重によって、ダイエットの方法やペースが変わってくるのは当然のことかもしれません。元々の体重が違えば、身体にかかる負担も変わってくるからです。

基本的には1ヶ月に体重の5パーセント以内の減量にとどめることを意識しましょう。
ペースを早くして減らし過ぎてしまってはいけません。多くの人が3キロ程度になるでしょうが、目安として頭に入れておいてくださいね。

例えば、元々の体重が50キロの人は1ヶ月に2.5キロ以内、もともとの体重が60キロの人は1ヶ月に3キロ以内の目標設定となるわけです。

ご自分の体重によって多少の誤差が出てきます。しっかりとダイエットに取り組みたいときはきちんと計算をして、目標を設定してみるのもいいかもしれませんね。

ダイエットで3キロ痩せるために消費するカロリーは

多くの人がカロリー計算のダイエットに取り組んだことがあることでしょう。
カロリー計算のダイエットは、最もポピュラーで基本的なダイエットですよね。特にダイエット中ではないのに、なんとなくカロリーを気にしてしまうという人もいるかもしれません。それほどまでに多くの人が手軽に取り組める方法でもあると言えそうですね。

多くの人が取り組んでいる方法なのに、あまり詳しいことを知らない方が多いのではないでしょうか。漠然と、「とりあえず低カロリーにしておけばよい」と思っていませんか?