【ニキビにステロイドは効くの?】使い方を間違えると悪化?副作用はあるの?効果的な使い方や注意点を理解して正しく使おう!

ステロイドって副作用が多くて、怖い薬だと思っていませんか?でもステロイドって、実は私たちの身体の中で毎日作られているホルモンだったりします。ニキビ治療でどのようにステロイドを使用していけばいいのか、そしてステロイドはニキビ治療に効果があるのか検証しました。

ニキビにステロイドは効く?効かない?

インターネットでニキビとステロイドに関する情報を検索すると、ニキビにステロイドは効くという情報もあれば、ステロイドを使うと悪くなるという情報もあります。そこでニキビにステロイドは効くのか検証してみたいと思います。

ニキビの治療ではステロイドが推奨されていないって本当?

日本の医療では、根拠に基づく医療(EBM)という考え方があります。これは、医師などの医療に関わる専門家の経験や、個人的な勘などで治療内容や成果が左右されるのではなく、実験や調査といった研究から、科学的に導かれた裏付けのある医療をしようというものです。

そのために、各分野の専門学会が、多くの患者さんに行った治療やその結果を集めて、効果的な治療は何かというものをまとめた、診療ガイドラインというものが作られています。実はニキビに対する診療ガイドラインも日本皮膚科学会というところから出されています。

ステロイドに対しては、医療の専門家の間でも、使わない方がいい薬という意見がある一方で、適正に使えば良い薬だとする意見もあり、さまざまな認識があります。専門の学会からこのようなガイドラインを出すことで、医療の専門家の認識を再確認するという意味もあります。

日本皮膚科学会のガイドラインでは、ニキビ跡やケロイド状になってしまった場合は、ステロイドの局所注射を勧めていますが、基本的にニキビの治療でステロイドの塗り薬の処方は推奨されていないのが現状です。

ただ、このガイドラインはマニュアルではないため、絶対にステロイドの塗り薬を使ってはいけないというものではありません。医師の判断により、炎症を抑える目的で一時的に使用することもあります。

ステロイドは危ない薬?

ステロイドは副作用が強く、危険な薬だという印象を持っている人は多いかもしれません。インターネットなどでは、ニキビにステロイドを使用すると悪くなってしまうから、使わないほうがいいという情報を見かけることもあります。

ニキビの治療薬と聞くと、塗り薬である外用薬を想像するかもしれませんが、ステロイド外用薬は1952年から使われていて、副作用としてどんなことが起こるのかについても知られています。また全身に作用するステロイド薬から、副作用を極力減らすために、そして限られた部分にだけ効くようにと作られたものが外用薬になります。

ステロイドに限らず、薬というのはどんなものでも副作用が起きる可能性を持っているため、ステロイドを使わなかったから安心だとは言い切れません。確かにステロイドには副作用がありますが、医師や薬剤師の判断のもとで慎重に使えば、炎症を抑えることにはとても効果のある良い薬でもあります。

ステロイド剤をむやみに怖がらずに、正しい知識を持ち、上手く付き合っていくことが大切です。

そもそもステロイドってなに?

ステロイドと聞くと、副作用のこともあり、怖い印象を持つ人も多いかもしれません。でも実は、私たちの身体でも毎日作られているホルモンなのです。

自分の身体でも作られている!

ステロイドが含まれている薬をもらうと、「副腎皮質ホルモン」と書いてあると思います。この副腎皮質ホルモンですが、これは腎臓の上にある副腎という3~4cmの小さな臓器から出されていて、小さい臓器ですが、人が生きていくために必要な、大切なホルモンを毎日決まった量で出してくれています。

この副腎皮質ホルモンを治療に使うために人工的に合成したものが、ステロイド薬なのです。ステロイド薬ってみなさんも耳にしたことがあると思いますが、抗炎症作用があるためアトピー性皮膚炎の治療を始めとしてよく用いられる薬でもあります。

どんな病気に使われているの?

ステロイドはアレルギーやアトピー性皮膚炎、喘息や膠原病などさまざまな病気の治療薬として幅広く使われています。ステロイド薬にはニキビ治療でも使われる塗り薬(外用薬)をはじめ、内服薬、注射、点滴、点鼻薬、目薬などたくさんの形態があり、病気によって使われる薬の種類や強さは変わってきます。

どの種類のステロイド薬も免疫を抑える、炎症を抑えるという効果があるため、免疫反応が過剰なことで起こる病気に対して効果があるとされています。

例えば、膠原病という病気では、治療のためにステロイドを使うことが多々あります。膠原病というと聞きなれない病気かもしれませんが、有名なものでは、慢性関節リウマチがあります。

膠原病は、自分の身体を守るために働いている免疫が、過剰に働いてしまい、自分の正常な組織も攻撃してしまうというもので、身体のいろいろな部分に炎症や症状が起こります。そのため、炎症や免疫を抑える作用があるステロイドは、膠原病の治療に使われています。

ニキビ治療への使用は要注意!

ステロイドは炎症を抑えてくれる優秀な薬ですが、使い方を知らないと、時として症状を悪くする悪役にもなってしまいます。
ニキビの治療にも使われるステロイド薬とは、どのように付き合っていくといいのでしょうか。

ステロイドでニキビが悪化するって本当?

ニキビはアクネ菌が原因となり発症しますが、実はこの細菌って、外部から侵入してくる訳ではなくて、私たちの皮膚に元から存在している細菌(常在菌)なのです。ニキビの原因になるアクネ菌は、殺菌した方がいいのでは?と思ってしまいそうですが、アクネ菌をはじめ、皮膚常在菌があるからこそ、私たちの皮膚は病原菌や紫外線から守られているため、捉え方によってはありがたい菌でもあります。

このように私たちを守ってくれている菌ですが、普段はアクネ菌の数がコントロールされているものの、病気やストレス、寝不足などでアクネ菌が増えすぎてしまうとニキビになってしまいます。ステロイド薬には、炎症を抑える効果があります。ニキビは肌の炎症になるので、ステロイドを使うことで肌の炎症は良くなります。

しかし、免疫を抑えるという働きもあるため、アクネ菌の数が増えてニキビができている状態のところに塗ってしまうと、余計にアクネ菌が増えてニキビができてしまいます。このようにステロイドを塗ることでできてしまうニキビは、ステロイドニキビと言われています。