17型コラーゲンが薄毛や白髪の治療薬になる?現状は化学合成が不可?今後は…

薄毛や白髪に悩んでいる人は、全世界でどれだけの人がいるのでしょうか?しかし、最近その薄毛・白髪に関係する興味深い研究発表がされているそうです。ご紹介したいと思います。

17型コラーゲンってなに?知ってる?

東京医科歯科大学(難治疾患研究所・幹細胞医学分野)の西村栄美教授の研究チームによって、「歳をとると薄毛になる仕組み」が解明されました。「17型コラーゲン」という名のコラーゲンが深くかかわっているそうです。

この発表を聞いた私たちが思うことは「17型コラーゲンを補うことができれば、薄毛や白髪で悩んでいる人たちをすくえる!」ということでした。

そこで、私たちが次に知りたいのは「どのようにすれば、このコラーゲンを補うことができるのか?」で、また「どのような食材を摂取すればよいのか?」「サプリメントで摂取することは可能なのか?」です。

髪とコラーゲンの関係について

よく美容関係でコラーゲンとよく聞きますが、実はコラーゲンのことが分かっていませんでした。私だけではないはずです。

コラーゲンの種類はどんなのがあるの?

1型~5型までのコラーゲンは、分子生物学(遺伝子の研究)の手を借りずに発見されたコラーゲンだそうです。1型コラーゲンは「皮・骨・歯・腱」などの主成分であるコラーゲンといわれています。

このコラーゲンは最も体内での量が多く、一番研究が進んでいるコラーゲンです。そのため、化粧品やサプリメントに利用されている、コラーゲンのほとんどが1型コラーゲンだそうです。

2型コラーゲンは、軟骨の主成分とされるコラーゲンです。また、3型コラーゲンは皮膚や血管の壁などに多く含まれてあり、特には胎児の場合は、全コラーゲンのうち約50%ほどが、この3型コラーゲンといわれています。

4型コラーゲンは、上皮細胞と結合組織の間にある、基底膜と呼ばれるところにあるコラーゲンだそうです。5型コラーゲンは、胎盤に存在しているコラーゲンのようです。

すべてのコラーゲンの共通点は分子のらせん構造

コラーゲンは数多くの種類がありますが、全てのコラーゲンに共通するのは、「分子内に三重らせん構造をもっていること」「細胞の外に分泌していて、繊維やネットワークなどの構造体をつくる」ことだといわれています。

コラーゲンの6つの働きと効果について

皮膚は、3層構造をしているといわれています。外側から内側に向かい「表皮→基底膜→真皮」となっているそうですが、基底膜と真皮をつないでいるのが7型コラーゲンだそうです。また、表皮と基底膜の結合をつないでいるのは、17型コラーゲンであることが分かっているそうです。

以下にコラーゲンの働き、効果について記載します。

(1)肌の健康に関する効果について
肌に柔軟性を保つ、また張りや弾力性を保ち、保湿・潤いに効果を発揮します(美肌効果)。

(2)目の健康に関する効果について
老眼予防や眼精疲労改善、老人性白内障の予防に効果を発揮します。

(3)血管の健康に関する効果について
高血圧の予防、血流の改善に効果を発揮します。

(4)毛髪の健康に関する効果について
薄毛・抜け毛・白髪の防止、髪を太くするに効果を発揮します。

(5)免疫機能に関する効果について
がん予防、アレルギー体質の改善に効果を発揮します。

(6)脳の健康に関する効果について
物忘れの予防・記憶力や集中力を高めます。また、脳卒中の予防に効果を発揮します。