コラーゲンとヒアルロン酸はどう違う?その役割と上手な摂り方とは

コラーゲンとヒアルロン酸はどちらもよく耳にしますが、どう違うのでしょうか。いまさら聞けないその違いを教えます。お肌にはどちらも必要だと言われていますが、取り入れるいい方法はあるのでしょうか。

コラーゲンとヒアルロン酸はどう違うの?

お肌にいい美容成分としてよく耳にするのが「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」ですよね。一時期は、化粧品なんかにも大きくこの名前が表示されているようなものもありました。今でももちろん、「コラーゲンたっぷり」などの表示もよく見かけると思います。名前はよく聞くもののその違いについてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとその役割

コラーゲンもヒアルロン酸にも共通して言えるのは、お肌に元から存在しているということです。そして、どちらもお肌を健やかに保つためにはなくてはならない存在だということです。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いは成分

コラーゲンもヒアルロン酸も、お肌にもともと存在しています。どちらも表皮の下にある真皮を構成している成分で、真皮の水分を除くと70%がコラーゲンであるとい言われています。この真皮にコラーゲンやヒアルロン酸が存在していることによって、ハリや弾力、潤いのある健やかな肌を保つことができているのです。

また、軟骨にも多く含まれていて、クッションのような役割も果たしています。加齢によって足腰が上手いこと動かなくなったりするのは、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してきていて、上手く関節のクッションとしての働きが機能しなくなったとも考えられているようです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、分かりやすく違いを挙げると、コラーゲンはたんぱく質でヒアルロン酸は、ムコ多糖という糖分から成り立っています。

コラーゲンは身体の流れを作っている