コラーゲンドリンクで肌が激変!?一晩で効果がでる魔法のドリンクとは?

コラーゲンドリンクはたくさんありすぎてどう選べばいいか分からないですよね?今回は選び方のポイントとおすすめのコラーゲンドリンクをご紹介します。

おいしいコラーゲンドリンクを見つけよう

コラーゲンドリンクを毎日続けて飲むのに効果的な時間があることを知っていますか?せっかく飲むのだから目に見える効果がほしいものです。今回は人気のコラーゲンドリンクをご紹介するとともに、効果的な飲み方などを教えます。

コラーゲンの魅力

コラーゲンとは

タンパク質の一種である「コラーゲン」は、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓など全身に存在しています。

人体は60兆個の細胞からできていますが、コラーゲンは、その一つひとつの細胞と細胞の間にある細胞外マトリックスに存在します。そして細胞の粒を一つひとつを繋げて身体を形づくり、その活動を維持しています。

コラーゲンは化粧品やサプリメントに配合されているのを見かけると思います。原料としては動物性と海洋性があります。動物性コラーゲンは、ウシ・ブタなどのほ乳類を原料としたもので、人に近い構造を持っています。

海洋性コラーゲンは魚の皮やうろこから抽出されるもので、アミノ酸に分解されやすいものです。植物性コラーゲンと呼ばれるものもありますが、コラーゲンは動物にしか存在しないので、植物性コラーゲンはコラーゲンではありません。

コラーゲンの効果・効能

コラーゲンには肌のシワやたるみ,乾燥などを予防する美肌効果と関節の軟骨が少なくなってしまうために起きる関節炎の予防や改善効果,骨粗鬆症の予防効果などがあります。コラーゲンは食べ物から摂取したタンパク質がアミノ酸に分解され、必要に応じて体内で合成されます。

身体の中で古くなったコラーゲンは分解されていきます。古いものは分解され新しいものが作られるというサイクルは加齢とともに働かなくなり合成されるコラーゲンの量が少なくなります。加齢とともにコラーゲンが減少し体全体のハリがなくなり形が崩れてきてしまうのです。

メリット・デメリット

コラーゲンには肌のシワやたるみ,乾燥などを予防する美肌効果があります。シミは紫外線などの影響でメラニン色素が異常に増殖することで発生し、真皮にあるコラーゲンも破壊してしまいます。肌の新陳代謝を正常化するためにはコラーゲン生成能力を活発化することが大切です。

またしわやたるみもコラーゲンが不足すると発生してしまいます。またコラーゲンは若返りの妙薬と言われています。骨を作るカルシウムが不足すると骨粗鬆症が発生しますが、コラーゲン不足も原因の一つです。

老化による軟骨の減少からくる膝の痛みや腰痛・肩こりなどもコラーゲンを積極的に摂取すると緩和されます。またコラーゲンは白血球に作用して免疫機能を改善する働きがあり体質改善にも役立ちます。アトピー性皮膚炎や花粉症などものアレルギーもよくなると言われています。

ニキビなどの肌荒れ解消にもいいと言われるコラーゲンですが、摂り方次第ではニキビを増やしてしまうとされています。ニキビを増やさないためには自分の肌質を見極めることがポイントです。オイリー肌の人はコラーゲン摂取には注意が必要です。

皮脂の分泌が過剰になることがコラーゲンでニキビができる原因です。特に、豚由来のコラーゲンには、皮脂を増やす性質があります。皮脂の分泌が多すぎると、毛穴の周りの角質が厚くなり毛穴が詰まりやすくなります。そのため、アクネ菌が過剰に繁殖し炎症を起こしニキビが悪化してしまうのです。

自分にぴったりのコラーゲンドリンクを見つけよう

コラーゲン含有量

コラーゲンドリンクを選ぶポイントで分かりやすい基準はコラーゲン含有量です。コラーゲンを美容目的で摂取する場合、1日の目標摂取量は、5,000mgです。

コラーゲンドリンクの後ろの表示に○,○○○mg配合などと記載してあります。コラーゲンの記載がない場合は成分表のタンパク質の量を見ると分かります。コラーゲンは、タンパク質の一種なので他にタンパク質が配合されていない限りはタンパク質の記載量がコラーゲンの含有量のことです。

単純に含有量だけで考えると、3,000mgより多いものを選ぶことをおすすめします。含有量はとても重要ですがコラーゲンドリンク主要メーカーのものは大体3,000mg~10,000mgと、かなり幅があります。

コラーゲンにも種類が豊富にあり、吸収されにされやすいものと吸収されにくいものがあります。よって含有量だけでなく、コラーゲンの種類にも気を配りましょう。

その他の美容成分

コラーゲンドリンクには、その他の美容成分も配合しているものが多いです。ヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10、グルコサミンなどを配合しているものがありますので、足りないと思う栄養素を一緒に補うとよいでしょう。

コラーゲンを多く摂取したい方は、コラーゲン含有量が多いドリンクを選び、ヒアルロン酸やセラミドなどをバランスよく摂りたい方は、その他成分が豊富に配合されたコラーゲンドリンクを選びましょう。

コラーゲンの合成をサポートするビタミンCが一緒に入っているものがおすすめです。着色料や香料・保存料などが気になる方は表示を確認しましょう。

金額