“新生児ニキビ”の種類は?乳児湿疹の予防とケア方法をチェックしよう

生後まもなくおこる肌トラブルとして「新生児ニキビ」がありますが、新生児ニキビ以外にも赤ちゃんには様々な乳児湿疹があります。数ある乳児湿疹の見極め方や新生児ニキビの原因や対処法などご紹介いたします。

本当に新生児ニキビ?乳児湿疹には種類がある!

赤ちゃんのお肌はなにもしなくてもつるつるのすべすべと思っている人は多くいると思います。しかし、赤ちゃんの肌は繊細で意外にもお手入れが必要なのです。

出産し、病院を退院して赤ちゃんと自宅に戻った頃から多くの赤ちゃんは、お肌になにやらぷつぷつや湿疹が現れる事が多くあるのです。この生後まもなくおこる肌トラブルを全般に新生児ニキビとか乳児湿疹と呼んでいて、生後3ヶ月頃まで続くのです。新生児ニキビには様々な種類がありますので、特徴をとらえ、対処することが大切になってきます。

乳児湿疹の種類と特徴と原因

新生児ニキビの特徴と原因

赤ちゃんはお母さんのおなかの中では羊水にぷかぷかと浮かんでいて、この世に生れてきたその瞬間は、とてもみずみずしい肌をしていますが、病院をを退院し1週間後、およそ生後2週間を過ぎた頃から、何やら赤いプツプツがあらわれていませんか?そう、それが「新生児ニキビ」と呼ばれる赤ちゃんにできるニキビなのです。

■特徴
赤いぷつぷつのものや膿をもって中に白い芯があるものなど、思春期にできるニキビと変わりありません。ニキビがほほやおでこなどに出ます。また、頭皮にもできることも多くあります。
頭皮や顔回り以外にはできず、かゆがらないのも特徴です。かゆがっていたりする場合は新生児ニキビ以外の湿疹の可能性が考えられます。

■原因
新生児期の赤ちゃんはとても皮脂の分泌がとても盛んで、その皮脂が原因で新生児ニキビができてしまうのです。赤ちゃんの毛穴はとても未熟な為に、皮脂がつまりやすく、ニキビができやすい状態になってしまいます。

何故新生児期の赤ちゃんは皮脂が多いかというと、お母さんのおなかの中でうけたホルモンの影響の為なのです。お母さんのおなかの中でうけたホルモンの影響の為に生後数か月の一定期間皮脂の分泌がとても盛んなのです。特に男の子はホルモンの影響を受けやすいと言われていて、女の子の5倍位新生児ニキビができやすいという報告があります。

乳児脂漏性湿疹の特徴と原因

乳児脂漏性湿疹も赤ちゃんにおこる肌トラブルの代表的な乳児湿疹です。ニキビができやすい体質の人もいるように脂漏性湿疹が出やすい赤ちゃんとそうでない赤ちゃんがいます。

■特徴
体にはできず、首から上の頭や頬やおでこにできます。頭皮に丸い鱗のようにできるケースも多くあります。頭やおでこのあたりにフケのようなカサカサしたものができたり、頬が赤くなる赤ちゃんもいます。新生児ニキビと同じで顔回りにできるのが特徴で手足や体にできることが無いのが特徴です。

■原因
新生児ニキビと同じでお母さんのおなかのなかでうけたホルモンの影響で多くなっている皮脂の分泌のせいです。皮脂の「脂」漏れて「湿疹」になってしまう。それが乳児脂漏性湿疹です。皮脂を落としてあげる事が大切です。落ち切らない皮脂が固まり乳児脂漏性湿疹となります。

あせもの特徴と原因

あせもは赤ちゃんも大人と同じで汗をかきやすい場所にできるのがあせもです。
赤ちゃんの小さな体にも大人と同じ数の汗の腺があります。大人の場合は気温や湿度が上がると体は体温を下げようとして、発汗して、さらに自律神経の機能が働きます。しかし、体の発達が未熟な赤ちゃんはその調節を発汗でしかできないのです。そのために赤ちゃんは大人の2~3倍もの汗をかくのです。この大量の汗が、汗腺を詰まりやすくし、大人よりもあせもが大変できやすいのです。

最近は、あせもは夏場だけのものではなく冬の暖房のしすぎや着せすぎなどによる冬のあせもも多くなっています。大人が寒いと感じていても赤ちゃんは寒くなく、むしろ暑い可能性もあるので、こまめに赤ちゃんの汗のかきぐあいをチェックしてあげましょう。

■あせもの特徴
「頭」「首の周り」「わきの下」「背中」「手足のくびれ」など様々な場所にできます。最初は小さな赤い発疹ができます。湿疹の中心が透き通る水晶疹のあせももあります。そしてあせもの発疹が細菌により化膿して痛みがでる場合もあります。かゆみのほかに、チクチクやヒリヒリした感じもあります。

■あせもの原因
赤ちゃんは大人よりも汗をかきます。しかし汗が出る腺がとても少なく、まだ十分に開いていない汗の腺にまで汗が出ようとした結果、その中にたまっている汗がやぶれ出て「あせも」になります。こまめに汗を拭いてあげる事と、汗をかきにくい環境を作ってあげる事が大切です。

アトピー性皮膚炎の特徴と原因

アトピーという言葉が多く飛び交っている為、赤ちゃんに湿疹ができるとアトピーではないか?と心配するお母さんが多いです乳児湿疹とアトピーは少し違い、乳児湿疹は生後1.2週間~2.3ヶ月頃までに現れる湿疹の事でアトピー性皮膚炎は生後4ヶ月以降に出現する事が多いです。

■アトピー性皮膚炎の特徴
耳の裏側や耳たぶやひじやひざなどの関節部分の皮膚が切れて、ジュクジュクになるのが特徴です。また、赤ちゃんには体に円形の「貨幣状湿疹」が見られる事が多くあります。

■アトピー性皮膚炎の原因
アトピーというのは体質で、人により何らかのアレルギーが関係していると考えられています。しかし、原因はまだわかっていません。よくダニが原因などとは言われていますが、それだけではないでしょうし、住む環境が変われば治る方もいますし、食べ物や水、空気など私たちを取りまく環境など関係している可能性が強いと言われています。