ゾンビメイクの頼もしい味方?ティッシュによる驚きのやり方とは

ゾンビメイクと一見何の関係もないティッシュが、ゾンビメイクに大活躍するやり方をご存知ですか?

ティッシュでのやり方はお金もほとんどかかりませんし、肌に乗せても安心なものです。

やり方次第では、かなりリアルで怖いゾンビメイクを作ることができるので、やり方をマスターしてホラーな雰囲気のゾンビメイクを作ってみましょう。

またティッシュは何回も練習することができるので、ゾンビメイクが初心者の方にもオススメです。

ゾンビに欠かせない基本の傷メイク

ゾンビメイクに欠かせないのが傷のメイクですが、平坦な傷を書いてもゾンビメイクとしては満足いかない場合もあります。

そんな時にサポートしてくれるのが、ティッシュを使ってのやり方です。

アイプチとティッシュでリアルな傷つくり

傷を作りたい部分に化粧下地を塗ったら、アイプチなどの接着剤を傷の形に塗りましょう。

細い傷の場合、ティッシュを細かくちぎってこよりの様に丸め、いくつか固めながら貼っていくのがやり方の基本です。

接着剤を途中で足しながら、ティッシュを貼るのがポイントです。

付けたらコンシーラーで肌と同じ色にし、ティッシュを含め周りはアザのような色合いを出すように赤や紫、茶色のシャドウを重ねて塗ります。

切り口の中はどす黒い赤色を塗るとよりリアルに傷口が開いているように見えます。

シャドウの他にも赤い血のりを使用すると、ゾンビメイク特有の濡れた感じが出てオススメです。

やり方は簡単でもかなりリアルな感じが出ます。

層を重ねればえぐれた感が出ます

ティッシュをもっと細かくちぎって広範囲に張り付けるやり方なら、もっと傷口がえぐれたように出来上がります。