美肌にはコラーゲンだけじゃダメ!大切な相棒はビタミンC!

お肌にいい!といえばコラーゲン、綺麗の代名詞としてよく見かける栄養素ですよね。ですが、いくらコラーゲンだけ摂っても実は体に影響はほとんど無いんです!コラーゲンの効果的な摂り方を知って本当の美肌を目指しましょう。

コラーゲンはたんぱく質の一種

粉末状や錠剤型サプリメントにコラーゲン入りドリンクやコラーゲン入り鍋、世の中には美肌になりたい女性を引き付ける「コラーゲン」の文字が日々溢れていますよね。でもコラーゲンってどんなものなのか詳しくご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コラーゲンは人間の必須栄養素に含まれるたんぱく質の一種です。体内たんぱく質の30%の割合を占め人間の細胞をのりのような役割でつなげています。また肌にハリや弾力を与える「真皮」の部分は7割がコラーゲンで出来ているほど。コラーゲンは人間が若々しく健康でいるためにとても重要な栄養素なんです。

コラーゲン不足の原因と悪影響

コラーゲンは年齢と共に減少する

コラーゲンが不足してしまう原因にはなにがあるのでしょうか。過度なダイエットや偏食による栄養不足が上げられますが、日々晒されている紫外線、そして加齢も要因のひとつです。

年齢と共に減少するのは誰にでも起こることなので仕方のないことではありますが、コラーゲンは20代をピークに減少しはじめると言われています。50代にもなるとピーク時の半分にも減少すると言われ、体に必要な栄養素でもありますから何もせず自然に任せることは得策とは言えません。

シワやたるみになりやすい

お肌の表皮を内側から支えているのが真皮という部分で、7割のコラーゲンと少量のエラスチンという成分で構成され隙間をヒアルロン酸などの成分が支えています。真皮は主にコラーゲンで出来ているんです。

肌の弾力やハリを保ち水分を保つ働きがあるコラーゲンが不足すれば、当然支えが弱くなり肌がたるんでしまい深いシワが出来やすくなってしまいます。保湿力も弱まってしまうのでお肌がカサつく可能性も高くなってしまいます。