コラーゲンの経口摂取は本当に効果があるの?

スキンケアといえばコラーゲンと連想するほどコラーゲンは美容界の重鎮です。昔から研究が続けられ、今や健康にも欠かせない成分だとも判明しています。今回は食べたコラーゲンが体の中でどのようになるかを調べてみました。

コラーゲンって本当に効果があるの?

コラーゲンは経口摂取して美容に効果があるのでしょうか?ちらほら聞く、コラーゲンを経口摂取しても意味がない、という状態ならわざわざコラーゲン入りの食品を買うのも…。そんな疑問を調べてみました。

コラーゲンの体内での役割

コラーゲンは美容で有名なだけでなく体の中でも大きな割合を占めている成分です。重要な役割を見ていきましょう!

コラーゲンはタンパク質の1つ

タンパク質は体の20%を占める成分です。そしてコラーゲンはこのタンパク質の中で30%を占める成分です。コラーゲンのほとんどは皮膚、軟骨、骨の構成成分で土台になったり各細胞を結びつける役割をになったりしています。

これはコラーゲンが3重繊維状で大きなタンパク質だからできる事!この構造が壊れると肌ならコラーゲンが多く含まれる部分真皮が崩れ、肌の弾力がなくなりしわや毛穴のへこみの原因になります。また、基礎部分が崩れ、肌の一番外側の部分、表皮も崩して保湿力も低下してしまいます。

骨粗鬆症もコラーゲンで防ぐ!?

上記のようにコラーゲンは骨を形成する成分でもあります。コラーゲン骨の中心部分で網目のように張り巡らされています。このコラーゲンのかたまりの周りにカルシウムと少量のリンがくっついて丈夫な骨となっています。

骨粗鬆症の予防にカルシウム、(+リンがつくことも)骨の形成を助けるビタミンDを取りましょう!という広告はよくみかけますが、コラーゲンはあまり聞かないのでおろそかにしている人もいるのでは?将来困らない為にもコラーゲンを積極的に摂取したいものです。