ジッパーを使ったゾンビメイクのやり方やアイデアについてご紹介

ゾンビメイクはパーティーグッズの血のりやメイク道具でやり方さえ覚えれば、ある程度ゾンビの雰囲気を出すことができます。

さらに小物を使用したやり方で、他の人とは違った個性のあるゾンビメイクが完成します。

その中でも、ジッパーやファスナーを使ったやり方が人気になりつつあります。

慣れれば工作の様に簡単にできるので、本格的にゾンビメイクのやり方を知りたい方は、ジッパーメイクを何度か練習すると良いでしょう。

ジッパーを使ったゾンビメイクとは?

ジッパーのゾンビメイクとは手芸のために使うファスナー部分を使って顔に装着し、ジッパーを境目にして顔の部分を血の色で塗るやり方です。

ハロウィンや、パーティーが本場のアメリカの方で火が付いたやり方だとも言われています。

それで日本でもジッパーを使ったゾンビメイクが流行りだしたので、他と差をつけたい個性派はやり方をマスターしアレンジする人も増えました。

ジッパーの部分を開いた状態で顔に貼り、中の部分から肉が見えている状態のゾンビメイクのやり方が基本で、顔ならどの部分にジッパーを貼っても面白いメイクが仕上がります。

ファスナーやジッパーは大きい100円均一にでも売られているので、それを使用するとコスパも良いですね。

ジッパーのチャック部分の色は何でも良いのですが、人気どころはシルバーや黒が怖さをかもし出すのでおすすめです。

何を用意すればよいの?

手芸屋さんや100円均一に売られている、長さが20センチ程度の小さなジッパーをまずは用意しましょう。

次に、中の肉の部分ですがティッシュやコットンを使用すると本格的なゾンビメイクができます。

また色はグロスや口紅、赤や黒のクリームアイシャドウなどがあると便利です。