ゼラチンを使ったゾンビメイクのやり方のコツとポイントについて

ゾンビメイクはやってみたいけど接着剤はかぶれるから嫌だと思う人も多いのではないでしょうか?

またゾンビメイク専用や特殊メイク専用の接着剤はありますが、金額も高いのが現実です。

しかし敏感肌の人もゾンビメイクができるやり方として、ゼラチンを使用したゾンビメイクがあるのはご存知ですか?

ゼラチンは食べ物ですので、安心して使用できるやり方です。

またコスパも良いですし、ゾンビメイクが終わったら洗い流せば溶けていくので人気のやり方となっています。

使用に注意もありますが、ゾンビメイクが簡単にできるので一度試してみてはいかがでしょうか。

ゼラチンの準備の基本

by カエレバ

ゼラチンは基本的に、乾燥状態で売られています。

スーパーでは板ゼラチンと呼ばれる板状のものと、粉ゼラチンという粉状になったものがあります。

どちらでも同じものですが粉の方がゾンビメイクには扱いやすいので、粉ゼラチンを使ったやり方をおすすめします。

溶かすやり方ですが、ゼラチンはぬるま湯に入れてふやかします。

それだけでぬるぬるした糊のようになるので、重ねることによってティッシュやコットンが貼りつきます。

プルプルがまるで火傷のケロイドをイメージさせるのでゾンビメイクの中でも人気です。

やり方の注意点として、熱いお湯は肌にのせたときに火傷の恐れがあるので、温度は低めに設定しましょう。

また冷たい水だと固まってしまい、扱いづらくなるのでぬるま湯がポイントです。

ぬるま湯で溶かしたら、ペースト状になるまでしっかりと混ぜるのが基本のやり方です。

塗るのは大小の筆で塗るやり方がおすすめです。

垂れても、その部分はまた色を塗ってケロイドに見せれば問題ありません。