ゾンビメイクがいまいちリアルにならない時に試したいやり方

ゾンビメイクのやり方を見よう見まねでやってみるものの、いまいちリアルにならない、そもそもやり方が分からない。

そんな悩みを持つ人も、たくさんいるようですね。

一番ベストは何回もゾンビメイクの練習をするやり方が慣れるコツでもありますが、時間が無かったり早くマスターしたい人もいるでしょう。

ゾンビメイクが中々リアルにならない時は、色々なアイテムを使ったやり方に頼るのも良い方法です。

タトゥーシールや傷シールを使用する

by カエレバ

バラエティショップに行けばゾンビメイク用の血のりや傷シール、リアルなタトゥーシールなどが売られています。

最近では100均でもリアルなパーティーグッズは売られているので、不器用な人はシールに頼ったやり方でゾンビメイクにトライするのもおすすめです。

ゾンビメイクをするには口紅やアイシャドウといった、メイク道具を使用したやり方がお金もかかりません。

しかし最初から血のりなどを購入してメイクするやり方にすれば、それらしくリアルに見せることができます。

ゾンビメイクは顔だけでなく、足や腕など見える場所にもやりたいところです。

しかし特に初めての人は、そこまでリアルにうまくできない人もいるでしょう。

そんな時にはフェイスカラーやドーランなど、しっかりと色が付くアイテムを買えばリアルな雰囲気が出ます。

腕は血のりを付けた包帯を巻いていれば、傷メイクを作らなくてもゾンビに見えます。

そのようなアイテム選びをうまくして、ゾンビメイクに活用すると良いでしょう。

やり方が簡単な方法を選んだり、アイテムをはじめから購入する方法だと、本格的でリアルなゾンビになることができるでしょう。

カラコンやウィッグで雰囲気を出す