ゾンビメイクは血のりのやり方しだいで一回りレベルアップする?

さまざまなアイテムを駆使してゾンビメイクを演出しますが、その中でも重要なアイテムなのが血のりになります。

顔やその他全身のゾンビメイクに使用するほか、洋服や包帯などにつけたやり方もリアルさが増しておすすめです。

色々な色がそのまま売られていますが、自分で作ることもできます。

好みの血の色を作ってゾンビメイクをしてみてはいかがでしょうか。

基本的血のりのやり方

基本的な血のりを使ったゾンビメイクのやり方ですが、傷口の部分を接着剤やティッシュ、コットンなどで作ります。

そして傷が開いた部分に流しいれます。

血のりのやり方には静脈のどす黒い赤と、動脈の鮮明な赤がありますので、開いて乾いた傷口にはどす黒い赤の血のりが似合います。

その他目や口から流したり、傷メイクの周りに使用したり、血の塊をつけるやり方と、幅広いゾンビメイクのやり方ができるので演出も幅がかなり広がるでしょう。

真っ赤なタイプは洋服につけたりするのにも使います。

色を実際にパレットやお皿に出してみて混ぜて使うやり方も、リアルなゾンビメイクができて良い方法です。

血のりを作ってみよう

血のりは自分でも作ることができるので、多めに使ってゾンビメイクをしたい時におすすめです。

またゾンビメイクをより本格的に行いたいなら自分で好みのものを作ってみましょう。

用意するものは片栗粉とお湯、そして食紅の赤と黒、緑でやり方も非常に簡単です。

片栗粉とお湯を混ぜて、好みのとろみ加減にします。

そうしたら赤や黒など自分の好きな色になるまで色を足して、血のりを作っていきましょう。

あまりしっかりと混ぜないで作ると、塗るときにまだらな雰囲気が出るのでそれもおすすめです。