ゾンビメイクに欠かせない傷のやり方は?プロ並の方法について

ゾンビメイクと言えば、必ずマスターしておきたい方法が傷のやり方です。

ひとつでも良いので傷の作り方を覚えておくと、ゾンビメイクの際により本格的な雰囲気が出せます。

傷メイクは色々なやり方があるので、自分ができそうなゾンビメイクの傷のやり方を覚えておくと良いでしょう。

メイクを作る際にはプロが使用するアイテムを購入しても良いのですが、普段日常で使う物でプロ並みの傷を作るやり方もあります。

プロが普段どんなものを使用しているのかも、あわせて見ていきましょう。

プロが使う物は代用できるのか?

プロは特殊メイク用のアイテムを使用してゾンビメイクを行います。

ゾンビメイクの切れている部分に使うのが、傷ワックスと呼ばれるペースト状のワックスです。

これは元々肌色のワックス状になっているものを作りたいところに塗り、真ん中を割いて傷の形にするやり方です。

その中に血のりやフェイスカラーを使用して色を入れていくのが、ゾンビメイクの基本のやり方になります。

この傷ワックスには木工用ボンドや、まつ毛用の接着剤に肌色のファンデーションを混ぜると代用ができます。

またボンドは固まるので、よりゾンビメイクが長持ちするやり方です。

次にプロが使用するのが特殊シリコンを用いたゾンビメイクです。

やり方は成型した状態のものを貼り付けてエタノールなどで端を切り取り、それを肌になじませながら使用します。

貼るだけですので簡単なのですが、値段が高いので中々手に入りません。

しかし、こちらもティッシュやコットンの綿の部分、また何回も使えるシリコンパック、小麦粉など色々と代用できるアイテムがあります。

特殊メイク用の接着剤は、顔用のグルーやボンドで代用してゾンビメイクをしましょう。