ゾンビメイクに簡単なやり方はある?初心者におすすめの方法

ゾンビメイクはしたいけど、初めてで何を用意したらよいかやり方が分からない人もいるでしょう。

慣れればどれもそんなに難しいやり方ではありませんが、リアルな傷のゾンビメイクは何度か練習したほうが良いのは確かです。

そのため初心者でも、楽しめる簡単なゾンビメイクの方法や、やり方を検証していきましょう。

シールやタトゥーなど既製品を使用

最近は日本でもハロウィンの行事として、ゾンビメイクを派手に行う人が増えてきましたね。

そのためバラエティショップや100均でも、ゾンビメイク用の用品や血のりなど既製品を簡単に手に入れられるようになりました。

そのため傷口をメイクでできない人は、シールや傷口タトゥーを利用するのも簡単でおすすめです。

シールになっていれば帰りは簡単に剥がして帰れるので、電車で会場に向かう人にもおすすめのやり方です。

中には立体シールを購入し、基本はそれに頼って追加でゾンビメイクを施す簡単なアレンジ技のやり方も人気があります。

傷口のみシールを購入し、口や目から流れる血のりは自分で作ってゾンビメイクをするのも、気軽に行える簡単なやり方です。

シールやタトゥーは平面的な傷のものもあれば、立体的なマスクのようなシールもどちらもあるので好きなやり方で簡単に雰囲気を出しましょう。

はじめはそれを購入してゾンビらしさを出すやり方が簡単で良いでしょう。

化粧品で傷口や顔色の悪さを出す

ゾンビメイクはえぐれたようなグロい傷がメインなのですが、作るにはやり方に少しコツがいります。

ですが特に大掛かりな傷を作らなくても、顔色を悪く見せたり雰囲気をゾンビっぽくするだけでも意外とはじめは馴染みます。

傷口の他にも、ゾンビメイクでは青白い顔を作るのが重要です。