【ハイドロキノン】シミやそばかすを解消してくれる!?効果や副作用は?正しい使い方や作り方・おすすめ商品などを大公開!

シミ対策の代名詞となりつつある「ハイドロキノン」。薬事法の規制緩和によって、市販のコスメでもハイドロキノン配合の製品が増えてきました。ハイドロキノンは非常にデリケートな成分で、副作用も持っています。効果や副作用を知らないと逆にシミが悪化してしまう原因にもなってしまいます。以下でハイドロキノンのすべてをご紹介します!

ハイドロキノンは高い美白効果が期待できる?

美肌の大敵である「シミ」。紫外線の浴びすぎや、加齢によるお肌のターンオーバーが滞って、シミが気になる女性も多いですよね。

シミの原因、メラニン色素の生成を引き起こすのは「紫外線」です。一年中降り注ぐ紫外線ですが、もっとも気になるのは、やはり夏。しかし、紫外線量が多くなるのはすでに春先から始まっています。

これらのシミを予防・解消させる薬として、皮膚科でも処方されている薬剤に「ハイドロキノン」があります。これは、紫外線を浴びたお肌の、メラニン色素をつくる細胞「メラノサイト」そのものを減少させる働きがあるといわれています。

ハイドロキノンは、皮膚科処方薬である一方で、その効果のほどについて気になりますよね。ハイドロキノンの作用とその効果について、ご紹介していきます。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン(クリーム)とは?

ハイドロキノンクリームは、古くから皮膚科で採用されてきた皮膚の薬です。主に、シミの色素沈着を防ぐもので、メラニン色素の生産を抑える働きだけでなく、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトを減少させてくれるものです。

シミ予防のため、様々な美白成分が含まれた化粧品があります。中でも、シミ予防効果が期待できるとして、ビタミンCやプラセンタがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10倍から100倍の効果があるといわれています。

ハイドロキノンは、シミ予防だけではなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、美容通の間でも、注目される成分となったのでした。

日本では、まだハイドロキノンが使用されて日が浅く、知名度が低いですが、海外ではシミ対策のアイテムとして親しまれてきました。しかし、その高い効果から、副作用などの危険性もあるため、使用法には注意が必要なのです。

ハイドロキノンの歴史

ハイドロキノンには還元作用があり、「写真の現像」などの還元剤として、また「ゴムの酸化防止剤や染料」として活用されてきました。写真を現像している人の肌が白くなることから、美白作用があることが発見されました。

アメリカでは、古くからハイドロキノンのこの作用に着目し、シミ予防といえばハイドロキノンといわれるまでに、多くの人に愛用されてきました。

日本では、ハイドロキノンの作用に注目が集まるものの、これまで医師の管理下で使用されてきましたが、2001年の薬事法の規制緩和によって、ハイドロキノンを使用した化粧品などの販売が可能になり、さらに注目が高まりつつあります。

また、日本ではかつて「ハイドロキノンベンジルエーテル」という薬品が使用された際に、皮膚に白斑ができるトラブルが発生したため、ハイドロキノンも薬事法の規制対象となり、ハイドロキノンの化粧品開発の歴史が閉ざされていました。

代わりに、ハイドロキノンと似た作用をもつ成分の研究開発が進み、ハイドロキノン誘導体やアルブチンもそのひとつとなっています。

ハイドロキノンの濃度について

先に記載したとおり、2001年の薬事法の規制緩和により、ハイドロキノンを含む化粧品などが、一般市場でも手軽に入手することが出来るようになりました。

ハイドロキノンを使用するときに注意したいポイントは、その濃度といわれています。市販されている多くのハイドロキノンクリームは1%から5%くらいまのでの濃度がありまが、濃度が高いからといって効果が期待できるというわけではありません。

<ハイドロキノン含有率による注意点>

●ハイドロキノン1%~3%
刺激が少なく、一般的に安全性の高い配合濃度。その分、効果や即効性が低い傾向があります。しかし、敏感肌などで肌が弱い人は、この濃度でも肌に刺激を感じることがあります。濃度が低くても使用開始時には注意が必要です。

●ハイドロキノン4%~5%
濃度があり、肌へピリピリとした刺激を感じる場合があります。使用前に、必ずパッチテストを行なってから使用した方がいいでしょう。万が一、肌に合わず異常があった場合は、使用を中止し皮膚科を受診しましょう。

ハイドロキノンの副作用・注意点

ハイドロキノンは、使用上の注意を守りながら適量つかう分には、とても効果のある薬です。しかし、一方で非常に不安定な成分でもあるので、しっかり注意を守って使わなければ、肌トラブルに見舞われることもあります。以下で、ハイドロキノンの副作用や注意点についてご紹介します。

1.使用する前には必ずパッチテストを行う

ハイドロキノンを含んだ化粧品などは、パッチテストを行いましょう。敏感肌の方はもちろんのこと、これまで肌トラブルがなかった方も必ずパッチテストを行うことが前提です。

万が一、パッチテストで肌に赤みや湿疹などの異常があった場合は、皮膚科を受診しましょう。パッチテストで異常がない場合でも、皮膚の薄い顔への使用時に異常があらわれることもあります。その場合は、直ちに使用を中止して、皮膚科を受診しましょう。

2.必ず日焼け止めを使う

ハイドロキノン配合の化粧品を使用する際には、紫外線対策を必ず行いましょう。日焼け止めをしっかり使うことがポイントです。

ハイドロキノンによって、メラノサイトの働きが弱まるため、お肌の細胞を守ることができません。いつもよりも、紫外線による肌へのダメージが強くなってしまい、紫外線対策を怠ると逆に肌の老化を早める原因となってしまいます。

日中は、皮脂や汗で日焼け止めが落ちてしまうこともあるため、こまめに塗り直すことも必要です。メイクをしていたり、仕事などでこまめに塗り直しができない場合は、紫外線カット効果の高いフェイスパウダーやファンデーション、ミストなどを活用して化粧直しをこまめに行うといいでしょう。

3.保管場所に注意し、早めに使い切る

ハイドロキノン配合の化粧品は、保管場所や使用期限にも注意が必要です。開封後は冷暗所で保管したり、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

非常に不安定な成分であるハイドロキノンは、光や熱、酸素の影響を受けると、劣化してしまいます。劣化することで、皮膚にとって刺激となる成分に変化してしまうためです。

商品によっては、冷蔵庫での保管が必要であったり、使用期限が明記していますので、よく確認して必ず指示に従ってつかいましょう。

ハイドロキノン(クリーム)の効果

ハイドロキノンクリームの実際の効果は、とても気になるものですよね。以下で、ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類や、使用効果についてみていきましょう。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類は、いくつかに分けられます。具体的には、以下のようなシミになります。

<ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類>

・炎症後色素沈着
・肝斑(かんぱん)
・そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
・日光黒子(老人性色素斑)

ハイドロキノンは、最近広く周知されるようになった肝斑やそばかすにも効果が期待できます。一方で、一部は上記のような症状でも、効果が薄いといわれています。

ハイドロキノン使用の効果

ハイドロキノンは、皮膚の表面にできたものに効果があるといわれています。皮膚の表面である表皮には効果がありますが、肌の奥深く(真皮)にまで及んだ色素沈着は、効果を期待できません。

また、肝斑も原因がはっきりとしないため、状態などによって効果が期待できないこともあります。そばかすも、遺伝的要因が大きいため、シミが消えるというよりも、シミが薄くなる効果が期待できます。

ハイドロキノンの副作用と安全性

ハイドロキノンは、先に記載したとおり非常に不安定な成分です。使用法には注意が必要です。ハイドロキノンには、副作用がります。また、安全性は確保されているのかという点も気になりますよね。

赤みや炎症

ハイドロキノンの代表的な副作用として知られているのが、皮膚にあらわれる赤みや炎症。ハイドロキノンが体質に合わないときや、使用期限切れの劣化したものを使用したことであらわれる症状です。

ハイドロキノンは、非常に不安定な成分であり、酸化しやすいのが特徴です。酸化することにより、ベンゾキノンという刺激の強い成分に変化し、肌にダメージを与えます。

使用する際には、パッチテストを行ったうえで、使用期限をきちんと守ることが大切です。酸化して茶色く変色したものは、くれぐれも使用しないようにしましょう。

色素沈着(シミ)の悪化