【ハイドロキノン】シミやそばかすを解消してくれる!?効果や副作用は?正しい使い方や作り方・おすすめ商品などを大公開!

目次

シミ対策の代名詞となりつつある「ハイドロキノン」。薬事法の規制緩和によって、市販のコスメでもハイドロキノン配合の製品が増えてきました。ハイドロキノンは非常にデリケートな成分で、副作用も持っています。効果や副作用を知らないと逆にシミが悪化してしまう原因にもなってしまいます。以下でハイドロキノンのすべてをご紹介します!

ハイドロキノンは高い美白効果が期待できる?

美肌の大敵である「シミ」。紫外線の浴びすぎや、加齢によるお肌のターンオーバーが滞って、シミが気になる女性も多いですよね。

シミの原因、メラニン色素の生成を引き起こすのは「紫外線」です。一年中降り注ぐ紫外線ですが、もっとも気になるのは、やはり夏。しかし、紫外線量が多くなるのはすでに春先から始まっています。

これらのシミを予防・解消させる薬として、皮膚科でも処方されている薬剤に「ハイドロキノン」があります。これは、紫外線を浴びたお肌の、メラニン色素をつくる細胞「メラノサイト」そのものを減少させる働きがあるといわれています。

ハイドロキノンは、皮膚科処方薬である一方で、その効果のほどについて気になりますよね。ハイドロキノンの作用とその効果について、ご紹介していきます。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン(クリーム)とは?

ハイドロキノンクリームは、古くから皮膚科で採用されてきた皮膚の薬です。主に、シミの色素沈着を防ぐもので、メラニン色素の生産を抑える働きだけでなく、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトを減少させてくれるものです。

シミ予防のため、様々な美白成分が含まれた化粧品があります。中でも、シミ予防効果が期待できるとして、ビタミンCやプラセンタがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10倍から100倍の効果があるといわれています。

ハイドロキノンは、シミ予防だけではなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、美容通の間でも、注目される成分となったのでした。

日本では、まだハイドロキノンが使用されて日が浅く、知名度が低いですが、海外ではシミ対策のアイテムとして親しまれてきました。しかし、その高い効果から、副作用などの危険性もあるため、使用法には注意が必要なのです。

ハイドロキノンの歴史

ハイドロキノンには還元作用があり、「写真の現像」などの還元剤として、また「ゴムの酸化防止剤や染料」として活用されてきました。写真を現像している人の肌が白くなることから、美白作用があることが発見されました。

アメリカでは、古くからハイドロキノンのこの作用に着目し、シミ予防といえばハイドロキノンといわれるまでに、多くの人に愛用されてきました。

日本では、ハイドロキノンの作用に注目が集まるものの、これまで医師の管理下で使用されてきましたが、2001年の薬事法の規制緩和によって、ハイドロキノンを使用した化粧品などの販売が可能になり、さらに注目が高まりつつあります。

また、日本ではかつて「ハイドロキノンベンジルエーテル」という薬品が使用された際に、皮膚に白斑ができるトラブルが発生したため、ハイドロキノンも薬事法の規制対象となり、ハイドロキノンの化粧品開発の歴史が閉ざされていました。

代わりに、ハイドロキノンと似た作用をもつ成分の研究開発が進み、ハイドロキノン誘導体やアルブチンもそのひとつとなっています。

ハイドロキノンの濃度について

先に記載したとおり、2001年の薬事法の規制緩和により、ハイドロキノンを含む化粧品などが、一般市場でも手軽に入手することが出来るようになりました。

ハイドロキノンを使用するときに注意したいポイントは、その濃度といわれています。市販されている多くのハイドロキノンクリームは1%から5%くらいまのでの濃度がありまが、濃度が高いからといって効果が期待できるというわけではありません。

<ハイドロキノン含有率による注意点>

●ハイドロキノン1%~3%
刺激が少なく、一般的に安全性の高い配合濃度。その分、効果や即効性が低い傾向があります。しかし、敏感肌などで肌が弱い人は、この濃度でも肌に刺激を感じることがあります。濃度が低くても使用開始時には注意が必要です。

●ハイドロキノン4%~5%
濃度があり、肌へピリピリとした刺激を感じる場合があります。使用前に、必ずパッチテストを行なってから使用した方がいいでしょう。万が一、肌に合わず異常があった場合は、使用を中止し皮膚科を受診しましょう。

ハイドロキノンの副作用・注意点

ハイドロキノンは、使用上の注意を守りながら適量つかう分には、とても効果のある薬です。しかし、一方で非常に不安定な成分でもあるので、しっかり注意を守って使わなければ、肌トラブルに見舞われることもあります。以下で、ハイドロキノンの副作用や注意点についてご紹介します。

1.使用する前には必ずパッチテストを行う

ハイドロキノンを含んだ化粧品などは、パッチテストを行いましょう。敏感肌の方はもちろんのこと、これまで肌トラブルがなかった方も必ずパッチテストを行うことが前提です。

万が一、パッチテストで肌に赤みや湿疹などの異常があった場合は、皮膚科を受診しましょう。パッチテストで異常がない場合でも、皮膚の薄い顔への使用時に異常があらわれることもあります。その場合は、直ちに使用を中止して、皮膚科を受診しましょう。

2.必ず日焼け止めを使う

ハイドロキノン配合の化粧品を使用する際には、紫外線対策を必ず行いましょう。日焼け止めをしっかり使うことがポイントです。

ハイドロキノンによって、メラノサイトの働きが弱まるため、お肌の細胞を守ることができません。いつもよりも、紫外線による肌へのダメージが強くなってしまい、紫外線対策を怠ると逆に肌の老化を早める原因となってしまいます。

日中は、皮脂や汗で日焼け止めが落ちてしまうこともあるため、こまめに塗り直すことも必要です。メイクをしていたり、仕事などでこまめに塗り直しができない場合は、紫外線カット効果の高いフェイスパウダーやファンデーション、ミストなどを活用して化粧直しをこまめに行うといいでしょう。

3.保管場所に注意し、早めに使い切る

ハイドロキノン配合の化粧品は、保管場所や使用期限にも注意が必要です。開封後は冷暗所で保管したり、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

非常に不安定な成分であるハイドロキノンは、光や熱、酸素の影響を受けると、劣化してしまいます。劣化することで、皮膚にとって刺激となる成分に変化してしまうためです。

商品によっては、冷蔵庫での保管が必要であったり、使用期限が明記していますので、よく確認して必ず指示に従ってつかいましょう。

ハイドロキノン(クリーム)の効果

ハイドロキノンクリームの実際の効果は、とても気になるものですよね。以下で、ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類や、使用効果についてみていきましょう。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類は、いくつかに分けられます。具体的には、以下のようなシミになります。

<ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類>

・炎症後色素沈着
・肝斑(かんぱん)
・そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
・日光黒子(老人性色素斑)

ハイドロキノンは、最近広く周知されるようになった肝斑やそばかすにも効果が期待できます。一方で、一部は上記のような症状でも、効果が薄いといわれています。

ハイドロキノン使用の効果

ハイドロキノンは、皮膚の表面にできたものに効果があるといわれています。皮膚の表面である表皮には効果がありますが、肌の奥深く(真皮)にまで及んだ色素沈着は、効果を期待できません。

また、肝斑も原因がはっきりとしないため、状態などによって効果が期待できないこともあります。そばかすも、遺伝的要因が大きいため、シミが消えるというよりも、シミが薄くなる効果が期待できます。

ハイドロキノンの副作用と安全性

ハイドロキノンは、先に記載したとおり非常に不安定な成分です。使用法には注意が必要です。ハイドロキノンには、副作用がります。また、安全性は確保されているのかという点も気になりますよね。

赤みや炎症

ハイドロキノンの代表的な副作用として知られているのが、皮膚にあらわれる赤みや炎症。ハイドロキノンが体質に合わないときや、使用期限切れの劣化したものを使用したことであらわれる症状です。

ハイドロキノンは、非常に不安定な成分であり、酸化しやすいのが特徴です。酸化することにより、ベンゾキノンという刺激の強い成分に変化し、肌にダメージを与えます。

使用する際には、パッチテストを行ったうえで、使用期限をきちんと守ることが大切です。酸化して茶色く変色したものは、くれぐれも使用しないようにしましょう。

色素沈着(シミ)の悪化

ハイドロキノンを使用することで、紫外線に対する防御が弱くなってしまい、シミを濃くしてしまうことになってしまいます。ハイドロキノン使用時は、紫外線対策が必須です。できれば、SPF20以上の日焼け止めなどをつかって、紫外線対策を万全に行うことが大切です。

白班

ハイドロキノンは、副作用に白斑があらわれることがあります。濃度の濃いものを長期間使用することで、湿布した部分が白くなってしまうのです。

濃度が5%以下のもので、これらの副作用の報告はないようですが、高濃度ハイドロキノンには注意が必要といえるでしょう。具体的にどのような状態になるのかは、副作用の例としてインターネットサイトで画像を公開しているものもあります。

正しく使用することが何よりも重要

ハイドロキノンは、効果が期待できる反面、副作用にも注意が必要です。その成分の効果や副作用などをきちんと理解したうえで、使用することが大切です。

ハイドロキノンの肌トラブルは、濃度に比例するため、高濃度のハイドロキノンを使う場合には、必ずパッチテストを行うことが前提です。トラブルを軽減するためにも、まずは低濃度のものから使用してみることをおすすめします。

ハイドロキノン配合化粧品の種類

ハイドロキノンが配合された化粧品はいくつかあります。どのような化粧品が取り扱われているのかをみていきたいと思います。

化粧水

ハイドロキノンが配合の化粧水があります。一般的な化粧水と使用法はほとんど変わりません。ただし、使い方や保存方法はメーカーによって異なることもあるので、注意事項をきちんと確認して、使用するようにしましょう。

美容液

シミ対策の美容液として、様々な種類が販売されています。

気になる部分を集中的にケアするスポット美容液や、今できているシミとこれからできるシミを防ぐ予防効果のため顔全体にしみ込ませるタイプ、また就寝中にシミ対策できるナイトケアタイプなど、ラインナップが多彩です。

お手入れのタイミングや、期待したい効果などを考えて選ぶと良いでしょう。

フェイスクリーム

フェイスクリームも、アイテムによっては使用方法が異なります。顔全体のシミをカバーするのか、一部分を集中的にケアするのか等、自分の目的に合ったものをチェックしてから購入すると効果的です。

スポット集中ケアタイプの化粧品は、ハイドロキノンの配合濃度が高い場合が多いため、重ね塗りや塗り過ぎなどの使用方法には注意が必要です。

市販のハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノンを配合した化粧品が多数販売されていることが分かりました。どのような製品が自分に合っているのか、選び方に迷ってしまうこともありますよね。ハイドロキノン配合の化粧品選びで迷ったら、下記を参考にしてみるといいかもしれません。

ハイドロキノンの濃度について

市販のハイドロキノン化粧品は、配合濃度が1%~4%程度となっています。購入する際には、この濃度や使用法を必ずチェックしましょう。

これまで、ハイドロキノン化粧品などは医療機関でしか入手できないものでしたが、2001年の薬事法改正により化粧品にも使用することができるようになりました。

その背景を考えると、それだけ肌への作用が大きい成分だといえます。濃度が高いほど、肌への刺激も強くなる点には注意が必要です。4%以上になると、即効性が期待できる反面、刺激が強く、人によっては赤みなどの副作用がでやすくなります。

高濃度のハイドロキノン化粧品は、長期間の使用により、白班症状がでることもあります。敏感肌など副作用が気になる方は、濃度の低いものから使用することが安全といえます。

シミを消したい?予防したい?

シミを消したいのか、予防したいのかによって目的別に使い分けることもひとつです。

気になる部分を集中ケアできるスポットタイプのハイドロキノン化粧品は、今できているシミに直接働きかけることができます。加えて、シミを薄くする効果が期待できますが、濃度が高い傾向にあるため使用には注意が必要です。

毎日のお手入れで、シミの予防効果が期待できるスキンケアタイプは、保湿成分なども加わっているものが多く、美白と美肌を意識した化粧品がほとんどです。比較的、ハイドロキノンの濃度は低いものがほとんどです。

部分的なシミを消したい場合にはスポットタイプを、全体のシミを予防したい場合にはスキンケアタイプを選ぶといいようです。

信頼できるメーカーのものを選ぶ

作用が大きい美白成分といわれているハイドロキノン。安心して使用するためには、信頼できるメーカーを選ぶのこともポイントです。

皮膚科で販売しているものや、ドクターズコスメなどが比較的安心ではないでしょうか。お肌に合うか見極める意味でも、トライアルできるものを選ぶと良いですね!

ハイドロキノン化粧水・クリームは作れる!

くれぐれも濃度に注意して作りましょう!

ハイドロキノン化粧水やクリームは、自分でつくることも可能です。しかし、ハイドロキノンは取り扱いに注意しなければならない成分でもあります。くれぐれも濃度には注意して作ることが大切です。パッチテストを行うことはもちろんですが、特にお肌が弱い方は、低濃度から試してみましょう。
以下で、具体的な作り方についてご紹介します!

ハイドロキノン化粧水タイプの作り方

<ハイドロキノン化粧水濃度1%>

■材料■
・ハイドロキノン1g+ビタミンC誘導体1g 
・クエン酸   0.5g  (薬局で300円程度)
・グリセリン  5ml   (薬局)
・精精水   100ml  (薬局100円程度)

■作り方■
1、精製水100mlを湯煎にかけるか、レンジで温めた精製水にクエン酸0.5g程度入れかき混ぜ、ビタミンC誘導体を加えた後、ハイドロキノンを溶かす。
※温度は30℃くらいを目安に、50度以上にはしない。

2、冷めたら、容器に移し変えグリセリンを加える。

3、容器をよく振って混ぜる。
※防腐剤が入っていないため、冷蔵庫で保存する。

■使い方■
そのまま使うか市販の化粧水と混ぜて使います。肌の弱い方は、さらに低濃度から試すことをおすすめします。

ハイドロキノンゲルタイプの作り方

ゲルタイプのものは、市販のキットを使って作る方が安全で経済的です。

キットには、ハイドロキノンや水溶性ビタミンC誘導体、クエン酸、ゲルクリームのもとなどがセットになって入っています。さらに、作り方も記載されているため、手軽にトライすることができます。

キットによっては、ローズやカミツレ、ラベンダーなど好みの香りが選べるようです。自分で用意するものは、保存容器とビーカーなど。作りたいときに、すぐに作れるキットは手軽さが魅力です。

ハイドロキノンクリームタイプの作り方

クリームタイプのハイドロキノンも、専用のキットを購入した方が安全で経済的です。

作り方は、ゲルタイプとほとんど変わりません。ハイドロキノンとクエン酸を混ぜ、精製水を加えたあとスパチュラなどで混ぜながら溶かします。

溶けたらゲルクリームの元を加え、さらに精製水継ぎ足します。スパチュラでしっかり混ぜるとクリームができ上がります。ハイドロキノンは非常に酸化しやすいため、できるだけ空気と光に触れないようにすることがポイントです。

出来上がったクリームは、遮光容器に入れてそのまま冷蔵庫で保存します。市販されているハイドロキノン配合の化粧水に比べると安いためコストパフォーマンスは高めですが、安全性や取り扱いの注意などを考えると市販のものを使った方がいいかもしれません。

皮膚科のトレチノイン・ハイドロキノン治療って?

皮膚科では、シミトラブルにどのようなアプローチをするのでしょうか?皮膚科でよく採り入れられているトレチノイン・ハイドロキノンの治療法についてみてみましょう。

トレチノインとは?

トレチノインは、ビタミンA誘導体です。トレチノインの働きは、主に5つあります。

●角質をはがれやすくるす。
●表皮の細胞を分裂させ、皮膚の再生を促す。
●皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える。
●真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらす。
●表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。

これらの作用はシミの解消や予防、美肌へ働きかけてくれます。

トレチノインとハイドロキノン軟膏の使い方

トレチノインとハイドロキノンは、基本的に1日2回患部に湿布します。使用している間は、UVケアをしっかり行うことがポイントです。

ハイドロキノンと併用する場合は、最初にトレチノインをシミからはみ出さないように湿布し、その後乾いてからハイドロキノンを少し広めに湿布します。

医師の指示に従って、用法容量を守って使用すること、もし肌に異常が現れた場合には使用を中止し、皮膚科を受診することが大切です。

治療期間は?

トレチノインは、長期間使用し続ければいいというものでもありません。長期使用によって、徐々に効果が低下します。

使用方法については、皮膚科によってまちまちですが、3ヶ月使用して2週間休む方法が最も効果的にトレチノインの効果を出すことができるといわれています。

どれくらいで効果が分かる?

トレチノインは、肌のターンオーバーを促す作用があります。個人差がありますが、2~4週間でメラニン色素が外へ排出され、約3ヵ月ほどで薄くなるといわれています。肝斑・扁平母斑はこれよりも長くなります。

皮膚科での治療の価格は?

シミの予防などが目的の美容皮膚科では、保険適用ができないため、診察料とトレチノイン・ハイドロキノンの処方で一回1万円前後の料金がかかります。

ハイドロキノン、トレチノインは冷蔵保存で約1.5ヶ月効果があるといわれており、長期保存によって劣化してしまうため、定期的に皮膚科へ通い、処方してもらうことになります。

再診料も、皮膚科によってまちまちですが、トレチノイン・ハイドロキノンの処方と合わせて7千円~1万円ほどかかることが多いようです。

良くなる前の期間の副作用?

使用開始後、治療部位の皮膚が赤くなったり、皮膚がポロポロ剥がれることがあります。徐々に赤みは増し、はじめの1~2週間にこのような症状があらわれることがあります。

保湿し、UVケアを行っても症状が悪化し、赤みがおさまらない、皮膚が盛り上がってくるようなら、皮膚科の受診が必要です。この反応はトレチノインによる治療において、必ず見られる反応でもあるので皮膚科で相談しながら使用することをお勧めします。

敏感肌にハイドロキノン誘導体がおすすめ

敏感肌の方には、ハイドロキノンではなく、ハイドロキノン誘導体が含まれる製品がおすすめです。名前はにていますが、全く異なる成分。以下で、ハイドロキノン誘導体を含む製品について触れていきます。

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)

ハイドロキノンとは、まったく別のものとして認識されるハイドロキノン誘導体。ハイドロキノンより安全性が高く、その効果はシミや肝斑などにも効き目が期待出来るとして人気を集めています。

また、チロシナーゼという酵素の働きを防ぐ効果があり、メラニンの生成も防ぐといわれています。そのため、シミだけでなくそばかすなども防止してくれます。

ディープナノローション(マナラ)

マナラから販売されている「ディープナノローション」。こちらの製品は、ハイドロキノン誘導体を含んだ製品です。乾燥やハリ不足に働きかけ、ナノ化したカプセルが肌のすみずみまで浸透します。

着色料や合成香料などの7種類の添加物をつかっておらず、超希少成分といわれているプロテオグリカンを含むのも魅力。その他にも、コラーゲンやアルジルリン、レスベラトロールなどの美容成分を含むので、ハリ不足のお肌を穏やかな状態に保ってくれることが期待できます。

ハイドロキノンソープ(石鹸)のおすすめ商品

ハイドロキノンは、ソープタイプのものもあります。以下ではソープタイプのおすすめ商品についてみていきます。

BIHAKUEN(びはくえん)ハイドロキノンソープ

直接クリームや化粧水を塗る前に、お肌への効果を試したいという方は、石鹸が手軽です。ハイドロキノンソープとして、定評のあるbihakuenは、即効性はあまりないようですが、続けるうちに肌の色が少し白くなったというクチコミもあります。

スキンピールバー ハイドロキノールソープ

こちらのハイドロキノンソープの口コミでは、洗い上がりなどに定評があります。石鹸であればデリケートゾーンにも使用できるため、皮膚の黒ずみが気になる部分に使用している人もいるようです。肌に合わない場合は、無理に使用せずに使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

ハイドロキノン化粧水タイプのおすすめ商品

ハイドロキノンのもっともポピュラーな使い方は、化粧水。低濃度のものが多く、毎日にケアが手軽にできます。以下では、おすすめのハイドロキノン化粧水をみていきます。

ホワイトロジー ローション(エクイタンス)

クチコミで高い評価を得ているエクイタンスのホワイトロジーローション。ビタミンC誘導体を含んでいます。肌にすっと浸透し、シミ・ソバカスを防いでくれます。他にも、美白成分リノレックSが含まれています。

ラグジュアリーホワイト ローションAO(アンプルール)

アミノ酸・セラミド・新安定型ハイドロキノン・αリポ酸配合の「アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO」。

クチコミ評価も高く、リピーターも多いようです。シミやそばかすの予防だけでなく、今できているシミやそばかすにもアプローチしてくれるドクターズ・コスメというのも人気のポイントです。

ブライトニングナイトセラム 美容液(オバジ)

シミ対策では、定評のあるオバジ。効果は個人差がありますが、シミが薄くなったという声もあります。

オバジならではの技術で、安定的にハイドロキノンを配合しているのが特徴。オバジのシミ対策シリーズは、このスポッツケア専用の夜用集中美容液のみとなっています。

シミ対策のコスメは高額になりがちなので、美容皮膚科と併用することもひとつの方法です。

ハイドロキノンクリームタイプのおすすめ商品

ハイドロキノンにクリームタイプの製品もあります。敏感肌や副作用の不安がある方は、パッチテストを行い、濃度が低いものから試してみるといいでしょう。

以下で、おすすめの商品をみていきます。

濃厚本舗 ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム)

ハイドロキノンクリームの中で、おすすめしたいのが濃厚本舗のハイドロキノンクリーム。純ハイドロキノンを2%配合しており、重ね塗りで4%と同等の効果が期待できるのだそうです。

シミの気になる部分を集中的にケアでき、シミの種類によっては、高い効果が期待できるようです。日本製であることもポイントです。

ホワイトHQクリーム(サンソリット)

ハイドロキノンを4%配合と、濃度はやや高めです。ハイドロキノンクリームの口コミでは、高濃度のため肌に合わなかったという方もいるようなので、パッチテストは入念に行いましょう。

必ず冷蔵庫で保管し、2カ月以内に使い切るようアナウンスされていますので、その点にも注意が必要です。

シミ(しみ)・肝斑・そばかすにさよなら!

ハイドロキノンについて、いかがでしたでしょうか。

以前までは、皮膚科で処方されていた薬が、市販のコスメでも利用できるようになった点は大変魅力的ですよね。一方で、効果が期待できることに比例して副作用とも上手に付き合っていく必要がありそうです。

肌の弱い方や敏感肌の方は、皮膚科で処方してもらうことが一番安全で効率的です。市販されているものであれば、美白意外にも美肌を意識した商品が多数そろっているので、自分の目的に合ったものを選んで、試していくといいでしょう。

ハイドロキノン化粧水などを、自分でつくることも可能ですが、万が一皮膚トラブルがあった時には、自己責任となってしまいます。専用キットで作るか、あるいは市販のドクターズコスメを使用したほうが、より安全です。

お肌の最大のトラブルであるシミ・肝斑・そばかすにさよならして、健やかな肌を手に入れたいですね!