サプリは間違い!?ヒアルロン酸とコラーゲンの正しい摂取の考え方

二大美容成分のヒアルロン酸とコラーゲンをサプリで摂取するのは間違い!?コラーゲンを取るなら卵かけごはんがオススメです。ヒアルロン酸欲しさに注射をする必要はありません。健康成分への興味と理解は、美容への近道です。

コラーゲンとヒアルロン酸について

美容のためのサプリメントとして隆盛を極めている「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」ですが、サプリメントでの摂取が正解とは言い難いのが実態です。それぞれの成分の特徴を理解し、適切な食生活とサプリメント依存からの脱却を目指しましょう。

コラーゲンの特徴と正しい摂取方法

コラーゲンとはタンパク質の一種であり、人の身体の全タンパク質の内30%以上を占めています。肌に潤いを与える機能が期待されるなど、美容の世界では古くから注目されてきたコラーゲンですが、生体内でどのような挙動を示し、身体にどのように働きかけるのでしょうか?

コラーゲンの吸収と体内での働き

人は食事でタンパク質を取ると、胃や小腸でアミノ酸に分解してから吸収し、身体の中でタンパク質に作り直してから利用します。人は材料であるアミノ酸さえあれば、コラーゲンを作る事が出来ますので、必ずしもコラーゲンを意図的に食事の中に取り入れる必要はありません。

しかし、廃材を集めて本棚を作るより、本棚を作るための材料が予め準備されたキットを買って本棚を作る方が簡単であるように、コラーゲンを摂取した方がコラーゲンを作りやすい事は事実です。

コラーゲンの働きは、身体の30%を占める事から分かるように、以上に多岐に渡ります。その働きを一言で表すと、細胞に栄養を蓄えるための容器です。細胞はコラーゲンが失われると、構造を保つ事が出来なくなり、乾燥や肌荒れ、炎症といった作用が現れてしまうと考えられています。

最高のコラーゲン摂取法は卵かけごはん!?

長らくコラーゲンは、経口摂取(口から取る事)では効果がないと考えられてきました。口からコラーゲンを摂取しても、結局はアミノ酸に分解されてしまうからです。しかし、人の身体がコラーゲンを合成できることが分かると、食品としてのコラーゲンは、コラーゲン合成のための優秀な材料として評価されるようになりました。