マグロアレルギーって何?コラーゲンやゼラチンに反応する!?虫さされのような症状がでたら注意!原因と検査方法を解説

マグロは、赤身のあっさりした味が特徴です。主に刺身で食べる事が多い魚ですが、それだけにアレルギーが心配ですね。マグロは、秋刀魚や鰯ほどではない様ですが、アレルギーがゼロとは言えません。アレルギーを起こしやすい魚の中でも今回は、マグロのアレルギーについて症状や、検査法などを分かりやすく紐解いていきたいと思います。

マグロアレルギーってなんだろう?

交叉抗原性による似た魚でもアレルギーが起きる時がある

魚のアレルギーと言えば、鯖や鯵、鰯などの青魚をイメージがしますが、白身魚やマグロを始めとした赤身の魚にもアレルギー反応が起こる可能性があります。また、鯖や鯵などの青魚がアレルギーを起こしやすい原因として挙げられるのが、仮性アレルギーがあります。

仮性アレルギーとは、鮮度の良くない青魚は、ヒスタミンが増えると言われている事から、食べると蕁麻疹や腹痛などのアレルギー症状が起こるものです。また、魚には交叉抗原性があり、種類が違っても構造が似ている魚に対して、アレルギー反応が出やすくなる事が分かっていて、マグロもその中に入っています。

マグロアレルギーを起こす原因ってなんだろう?

パルブアルブミンとコラーゲン

マグロは、赤身魚の中でもアレルギーを起こしやすい食品として知られています。その原因物質の一つとされているものに、パルブアルブミンが挙げられます。この物質は、筋肉に存在するタンパク質で、このタンパク質に対する、アレルギー反応を起こす事が多いとされています。

また、人間の体内にも多く存在し、魚の皮や腱、骨などに多く含まれる、コラーゲンに対しアレルギー反応を起こしてしまう人も少なくないとされており、お菓子などに使用される頻度が高く、コラーゲンとして女性に人気のある、ゼラチンに反応する場合もありますので、マグロアレルギーがある人は注意が必要です。

アレルギーに似た食中毒

マグロや鯵などの赤身の魚は、鮮度が落ちたものを摂取すると、アレルギーの様な食中毒を引き起こす場合がある事が報告されています。その理由は、赤身の魚に含まれている、遊離ヒスチジンと呼ばれている物質が、細菌などの微生物によって、脱炭酸酵素作用が進みヒスタミンの生成を促す事から、アレルギー症状に似た、食中毒症状を起こすとされています。

マグロアレルギーではありませんが、魚に寄生する事で有名なアニサキスによって、引き起こされるアレルギー症状も報告されています。アニサキスは冷凍する事で死滅しますので、刺身で摂取する場合は、アレルギー回避の一つの方法ですね。

ヒスタミンが原因

マグロには、ヒスチジンと呼ばれるアミノ酸が含まれています。このヒスチジンは、魚に付いている微生物により、ヒスタミンという活性アミンに変えられます。

通常、アレルギー反応によって、体内でヒスタミンが放出され、じんましんやかゆみなどの症状が現れますが、この場合は食材であるマグロそのものに、ヒスタミンが含有された形となり、直接外部からヒスタミンを侵入させてアレルギーのような症状を見せているので、アレルギー様反応、または仮性アレルギーと呼ばれています。

ヒスタミンは熱に強い性質を持つので、生で食べても加熱しても同等の危険性があるので注意しましょう。