シミが消えた原因が知りたい!気になる正しいスキンケアを教えます♡

シミが消えたらもっと肌が美しく見えるのに…と悩んでいる人は多いものです。シミが消えた肌を作るためには、正しい美白ケアと肌の機能を高めるスキンケアが欠かせません。シミが消える原因と正しいケアの仕方などを紹介していきます。

シミはどうして出来るの?

シミの主な原因として考えられるのは、紫外線です。紫外線に当たることで、肌の奥では「メラノサイト」という部分がメラニン色素を作ります。メラニン色素は肌を紫外線の刺激から守るためにありますが、過剰に分泌されることで排出できなくなってシミとして残ります。

メラニン色素は、紫外線以外にも肌の摩擦などの刺激でも出ることがありますし、ホルモンバランスの乱れによってできることもあります。

シミが消えた?必要なのは適切なケア

シミを消したいという場合には、その根本的な原因であるメラニン色素の対策が必要となります。適切なアプローチをするためには、メラニン色素とシミが消えるメカニズムを知ることも大切です。

シミが消えるにはターンオーバーが必要

シミが出来ても早く消えたら良いのですが、そのためには肌の奥に増えてしまったメラニン色素を肌の外に排出することが大切です。メラニン色素が作られるのは表皮の奥の方なので、それを肌の表面に押し出していくための、ターンオーバーをスムーズにしてあげると良いでしょう。

ターンーバーは、肌の生まれ変わりの仕組みであり、肌の層の奥から新しい細胞が生まれて表面へと送り出されるように機能しています。それに伴って古い肌の細胞が剥がれ落ちていきますが、それとともにメラニン色素も押し出して排出することができると考えられています。

シミが消えたのはメラニンが抑制されたから