生理で”肌荒れ”がヒドくなる方必見!肌荒れに効果的な4つの対処法もおしえます

女性には必ず訪れる「生理」。生理中はそれだけでも憂鬱なのに、肌荒れしたりイライラしたり…精神的にも疲れてしまいますよね。しかし、自分の生理周期を把握し周期に合ったケアをすることで、肌荒れやイライラを解消できるかもしれません!スキンケアや食生活を見直して、生理中も生理前後もストレスのないハッピーライフを送りましょう。

生理中に肌荒れするのはなぜ?

女性のお肌は、生理周期によって変化すると言われています。生理や排卵を基準に、2種類の女性ホルモンの分泌や減少が起こりますが、そのホルモンが入れ替わるタイミングに、肌が荒れやすくなります。

2種類の女性ホルモンとは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のことです。生理が終わり、排卵のタイミングに向けては「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が分泌されます。そして、排卵後にエストロゲンが減少し始めると、今度は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌され、ホルモン量が逆転し始めます。

エストロゲン

エストロゲンは、コラーゲンの生成を促すホルモンです。ですから、肌の張りや女性らしいふっくらと丸みを帯びたボディラインは、この「エストロゲン」の作用なのだそうで、「女性を創るホルモン」とも言われています。

しかし、このエストロゲンは加齢とともに減少していくため、エストロゲンを増やす努力をしないとどんどんと減っていってしまいます。しかし過剰に増えすぎると、乳がんや子宮筋腫などの病気を誘因することになりかねないので、注意が必要です。

エストロゲンは月経を繰り返すごとに増えて行くため、妊娠していない女性は増えやすい傾向にあります。また、肉・牛乳・乳製品の摂取過多で増えると言われていますが、これはこれらにホルモン剤が含まれている可能性があるからなのだそうです。

生理前はエストロゲンが一番減少する時期ですので、肌荒れを起こしやすくなるのです。そのうえ生理中はこのエストロゲンとプロゲステロンの両方が減少してしまうため、さらに肌荒れしてしまうのだそうです。

プロゲステロン

プロゲステロンの過剰分泌は、肌トラブルの原因になります。主に起こりやすいトラブルは、お肌が固くなる、ニキビが出来やすい、皮脂分泌が必要以上に増えるなどがあります。ストレスや、お菓子や油分の多い食べ物の摂りすぎで、プロゲステロンの分泌が過剰になるとも言われています。

また、ホルモンのバランスが崩れることによってイライラしたり、気分が落ち込んだり不眠傾向になることもあるそうです。重い場合には鬱っぽくなることもあるのだとか。あまりよくない作用ばかりをお話ししましたが、実は、子宮体がんのリスクを軽減するという良い効果もあります。

生理周期のどの段階で肌が荒れる?

もっとも肌荒れが多いとされるのが「生理前」です。次いで生理中となりますが、生理後もなかなか肌荒れが治らなくて、次の生理が来るまでほとんどの間肌荒れをしている…なんていう悲しいお知らせも耳にします。

生理後にも肌荒れを引きずってしまう場合は、ストレスや睡眠不足などの原因も考えられますので、ストレスの解消や睡眠時間の確保に努めると、改善されるかもしれません。

では、他にはどのような対処方法があるのでしょうか。

生理前~生理中の肌荒れの対処方法

生理前に積極的に食べたい食品

生理前の肌荒れには、ビタミンB類・食物繊維・鉄分・銅を取ると良いそうです。スーパーやコンビニで買うことのできる身近な食品としては、
・バナナ
・豆乳
・納豆
・ヨーグルト
・プルーン
などがあります。これらの食品を毎日上手に取り入れて、必要な栄養素を補給することで、肌荒れの改善に繋がります。

食生活に気を付ける

仕事が忙しかったりすると、夕飯を食べる時間がどうしても遅くなってしまったりすると思います。しかし、夕食を夜遅く摂ると、食事から睡眠までの時間が短くなってしまいます。その結果、食べたものが消化しきれず、インスリンが血糖値を下げ切る前に就寝することになってしまいます。

消化されなかったものが残っている状態は、身体にとって良いことではありません。毒素になって体内に残ってしまうのです。そして、血糖値が下がらないということは、美肌の元になるホルモンの分泌を邪魔してしまうことになり、肌荒れの原因になってしまうのです。

脂質・糖質が多く含まれる食品や、刺激物も肌荒れの原因になると言われていますので、なるべく避けるようにすると良いでしょう。

ピルや漢方、サプリメントの服用

●低用量ピル
低用量ピルは経口避妊薬として知られていますが、生理前症候群(PMS)の治療にも用いられているそうです。低用量ピルを服用すると、イライラや胸の張りなどの症状が改善されるほか、肌荒れの改善にも効果があると言われています。

副作用として、吐き気や頭痛などの症状が見られる人もいるようですが、数か月で落ち着いてくるようです。

服用の際は定期的に診察を受ける必要がありますので、婦人科を受診して相談してみると良いでしょう。

●漢方
桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)は、桂枝茯苓丸にハトムギを加えた漢方薬です。これは生理前の肌荒れやニキビに効果があると言われています。また、下半身の冷えにも効果があるそうなので女性には魅力的な漢方薬ですよね。

●サプリメント
ハーブのサプリメントであるチェストツリー。これは生理前の肌荒れに効果があるそうです。はふぁあれの他にも、イライラや胸の張りの改善にも効くようです。