肌断食とは?スキンケアやメイクを一切やめる!?効果や副作用は?肌本来のチカラを引き出す超シンプルな美容法をご紹介!

肌断食というものをご存知でしょうか?肌断食とは、化粧水や乳液、美容液などのスキンケアを一切やめて、メイクやクレンジングもしないことを指します。朝晩は、水やぬるま湯での洗顔のみで、そのあとも全く何もつけません!本当にそれで大丈夫なの?と気になる方も多いでしょう。ここでは、肌断食とはどういうものなのかを詳しく紹介いたします!

お肌を休ませる肌断食!そのやり方とは

肌断食というものをご存知でしょうか?聞いたことがない、という方もいるでしょう。美容に興味のある方なら、有名人が実践していた話を聞いて知っていたかもしれませんね。断食は一定期間の食を断つことですが、肌断食とはいったいどういう意味なのでしょうか?

女性は普段から、化粧水や乳液、美容液などのスキンケアや、ファンデーション、ポイントメイクの化粧品など、肌に毎日いろいろなものをつけている人が多いですよね。実は、そういった肌の外側からつけるモノが肌を傷めてしまっている、という考えがあるのです。肌断食は、そういった肌につけるものを一切やめてしまい、お肌を休ませようという美容法です。

本格的な肌断食

今まで

にたっぷり使ってきた化粧水や美容液を一切やめてしまう、というのは、案外勇気がいるものです。スキンケアをしないなんて肌がもっとボロボロになってしまうのではないか、と普通は考えますよね。

本格的な肌断食は、毎日のスキンケアやメイクを一切やめて、洗顔も水やぬるま湯で行う、というものです。簡単といえばすごく簡単です。お肌の新陳代謝の周期はだいたい28日だといわれていますので、1ヶ月ほど続けるとより効果を感じやすいようです。

仕事をされている方は、メイクをしないわけにいかない場合もあるでしょう。そういうときは、マスクで顔の半分を隠し、出ている目の部分だけに軽くメイクをすると良いそうです。

いきなり全てのスキンケアをやめるのに抵抗がある場合には、肌に負担が大きいクレンジング剤をまずやめて、それから保湿用クリーム、乳液、化粧水、といった順番でスキンケアを徐々に減らしてみてください。クレンジング剤を使わなくても済むように、メイクも無添加の石けんで取れるような軽めのファンデーションを使ったほうが良いでしょう。

何もつけないと、どうしても肌が乾燥して気になる場合には、乾燥する部分だけに白色ワセリンを塗っても良いそうです。

週末だけの肌断食

いきなり本格的に肌断食を始めるのに抵抗がある方は、週末だけのプチ肌断食から試してみると良いでしょう。金曜日の朝から準備に入り、日曜日の夜まで行います。

金曜日のメイクをいつもより軽めにしておき、夜の洗顔のときには、肌に負担の少ないタイプのクレンジング剤を使ってメイクを落とします。そして無添加の石けんで洗顔したあとは、一切何もつけないようにします。

土曜日の朝はぬるま湯のみで洗顔し、スキンケアやメイクは全くしないようにします。夜の洗顔は、無添加の石けんを使います。このときも、肌をゴシゴシこすらないようにして、よく立てた泡でやさしく洗うようにしましょう。日曜日も土曜日と同じように行います。あまりにも肌が乾燥するようなら、白色ワセリンを塗るようにしてください。

月曜日は通常のスキンケアとメイクに戻します。ただ、肌の負担をなるべく減らすために、保存料などの添加物が入っていない肌にやさしいタイプの化粧品を使うようにしたほうがより良いでしょう。

夜だけの肌断食

こちらはもっと手軽な、夜だけに行う肌断食です。日中は、肌に負担の大きいクレンジング剤を使わなくて済むような、軽めのメイクをするようにしましょう。夜の洗顔は無添加の石けんを使い、その後は一切何もつけないようにします。次の日の朝は、いつも通りにスキンケアやメイクを行います。

クレンジングをやめる肌断食

毎日のスキンケアのなかで、クレンジングだけをやめる、というのがこの肌断食です。クレンジング剤は思った以上に肌への負担が大きいといわれています。化学成分が含まれた化粧品を落とすためのものなので、強い洗浄力を持っている分、肌の保護に必要な成分まで落としてしまう可能性が高いのです。

肌への負担が少なめのクレンジング剤もあるのですが、クレンジング剤を一切使わなくても済むようなメイクをすることで、肌への負担が少ない石けんのみで洗顔が済むようになったほうが、肌のためにはより良いですよね。

石けんだけでも落とせるようなミネラルファンデーションなどを普段から使用すれば、クレンジング剤をやめて無添加の石けんでも十分洗顔ができます。洗顔のあとは、通常通りにスキンケアをすれば良いそうです。

肌断食の効果

本来の肌力で、素肌が健康になる

肌断食をすると、人間が本来持っている肌をキレイにする力、肌トラブルを改善する力を取り戻すことができるといわれています。化粧水、乳液、美容液などのスキンケアは、肌が持つこの力をかえって弱めてしまうのだそうです。また、過度のクレンジングや洗顔で、毎日のように肌に与えていた刺激もなくなるので、傷んでいた肌が回復してくるといいます。

肌断食をして、肌がもともと持っている力が整ってくると、肌の油分と水分のバランスがとれてきて、健康的な肌になってくるようです。新陳代謝も良くなり、くすみが解消されて肌がきれいになってくるといわれています。

乾燥しなくなる

肌断食をすると、今まで化粧水や乳液でごまかしてきた、本当の肌の状態があらわになってきます。肌の状態は、睡眠時間や普段食べたり飲んだりしているものの影響をかなり受けますので、スキンケアをやめるとそういった影響が、肌にどれだけ出てくるのかがとてもわかりやすく、自分の生活習慣の状態がもろに現れるといいます。

肌断食の初期には、今までの生活習慣、食生活のボロが出てきてひどく乾燥してしまう方も多いようですが、それを乗り越えると肌の機能が回復し、乾燥しにくくなってくるようです。スキンケアをしているのにも関わらずやたらと肌が乾燥する、という症状で悩んでいる方もいるかもしれませんが、肌断食で本来の肌力を取り戻すことで、自然と乾燥しなくなってくる場合もあるそうです。

キメが整う

洗顔やピーリングのしすぎ、過度のスキンケアは、かえって肌の調子を崩してしまい、潤いが保てなくなってキメも乱れてくるといいます。肌断食をすると肌に余計な負担を与えていたモノがなくなり、肌本来の回復力がよみがえるので新陳代謝もよくなり、新しい角質が表面にしっかり出てくることで、肌のキメが整ってくるそうです。キメが整ってくると、肌のたるみの改善にも繋がるようです。

毛穴が目立たなくなる

毛穴が気になって、高価な美容液を使ったり一生懸命洗顔したりしているのに、効果が一向に現れなくて悩んでいる、という方は案外多いようです。

毛穴の開きは、洗顔のし過ぎで皮膚の皮脂分泌や角質が増えてしまうことが原因で起こるそうです。また、年齢などが原因で肌がたるんでくると起こりやすくなります。肌断食でお肌のケアをいっさい止めてしまうことで、かえって皮膚の皮脂分泌が整い、肌の調子が良くなって、徐々に毛穴が目立たなくなってくるのだそうです。

毛穴の黒ずみは、クレンジング剤、洗顔料等に含まれている界面活性剤などが肌に炎症を引き起こし、こすったりすることでその部分にメラニンが増え、黒ずんで見えることが原因だそうです。肌断食を続けると新陳代謝が正常になってくるので、メラニンを含む角質がはがれ落ち、黒ずみがなくなってくるといいます。

急に目に見えて効果が現れるのは難しいとは思いますが、肌が健康な状態になってくると、自然と毛穴も目立たなくなってくるようです。