ダイエットで胸がしぼむ!?胸痩せしない方法とバストアップとは?

ダイエットに成功したのに胸が小さくなった!そんな経験ありませんか?実は胸はダイエットをすることで小さくなってしまうのです。せっかく痩せても胸まで小さくなったらあまり意味がありませんよね。ここでは胸が小さくなる原因と胸を維持したままダイエットする方法について紹介していますので、ぜひ実践してみてくださいね。

ダイエットに成功したけど胸が小さくなった…原因とは?

ダイエットをしてウエストが引き締まり、くびれもバッチリになればダイエットに成功したという達成感がありますよね。それなのにダイエットが原因で胸が小さくなったとしたらどうでしょうか?胸は女性の象徴ともいえるものなので、痩せることができても胸が小さくなったら落ち込んでしまいますよね。

ダイエットをしたら胸が小さくなったという人は多くいます。ではなぜ胸周りを鍛えたわけでもないのに胸が小さくなってしまうのでしょうか?その原因について紹介します。

ダイエットで胸痩せする原因とは?

ダイエットで胸が小さくなることには原因があります。原因を知れば納得ということも多いので、実際に胸が小さくなった人は原因を知ることから始めてみましょう。それでは胸痩せの原因について紹介します。

胸は脂肪が集まっている場所だから

ダイエットをするということは、体内の脂肪を燃焼させるということです。脂肪を燃焼させることで余計な脂肪を排出し、体がスリムになっていくのです。
胸は脂肪が集まっている場所なので、ダイエットをするとどうしてもこの部分の脂肪も燃焼されてしまいます。そのため胸が小さくなってしまうのです。

食事制限などによる栄養不足

ダイエットをする際に食事制限をする人もとても多いと思います。断食をする人は少ないですが、スムージーなどを用いる置き換えダイエットは効果が出やすいととても人気です。効果が出やすいのなら誰でも試してみたくなりますよね。

しかし置き換えダイエットなどの食事制限をすることで体が栄養不足となり、胸が小さくなる原因ともなってしまうのです。胸を維持するにはたくさんの栄養素が必要です。栄養素が体の中にたくさんあることで新しい細胞が作られ、バストを維持できるのです。

女性ホルモンの低下

ダイエットをしているとホルモンバランスが乱れることはよくあります。ダイエットをすることでのストレスもありますし、食事制限で野菜を中心に食べている場合は女性ホルモンを抑制する野菜を知らず知らずのうちに食べている恐れもあるのです。そうしたことで女性ホルモンが低下し、胸が小さくなってしまうこともあります。

胸には乳腺というものがあり、その乳腺に脂肪がつくことで胸が大きくなります。そして乳腺が発達するには女性ホルモンがきちんと分泌されていることが条件なんです。女性ホルモンが低下すれば乳腺も発達しなくなるので、ダイエットをすると胸から痩せるという人も多くいるのです。