オーガニックとは何?有機栽培3つの知識!無添加化粧品の疑問もチェック!

「オーガニック」って最近では当たり前のようによく聞くのではないでしょうか?ただ同時に「オーガニックってそもそもどういうこと?」という疑問ももっている方も割合多いようです。あまりによく聞く言葉なので「今更聞けない」という感じにもなりつつあります。というわけで、わかっているようでわからない「オーガニック」とは何なのか解説します。

体にいいもの?オーガニックって何?

「オーガニック」今ではよく聞く言葉ですが、これって何のことか知っていますか?「身体にいい」「健康的」といったボヤッとしたイメージは持っていて、「オーガニック」と聞くと手に取っていることもあるかもしれません。

しかし、具体的に何のことかと聞かれると案外よくわからないものではないでしょうか?ということで「オーガニックとは何なのか」「何がいいのか」「全ていいのか」といったことについて解説していきます。

そもそも「オーガニック」の意味って?

かなり厳しい!オーガニックの基準

ざっくりいうと化学肥料や農薬を使わずに育った作物などあるいはそれらを使用した加工品が「オーガニック」という扱いになります。しかし、化学肥料や農薬を使わないというだけの話ではないそうです。

オーガニックという名をつけることが許される基準は、遺伝子組み換えの種ではなく2~3年前から化学肥料・農薬を使ってない土壌で育った作物です。畜産物であれば飼料もオーガニックでなければなりません。化学的なものを最小限にして環境への負荷を少なくし自然を大切することで、私たち人間の安全・健康にも繋げるというのが「オーガニック」のベースの考えとなります。

そのため基準も必然的に厳しいものになります。オーガニックは、別名で「有機栽培」とも呼ばれます。

日本ではここ!オーガニックの認定機関

オーガニックの基準も、厳密にはそれぞれのオーガニック認定機関によって異なってくるようです。日本では、オーガニックの認定を農林水産省がしています。農林水産省から「オーガニック」と認定されたものは、「有機JASマーク」というものがつけられます。

この対象になるものは農産物は勿論、畜産物や加工食品も含まれます。農林水産省からオーガニックの認定がないものに、「オーガニック」あるいは「有機」といった表現は紛らわしくなるので禁止とされているそうです。ただあくまで食品に関してのオーガニックの認定であって、日本にはコスメ等のオーガニックの認定機関というものはありません。

有機栽培ってどういうこと?

条件は沢山!有機栽培のルール

先ほどオーガニックの別名が「有機栽培」と説明しましたが、基準が厳しいということは栽培ルールも条件が多く厳しいものになり栽培の前後までルールがあります。

まず種に遺伝子組み換えのものは使えません。そして、農薬や化学肥料は種まきをする2年以上前から使用していないものでなければなりません。つまり農薬や化学肥料を2年以内に使用していた土壌で育ったものは、例え生育中にそれらが使われていなかったとしても「有機栽培」として扱われないということです。

さらにある田んぼや畑で有機栽培が行われていても、その隣の土地で農薬や化学肥料を使っていると「有機栽培」という認定が得られません。近くの土地から農薬などが飛んでこない保証がないからです。そのため有機栽培の認定を得るには、通常の栽培をしている土地と距離をとらなければなりません。

またお米であれば、上流の田んぼを通った用水をそのまま下流の田んぼで利用すると有機栽培の認定となりません。上流の田んぼで使用した農薬や化学肥料の影響を受けないとは言えないからです。上流の田んぼの影響を受けないよう、別の用水の取り込み口が必須となってきます。

このように栽培の数年前からのことも考慮し、なおかつ周りの環境にも配慮した上で条件を満たしたものでなければ「有機栽培」と認定は得られないのです。

一緒じゃない!無農薬との違い

並んでいる商品だけだと、「有機栽培」と「無農薬」の表示の区別がよくわからず同じように考えてしまいがちではないでしょうか?しかし実際は全然別物のようです。

というのも「無農薬」というのは、「栽培期間中」に農薬を使わない作物のことだからです。栽培中しか限定されていないので、1年前に使用した農薬が残る土壌で栽培されたものであっても、栽培中の今、それらがを使われていなければ「無農薬」という表記になるということです。

「有機栽培」と認定されている場合は、種まきの2年以上前から農薬の不使用が条件となるので「無農薬」の作物とは別のものになるわけです。