化粧下地はスキンケアにも役立つ!5つの優れたメリットと肌の見せ方とは?

メーキャップの前に付ける化粧下地、どんなものを使っていますか?下地には色々なタイプがあり、あなたの肌の悩みや見せたい肌のイメージに合う種類を使うことが重要です。さらに下地は、お肌に役立つ働きもいろいろと秘めているのです。下地の役割やタイプを把握した上で扱うことで、あなたのスキンケアやメイク術が、ぐっと洗練されていくかもしれません。おすすめアイテムも参考に、上手な活用方法を身につけてみましょう。

化粧下地、ちゃんと使ってる?

スキンケアにメイクに、出勤・外出前の朝の女子の顔には、何かとやることが多いですね!「ついつい化粧下地を塗るのを忘れてしまった」「面倒だったので、下地をすごく雑に塗ってしまった」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか?

でも、侮るなかれ!下地はスキンケアにも、メーキャップにも役立つ働きをしてくれるのです。使いこなせば肌の悩みをカバーしたり、見せたい肌色に近づけるキーアイテムになります。

そこで、化粧下地のはたす役割や、ニーズ別にマッチした下地のタイプ、そして下地を塗る時の注意点、タイプ別のおすすめアイテムなどをまとめてみました。是非、下地の扱い方を攻略して、理想の肌作りに役立たせてみてください!

化粧下地はこんな役に立つ!

まずは、下地の役割について理解を深めてみましょう。色々な機能があることを改めて知ると、より親しみの持てるアイテムになると思います。

ファンデーションの付きを良くさせる

化粧下地を薄く塗ることで、その後にファンデーションが肌にしっかりと密着するようになります。例えてみれば、化粧下地は肌とファンデーションを密着させるのりのような存在なのです。

ですので、下地を付けるのと付けないのとて、化粧崩れの心配具合の差が開いてしまうのです。特に長時間メイクをして働く女性にとって、下地は必需品と言えるでしょう。

肌を守る

化粧下地を塗ることで、肌を外気から守る力がアップすることが期待できます。ファンデーションの中にも外気に含まれる花粉やちり、ほこりなどを寄せ付けない機能を持つものもありますが、ファンデーションの前に下地を肌に付けることで、さらにガードする機能が上がると言えます。

また、日焼け止め成分が入っている種類も多く、美肌の大敵でもある紫外線に対抗する力もアップします。
他にも、下地にはメイクの色素が肌に沈着する危険性を防ぐ役割もあるそうです。

肌のカバー力がアップする

気になるしわやくすみ、シミなど、肌にはカバーしたいものが色々と存在しますね。ファンデーションやコンシーラーを駆使して、何とか隠そうと日ごろから努力を重ねている人も多いのではないでしょうか。

実は下地にも、これらの肌の悩みをカバーする機能があります。ですので、下地を使うことでカバー力がアップするわけです。

肌の凹凸を解消して滑らかに見せてくれたり、きめの整った見た目にしてくれたりと、下地だけでも効果を実感することだできるかもしれません。

肌の色を補正する

下地の中には、使うと肌のトーンをアップしたり、色むらを抑える効果のあるものもあります。ファンデーションを塗る前に少しでも自身の望む肌色に近づけておくことで、ファンデーションを使う量が抑えられるので、厚塗りを防ぐこともできます。

スキンケア効果も

下地の中には毛穴引き締めや、うるおい補給の効果、美容液のような機能をうたっているものもあります。そのため深刻な毛穴の悩みが解消されたり、ファンデーションののりがよくなるーということにつながる可能性も期待できます。

また、皮脂を吸収するパウダーが入っているため、「長時間メイクしていても、テカリに困らない」なんていう、うれしいオプションが発揮されるタイプもあります。

化粧下地はこんなタイプがある!肌質編

化粧下地を選ぶ時には、自分の肌質に合う種類を選ぶことが肝心です。どれだけ良い機能を持った下地でも、その人の肌質に合っていなければ効果も十分に期待できないし、その後のメークの出来にも影響する可能性があります。

そこで、肌質別に合う下地の種類を挙げていきたいと思います。自分がどのテリトリーに当てはまるか、分析しながら読んでみてください。

乾燥肌には保湿タイプを

肌がかさつき、水分も油分も少ない乾燥肌の人には、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているタイプがおすすめです。反対に、UV効果の高い下地は乾燥を招きやすいと言われていますので、通勤時に使うぐらいのものであれば、SPF20~30、PA+~++程度のものに留めておきましょう。

乾燥による色むらが気になる人は、後程述べる肌のコントロールカラーの機能が入っているものもおすすめです。感触としては、リキッドやクリーム状の下地が向いていると言えるでしょう。

オイリー肌はさっぱり!

オイリー肌の人はメイクが崩れやすくなる傾向があるため、下地選びにより慎重さが求められると言えます。オイルフリーのものや、毛穴に皮脂がつまるのを防ぐ「ノンコメドジュニック処方」が施されているタイプがおすすめです。