葉酸が欠乏すると体に影響があるの?アルコールや妊娠など3つの原因や認知症や貧血になるなど詳しく説明します

葉酸って聞いたことがありますか?体にとって必要なものなのか良く分かりませんよね。妊娠中の妊婦さんにとっても、非常に重要な栄養素のひとつです。葉酸が欠乏すると、いったい体にどんな影響がありどんな症状がでるのか、病気や予防法などを調べてみました。

あまり耳にしないけど、葉酸欠乏症って何?

葉酸って聞いたことがありますか?妊娠中の方や、妊活中の方は聞いたことがあると答える人が多いと思います。ただ、葉酸がなぜ必要なのか知っている方は少ないと思います。葉酸が欠乏すると、ビタミンB12欠乏による貧血症状と似たような症状が出るようです。

葉酸欠乏症とは、その名の通り体内の葉酸が欠乏(不足)している状態です。葉酸が不足すると体にどんな影響があるのか、原因や有効な摂取方法などを詳しく調べてみました。

葉酸欠乏症の原因とは?

葉酸摂取量不足にあります

葉酸欠乏症の原因は、食事などから摂る葉酸の量が不足すると起きます。葉酸が多く含まれる食材として、ブロッコリーやよもぎ、春菊、アスパラガスなどの新鮮な青野菜や鶏・豚・牛レバーなどの肉類、うなぎ(きも)・生うになどの魚介類、枝豆・そら豆などの豆類があります。

レバーには豊富に葉酸が含まれていますが、食べ過ぎるとビタミンAの過剰摂取になりますので注意が必要です。生野菜やゆで野菜等で、バランス良く摂ることを心がけるといいですね。

アルコールの過剰摂取は要注意!

葉酸欠乏症の原因として食事摂取からの不足のほかに、アルコールの過剰摂取によるものがあげられます。アルコールは適量を飲むことにはあまり問題がありませんが、やはり大量に飲んでしまうとアルコール中毒や葉酸欠乏症のリスクが高くなってしまいます。

葉酸の吸収を肝臓が担っているため、アルコールを摂取することにより肝臓がアルコールの分解を優先してしまうため、葉酸の吸収を阻害する結果になってしまいます。

妊娠や授乳による需要量の増加

妊娠期・授乳期は葉酸がとても重要な栄養素となります。妊娠したことにより、葉酸の必要量が増加するためどうしても不足しがちになってしまいます。葉酸の働きとしては、細胞を修復したり再生する力、ホルモンを作る役割があり、妊娠を継続したり胎児の成長に大きく関わってきます。

特に妊娠初期の葉酸摂取量が大事で、不足すると胎児が先天的な病気にかかってしまう危険があるので、妊娠を希望されている方や妊娠した方は、積極的に摂ることをオススメします。

葉酸欠乏症が引き起こす病気とは?